2018年02月10日

卒業3043京都船旅1943古譜943大原練習843天の下1243白紫朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3043京都船旅1943
古譜943大原練習843天の下1243白紫朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/02/10、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】自作SuperComposer使用
【演奏】中性子炉愛好会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
旅立ちの朝は紫に 低く、は白く
屋敷出で 早に過ぎたるをおも思う
春日 足音のカッカ 耳に聞こえ
返り来 文を持つ日々の懐かし

 狐の天気予報。〇r2018/02/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【拍子】
【解説】
 3拍子の伴奏を付けました。固い音の出る楽器は、曲の音を
占める効果があります。音締めという、一般名称になります。
狭い意は、木琴です。
((狭い意味で言葉を使うことを、せま言いといいます。))
せまぜという、木琴のことです。
せまぜ舎という、木琴屋のことです。樫楢屋といい、
木琴屋のことをいう。木琴造りの屋とそ。
 金科、金科音とそ。
 グロッケンの出す音色のことを、とせという。
とせみ、とも。とせ楽という、この器楽の落ちという。
聞かすことを、音遣りという。後、遣りという歌になります。
金木遣りとそ。この楽器の相(あい)を、スッペという。
後、スップという。すつぺのきみゆか、という。
ベルリル・カックスという。ケーレル・カックの山という。
おしてすかわのお書きとそ。けめゆしかかれ、とそ。
んれるかーすのこきえる、ふるる、れれん、とそ。
金科楽のめでのけいとき、とそ。エルーレル・ランズとそ。
琴瑟のいと、ともいう。グロッケン・シュッベのいと、とそ。
楽器にかかる細布とそ。いぜ川の山という。流れを川という。
れぶんせのおい、おいかわ、とも。
 楽をおい楽ともいう。ベルレルのくゆふる、という。
てっしつらくの山とそ。ベンブラの山という。
エルンツのベルリルという。ベルリおいの山という。
ベルリオズという名が出る、楽屋の矢という。
 ベルリンファークルのみぶれる、という。おりすの音とそ。
みぶのベルリルという。ベンソメの山、これにる。
ベルリオズという、鈴の尾という。この尾を緒という。
鈴かけの楽とそ。山のあたわれの楽という。打楽器の
用いとそ。マーチングバンドをベルリオという。
ベルンの山のお書きという。
 鈴つけの楽器をベルリオという。古くに、笛にもつ
けたものである。ベルリオ・フェーラという。後、
花うゆれ、という。下駄に鈴をつけたものである。
グロックスという、鈴のようなものを前につける風
という。靴の紐のことでもある。
鈴かけのことを一飯にベルリスという。ベルリオと
もいう。尾、緒のことである。
ベルという、日本語のベルをいう。ベルっす、という
ベンともいう。ベンベルのくつ、とそ。音をくつという。
カッカという、この音をベンベルという、靴音のこと。
ベンという話とそ。
ベルリ王という、ベルンのきみという。キーベルの
ペンレブという。ペミッシ・ハークルという、
えんびの山のお書きという。
音楽家を、えんば、という。燕尾服を着る音楽家という。
そのことを、レンファーという。フアーレルブーズーという。
えみっその山のお書きという。ファーレル・ボンゼーの
うきゆりとそ。固い音の揺り楽である。短に、ファともいう。
ンベルコーウツという。コレッセの山という。コレラの山
という。ケーブル・ラップのうつ、とそ。けみつせという。
けっぺ、とも。レルレスのゆみふり、とも。ゆみは、指揮棒
をいう。レンブという。レンテルともいう。れっぷの山
のお書きという。指揮者をレンテという。メメスともいう。
メルレルとも。レンテ・メルレルの山という。
ふふれる山のお絵とそ。
 コーレラ・ファールレーのうくれる、とも。るむすゆの
楽役という。指揮者をいう。
 うって、という、楽の初めをいう。楽うつ山のお揺れ楽
という。揺れる波とそ。
 鈴の絵をベル絵というこれを、ベルの図という。絵を図
という。ベルリオズはベルの緒の図である。音楽家の絵という。
あの名著である。名画という。ベルリオズの絵である。
リは掛けをいう。ベルが掛かったことを『リ』という。
ベルリという。物に鈴がかかっていることとそ。ベルリオ
は、その緒である。その図をベリオズという。
 音楽家ベルリオーズをめざす、駄作家をいう。秋残りの
こてこて解釈である。鈴里王の山という。
ベルリンもうぜのことゆき、という。伯林の白州である。
あの日は、白紫の日であったという。小さく、ゅをつける
人である。拍手が多いのはベルリオーズである。
絵に拍手をする人をベルリンもう、という。絵を拝む人を
しんという、しんくともいう。しんくの絵という、名画の
ことをいう。しんくのわっぱ、という。これを、金科という。
わっぱを科という。しんかの山やら、という。あっぱの
くれる、とそ。
 ベルリオーズはえらい音楽家という、そういう人に
なろうという、、あすなろうの駄作家である、名を図降りる
辺、という。図が降りるところはインターネットという。
ズオリルベの山という。絵に描かれた山である。
ズオロースヘン、ズオロスベもある駄作である。
ズオロースという、ズムズムのさぴという。
んべるろっくのアフローレルである。
れんはらのお書きという。
秋残り語による、解である。
ベルリオーズをめざすが、無理な辺りである。
名前だけまねておこうという、駄作をきかない人という。
これを、メンツという。顔がたつ人である。
メンテの山のお書きという。駄論とそ。駄作家の話とそ。
 ベルリオーズの音楽は、聴いたことがないという駄作
家の言とそ。ベルリオースの曲を論ぜよといわれ、
上の解釈を成り立たすのである。無辺なるかなの論
デアル。話にならん脳である。駄作脳である。
秋残りの話デアル。
 駄作は秋残りで、ベルリオーズは名曲であります。
聞いたことはなくても、そう言います。くらしき音楽
という。ベルリオーズ礼賛であります。一度くらいは
聞いてます。来言。みかどで手を合わす、ヘラズオロス
の歌という、本歌であります。
 ギリシャの偉い人でしょうか。トロイの木馬にい
た人でしょうか。プラトンの別名でしょうか。蔵式
音楽、後の世では、室内楽といわれれるでしょう。
Mr. Atom Lucky Ager, "Kurasiki report" より
【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜943大原練習843天の下1243白紫朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 もという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou438
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/05雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽