2018年01月16日

卒業3019京都船旅1919古譜919大原練習819天の下1219原子炉正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3019京都船旅1919
古譜919大原練習819天の下1219原子炉正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/16、柳晴
     創曲、前 良造
     造詞、後 良姿
     監修、前子 鮒(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡 自作SuperComposer、プログラム作曲
【演奏】原子炉愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】原子炉内大劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
原子炉の中 春迎えた 温い炉の中
獅子が舞う 外へ出ると雪が積もって
赤い小雪混じり 夜は月が飛んで
キラキラ輝く昔

 狐の天気予報。〇r2018/01/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 大きな原子炉の中に暮らし、そこには、水田あり畑あり、
正月には獅子が舞い、蝶が跳ぶ。犬が吠えて、猫がじゃれる。
門松を立てた家々、牛は紅白のハチマキを角に〆め、銅飾りを
して、のっしのっしと歩く。馬が帽子を被り、靴を履き、
覆面をして、豊か豊かゆっくり走るやら。
 原子炉ビルの中の正月である。このビルから、外へ出ると、
寒く、雪は降り積もっている。古雪に赤い雪が混じり、真っ赤な
日である。紅雪降りて振り、木々赤く染め、化粧す。
赤雪ありてあり、もの皆、着物を着て、来る春を喜ぶ。
樹木然り、着物を来た木々という。傘をした木もある。
見上げれば、月が飛び、遊んでいる。星とてそうである。
自ら高い所から落ち、地を楽しみ、また、舞い上がっていく。
星の昇落という。大きな星は、月より大きく空に横たわり
自らを色んな姿へ変えている。花の形をした星、いろんな星が
見える。秋残りの国、原子炉内外である。
 原子炉へ入れば、小さな電車が走り、ネズミが乗り、
猿が運転をする。犬も乗り、車掌である。
大きな電車には、象が乗り、鯨が客という。ライオンとともに
歩き、黒ヒョウを共に、キリン家を訪ねる。そんな国である。
万物、家に住み、着物、履物を履き、暮らしていた。
機械動、機械草樹もそうである。機械犬の手記である。
近昔の話である。原子炉はそういうところである。
秋残り之国、正月風物譚
Mr. Atom Lucky Ager, "Atom Eingineering" より
【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 こんな装丁も出来ます。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜919大原練習819天の下1219原子炉正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 ねという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou198
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/11雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年01月15日

卒業3018京都船旅1918古譜918大原練習818天の下1218里の早春(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3018京都船旅1918
古譜918大原練習818天の下1218里の早春(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/14、柳晴
     創曲、前 良造
     造詞、後 良姿
     監修、前子 鮒(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡 自作SuperComposer、プログラム作曲
【演奏】原子炉愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】原子炉内大劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
牛が角にハチマキ〆め、堂々と歩く
原子炉に近づいていく 白壁輝く日に
安心をモウモウと知らしている
御角に箒立て 宮の前紫色
露草に宿る玉


 狐の天気予報。〇r2018/01/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 この村は、牛が角に紅白の鉢巻きをし、牛がやつす
里である。原子炉の周りをこの牛が、モウと鳴き、歩く。
村人が、牛と暮らす村である。時間になれば、いつもの道を
歩む。鷺来たりて、牛をめで、雀来たりてなく。そんな長閑な
村である。牛糞の匂いもあり、皆、それぞれの生を楽しむ。
中丘麓坂本に像は立ち、村をこよなく好いているよう。
原子炉はその近くにある。電車の電気を供給する原子炉の
発電所、白壁に当たる朝日に玉の露草はえ、輝く道々である。
 猿がマスコン握り、大犬がブレーキを踏む、そんな里電である。
これに乗る若い人である。電車は原子炉が林立する中をジグザクに
走っていく。駅に着けば、犬が若い人を見送る、そんな村里である。
若い人の暮らす原子炉の里である。
 ある日、蝶が電車に乗っていたという。万物の暮らす里である。
 原子炉を稲という機械京である。原子炉が植えられているという、
これが林立である。原子炉を植えて育てる人である。
『早く大きくなあれ』という、自信満ちる塔である。自らを田見と
いう、民と書く自民塔という原子炉塔である。塔主は紅白の角の
牛である。
 若い人も、その先生も、原子力棟に住んでいる。勿論稲も植え
られている、昔風に言えば、ビル中の田である。
 今の人が驚く話である。今は昔の話という。遠い日のことである。
原子力キーボード、原子力自動車という、そういう頃の日である。
これが執筆されている原子力コンピューターである。
里人はこよなく原子炉を愛する人である。
Mr. Atom Lucky Ager, "Atom Eingineering" より

【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 伴奏はソフトの自動伴奏です。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜918大原練習818天の下1218浦由良(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 ねという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou188
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/09雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年01月13日

卒業3017京都船旅1917古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3017京都船旅1917
古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/12、柳晴
     創曲、前 良造
     造詞、後 良姿
     監修、前子 鮒(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡
【演奏】往来歓楽家、原子炉愛麹。日会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
故郷の原子炉へ詣でては
ウランの崩壊を拝み 
鈴鳴らせば幸せ 電気は
原子力発電で安心 清い立命
持っては 人生、世を渡る
原子力尊んで歩む道


 狐の天気予報。〇r2018/01/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 我が故郷は近くに原子炉が立ち並び、その前に小さな宮が
あります。そこへ行き、宮前を掃き清め、今日の一日のよいことを
願います。鳩が飛び来、犬が尾を振り、朝日が照らす原子炉。
白い壁を見て、清い心を持つことを思います。そのずっと向こうには、
大きな柳の木が生い茂り雀が飛び立ちます。
 原子炉を見て安心になります。リニアーに乗り、アフリカ・
モロッコへ行きます。我が家から往復、3時間です。直ぐに
行け、すぐに帰って来られます。リニアーの力は、原子力です。
上海からモロッコへ一本道、リニアーは驀進します。
 途中、原子が立ち並んでいました。原子炉は、人の安心に
寄与するものです。   猿の学校生、文作。
Mr. Atom Lucky Ager, "愛しのEngland report" より 

【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 移調もワンタッチ。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou178
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/07雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年01月12日

卒業3016京都船旅1916古譜916大原練習816天の下1216原子力温泉(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3016京都船旅1916
古譜916大原練習816天の下1216原子力温泉(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/12、柳晴
     創曲、祈願 正(やなぎ)
     造詞、原始 求
     監修、今時 喜作(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡
【演奏】Young Monkey、原子炉温泉愛好会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
原子力は素晴らしいよ
湯浸かり 原子炉の夜 
思う 月は歌う


 狐の天気予報。〇r2018/01/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 未来の展望、原子炉を作ることである。
若猿、『私は、原子炉がすきです。』
老猿、『あたしゃ、原子炉マンションに住んでます。
    居心地いいよ!オリンピック会場跡だよ。』
中年猿、『原子炉建設に携わってます。あの赤い炉も、
     私らの手で作りました。今は、求人広告を
     出しています。今朝の、秋残り新聞です。』
老猿、『いい湯だな、ラドン温泉は、体にいいね!』
    この世は、原子力あってのことだよ。!!!』
Mr. Atom Lucky Ager, "Happy京 report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜916大原練習816天の下1216原子力温泉(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 いという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou168
     画商『他端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円札一枚
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/07雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3015京都船旅1915古譜915大原練習815天の下1215浦由良(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3015京都船旅1915
古譜915大原練習815天の下1215浦由良(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/09、柳晴
     創曲、祈願 正(やなぎ)
     造詞、原始 求
     監修、今時 喜作(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡
【演奏】往来歓楽家、原子炉愛麹。日会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
ウランが崩壊する 原子炉
猿が楽しむ ラドノの花温泉
歌ってる

 狐の天気予報。〇r2018/01/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 原子炉が立ち並ぶ、秋残り庭国の園具地、猿が掃除をして、
ラドン温泉に入り、悠々Washington節を歌っている。
ゆにのね楽という悠々楽である。てちとWashingtonという
恐竜とともに庭国の未来を話し合っている。
『これは、おNEWの歌ですよ。』
『入れば極楽、見て花見、ラドンの花、
 原子力の地、来たりて爽快。』
 New going, atomic age. Very nice.
 ニューゴーイング、アトミックエイジ、ベリーナイス。』
花札のカルタ、手には、プラスチックのA(エース)のカード、
20枚のローマ字カード、A国の興しという。24の国という、48の
半減半分という。そういう造りである。
花札ラッキー・レポート、これなるを。
恐竜が作った国、カードの造りである。
A国26県、24枚のカードである。
復習、恐竜余話
米国 13*4=52州 トランプ
日本 12*4=48県 花札
恐竜がカードで作った世界の国という。秋残り庭国に新しく
伝わる秋残り流話である。
***一部キーボード思考法で作られた文です。キーボード、
流し指タッチ、見てタッチのなせる技です。指の力の入れ
加減によって恐竜が作られていきます。
てちとWashington
とちてWashington
ちてとWashington・・・という具合です。
見てタッチ・ワンタッチであります。
愛しのEnglandもあれば、
しといEnglandもあります。
波型キーボード、平仮名の4段の蒲鉾道にています。
一つ一つのキーがカードであります。
蒲鉾道は波型キーボードの道、現実のことです。
わらのもタッチの練習文でもあります。
 わらのも我が社は、<span style="color:#0000FF;">んおく東京駅前贅沢アパート
近辺です。きかえ彼女が住んでいます。
青色--登録
赤色--変換

Mr. Atom Lucky Ager, "愛しのEngland report" より

【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 128分音符を入力できます。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜915大原練習815天の下1215浦由良(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 ねという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou158
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/04雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽