2017年09月28日

卒業1898・京都船旅798古譜668大原練習288天の下103作巌(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1898京都船旅798古譜668大原練習288天の下103作巌(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/09/28柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】拙作superComposerより。
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
行く日 乙村野 闇の時 ふみあかる
二回の間 黒い闇 黄色闇の去る
また 黒い闇の夜 曙野
 
 狐の天気予報。〇r2017/09/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【二回夜】解述
 黒い闇が来て黄色い闇が来る。これが交互に来る闇とそ。
黄色い闇の黄緑野とそ。緑山ありて、らき、きくる、るるふ、
るるる。闇のおとない、けてよて、せするふるゆ、これを、
二回の夜とそ。来る来る、闇が来る。楽しい時である。
 闇をおろふという。おろふ来たりくろろふ、ゆきつ、
また、来たり。黄色い闇を、おうかという。めとの山
ふるくくす。闇の歌とそ。れれれの闇来たる。音の山、
れれれの音とそ。どれの絵、これとそふ。
 ゆれるすすゆる、うきてはゆれゆ、これを、めやら
という。めすゆすのお闇、けけするるほ。
ほの明けのあけぼ、あけぼの明けという。また、夜は
続く。二回の夜、これを、かいたら、という。
かいれま、ともいう。かいするやるという。
えせゆせけける、ろすろ、ゆゆゆ、ゆゆす、めるる、
ゆて山のお書きとそ。乙村のはなゆりという。めめる
ゆゆれるおりふせせるこゆれゆせまる闇の夜とそ。
闇のおゆり、これとそ。家の間中にまで入ってくる
闇、おかせ、とそ。闇をおとれともそ。闇をおるるとそ。
闇の夜、ありるありせるるすせゆすせせるふるる。
闇のおとないをおもという。おとなう闇をめでるはや
とそ。めずるたゆれゆ闇闇闇の夜々、およよ闇という。
また、来る闇である。いずゆら闇つれれすれれんそ
れてすやよよ。これを闇のお歌という。
れれれの始まりという。機械のお作りてとそ。
 らんをとる闇という。二回夜ありてありる。
ゆゆゆ、そるゆせてす。これを音とそ。闇の歌である。
さくれるゆゆほ、れてゆ、うふふ。すすゆらのお乙村とそ。
のち、おつくる、という。おち山の緑屋、これを翠山
という。すいざんという。みどりの山の落ちとみの
けれすれ、という。おとくに(乙訓)という。乙村の場の
一夜とそ。二回夜の来たる花闇という。はなれるくゆれ、
という。これを、ゆゆせ夜とそ。ゆるすの山、闇をこ
という。闇山のお絵これなり。のるという。字の作り
とそ。
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜668大原練習288天の下103作巌(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 のるという字。



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66587
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,640
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽