2017年09月27日

卒業1897・京都船旅797古譜667大原練習287天の下102殿山緑ケ原(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1897京都船旅797古譜667大原練習287天の下102殿山緑ケ原(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/09/27柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
るろ裾殿原々 翠明けの二回夜
なだら坂ひろ(泓) 寝姿や 真に
見る 丘地山 翠はめ 裾浜山の
いかるく野 闇黄色に 翠開く
夜は一つ二つの岡の明け 天須川行き
せせらえる る--- 落ち闇来る
ここ友緑の野 吹く風は颪和え
 
 狐の天気予報。〇r2017/09/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【露闇の夜】解述
 山裾の露原(ろげん、つゆはら)のお歌。吹く風はおろし和え、
オロシア邦へ行くとそ。るろの裾とそ。二回の夜が来るという。
闇が黄色に降りてくる、されば、また黒い闇、また来る、翠の闇
とそ。二回三回数回の夜という。これを、友緑の闇という。
緑ケ原という長丘の闇おろす、ほっぺ原という。バッスムという。
闇の来る原々(はらばら、はらばる)という。めるる闇のおよふ、
とそ。闇をバッスムという。バユバユのえぺす、とそ。
えべす(江弁須、のち、蛭子)の語元である。さた山のお絵という。
 闇を描く、月のお手、という。月に手あり、とそ。月見の闇
という。闇のおとなうちとそ。さんずいの弘という。字を有す地
とそ。緑の友御原(ともおはら)という。長槍夜という。なんみの
丘とも。なむ山の絵のかゆ、とそ。かゆかゆ原(はる)ゆ、れれれ、
よよす、よよよす、闇来たる墓の夜という。墓を丘という。
長墓の古名という。長丘のことをいう。のち、丘墓とそ。
 やむはむれそく、という。れれ原(はる)の原々(はるはら)
という。二回目の夜をろや(露夜)という。三回目をみや(見夜)
という。みはらともいう。四回目をくすやらという。五回目を
ごんという。以後をむつゆりという。揺って来る闇とそ。
 色も色々という。これを、こうくく、という。色々の色を
こうく、という。こうくくの色原とそ。夜明けは開けとそ。
闇の開けという。闇開けの夜とそ。山らるけて、という。
ペスペスのおいえべ、とそ。ペス家山、これという。
ペッケとも。のち、罰点をペケという。ペケ印のことという。
開け〆めの話という。〆の字のこととそ。闇〆めという。
〆の字である。その地の字である。ここを、字持つ地とそ。
字持ちの山、ここをメとそ。山目山の地とも。
 翠明の開けという。山地を裾という。山裾翠明の場とそ。
長の原ゆら、くくゆ、すて山の夜、これを、長目(ながめ)の
夜という。夜の長さを翠とそ。一翠という。一夜の長さとそ。
一翠という。二翠のやまけみ、三翠のふふれら、四翠のふけ、
とそ。五からは、いつやまという。ふけという、ひろ(泓)
の原とそ。泓をふけという。夜泓とそ。川の流れを天得という。
天得川とそ。のち、あまやみ、という。闇のおとない、おとなう
やた、という。やたやみのけらべ、けらべるとそ。
 つつゆつ、おくく、れそふ、これゆら、れれれる。闇のめで
という。けらせという闇の別言いとそ。せの夜のお書き、
これという。またやら、原々(はるはら)、しゅんを旬ととそ。
原の旬、厳春という。これを張り原(はりはる)とそ。
 春の夜、玄関の言いとそ。玄関をおとなう闇のお言いとそ。
闇山ありるありる、これゆら、せせる、るるす、るろす、
おろしや詣でという。闇のおとないをとそ。落ち闇のながこ、
とそ。ながこの乙る山とそ。乙邦(おつくに)の国である。
闇の国という。すがわる里という。すがそわのすすむ、とそ。
進む山のお揺れ、ありるありす、れてそ、れてゆ、ゆゆる、
へへる、すみすよの山、ここを裾という。略
beige brownベージュブラウンという闇の夜である。
ベージュ山の絵という。おとなう闇である。
ドーンという音をともなう闇とそ。ドーン明けという。
ドーン開とも。開山夜、ここなるを。ドン発の夜ともいう。
大きな音を出す闇という。ドッパレッパという。ドン発の
くむれ、とも。くくりやら、これなるを。くくる山という。
山ゆよ、せてそ、らっくる、れれふ、これすそやら。
やらやらの夜、とそ。夜をよという。やらやらよの裾ゆ、
せてす。ふくれら山のお書きという。歌のことをいう
(sotu1897)、曰く名とそ。はくめい山という。
薄明けの語元である。秋ちるや、ここの山の裾の秋をいう。
秋散る季という。きやらという。秋のおわる頃とそ。
夏をめぶという。冬をこおるという。こおれる、ともいう。
後、氷の冬という。原を張りという。これを、張り春という。
張原の夜とそ。どんぺやき(どんぺやっき)という。
どん春、どん夏、どん秋、どん冬とそ。どんづけ山のお書き
という。どんめる夏ゆ、夏ゆら、夏おのおま、とそ。
 おまんや、これなるを。やの季の意である。おまんきとそ。
おまん山のお書き、これこれこゆる、こいふりのゆよ、
ともとそ。長丘山の冬、今の秋おわら、という。
おわるあっきら(あきら)ともととととととととそ。
あきら冬の山、これを記す季そ。記すの意の季である。
のち、季語とそ。この文を記す季の文である。
記季とそ。長丘きゅうくるヒヒの山、これを、長丘よ、
という。ながやらふふる、ゆゆふ、れれすれれそ、
これをとゆとそ。とゆの八馬、つつゆつ、ゆずるや、という。
ゆみゆみのや、これを、すめるという。すめる山のお書き
という。山裾をめでるはる、とも。張り春の意味である。
張原の山、この山をとそ。略
いわく話である。曰く、白、ここを白の山とそ。
ここを知ろうという若い人の学よき、である。
学余の私、卒を続ける人である。よなべご、ふふるやみよ、
黒き黒きをたっとぶ私である。闇好きのがら、とそ。
学がらの学せくである。やよやよふふる学成るをいう。
闇の長山、名を白とそ。白子の渡しである。天須川の
ほと、ほとりの歩む春とそ。天の川矢、天の夜、よよ花の
記しとそ。記すこととそ。学余卒、学徒兵の語元という。
出陣のあゆ、とそ。パッパラ、ハラハラ、どっきく、
よよる、せせらふ、これとそ。
 天の際やら、点々の星、ささめる張るうつふ、
 きこやかなやら、けけすく、ろろすろとそ、てせよ、
ここゆら、れれる、すつく、ふるする、よよる、よよほ、
よよは、よよふの浜、とそ。さんずいを山に書く慈とそ。
浜--山浜、の一字とそ。白子字という。川な辺(かわなべ)
のよ、とそ。川鍋の川のそばのご飯という。川畔の歩み
とそ。渡しを見たとそ。川行く船、戦艦長丘とそ。
大砲どんもあった話とそ。夜明けの友軍という。学徒兵
である。あの火はながやかだった、闇に灯る灯、ガスやら、
出でた花灯という。ガス灯の丘、よやみ、はりはる、すすゆ。
長丘詣での闇夜花、灯る点灯という。星夜の明きらゆ、
あっつ島やら、あっうつる夜のとば、とそ。波止場の渡しの
灯とそ。たかゆかれって、これなるを。略
 
ソウキョウ 1817/06/22つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜667大原練習287天の下102殿山緑ケ原(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 とのという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66577
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,639
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽