2017年09月25日

卒業1896・京都船旅796古譜666大原練習286天の下101花墓(壮強太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る
【曲名】卒業1896京都船旅796古譜666大原練習286天の下101花墓(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/09/25柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
緑の地 地はくさか(日下) 日の下の人
台地行く そくらでら うちぼみを よっと
世は 花緑 腰おかけに いわう井戸 
瑞々し 緑丘 ともにおいきいく 日下山に
風の吹き抜く
 
 狐の天気予報。〇r2017/09/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【丘墓】
 墓のことを丘という。
 墓の字の歌です。『むべ山風を嵐というらん』という和歌の
真似で、字の歌です。緑ケ丘世、この地を日下とそ。日の下の
日下辺である場とそ。日下辺 行雄という、『いきましょう』
という。歌返歌とそ。ここを量る話とそ。日の下の量は、とそ。
緑ケ丘の山という。山の辺の紫陵とそ。これを、紫のきさる、
という。紫山の明る量という。これが墓である。丘の量という。
丘陵の量りという。ふくろの山という。
 後という。給料という大切なものとそ。意味掛けのおかれば、
という。給料は、日の下の日である。大の字が人である意とそ。
皿地という。なだらか丘の山地の麓を、くさまれ、という。
はくればのくみゆき、という。ととやらすすむ、せぶれる、
すすゆ、これを、すすという。やまればのうくゆく、という。
うっきやっき、やりふり、とそ。これを、れぶれる、という。
めっせ山のお書きという。アメリラーレッテという。
アメリ風のしめる風という。しめり風をあめり風という。
めるれる、せせゆれ、ゆくゆく、れてほ、とそ。
みった山のお絵、これを、ふるれる、という。ふっく、という。
吹くの山、風を嵐という。無辺の山の嵐とそ。
山颪の風である。長丘友野の風とそ。今の長丘友の原の光景とそ。
山風がおろす無辺の地である。天からおろす村崎という。
天王山の山おろしかとそ。無辺の風である。ここを、天が原という。
友野一場所とそ。村埼れ、という。村をよぎる風の世、これを、
天が原辻という。めてやらま場のおろむる、という。おめ原という。
ゆゆゆのやらや、という。ここを、のち、とそ。野の地である。
のち行くを、おいきいく、という。いきはか、という。山田のいき
という。これを、ろっくく、という。はかゆかの丘いき、という。
丘へ行くをいう。おかゆかゆれる、という。のち、遠足という。
遠い葦の原という。葦原の世である。ここを、大地という。
 墓いく山という。墓出とそ。これを、喜墓という。墓を丘という。
これを、おかおる、という。おかやかのゆや、とそ。
この意のややという。ややいきのめるる、とそ。のち、めれ、
という。めれる山のお書きという。丘の説明である。
日の下の人の日、という。さくかいきの風という。
これを、むらべら、という。村行く風という。村辺の世とそ。
世を夜の山という。赤焼け山のお書きという。赤い花の世、
赤夜章という。赤夜の話である。緑ヶ丘の赤焼けという。
緑節の賦とそ。歌である賦である。筆立て山お書きという。
天足やら、とそ。遠足のことである。天が紫の山、ここを、
天紫水明という、緑が丘の場である。今を夜という。
紺夜の山、天村という。天村が辻の夜とそ。
 長丘丘陵である。古く給量という。給料である。
無辺山風のうなる話である。ひゅっうっと飛んでくる
こととそ。丸い金貨である。太陽おろしという。
太陽がひととそ。人を大用とそ。もらい金のお書きである。
うらら山のなみゆれ、という。うなる袋である。大金である。
これをキンカランという。キーイルカッキクという。
むむれむゆゆそ、とそ。日の夜のお暮しである。
日暮れ山、太陽を大乙という。大乙のはくれる、とそ。
はしくれの語元である。代用山のお書きという。
これやらの山、これを、注勢という。のち、注勢後とそ。
中夜の言葉である。無辺山風の山おろしが吹いて太陽を
隠したという、暗くなった、天王山おろしである。
緑ヶ丘これを、けいき、という。けいき原のおよ、
という。暗くなった原の明けという。これを、風のち明け
という。風の地の明けを、おろし明けという。どんな嵐であるか、
これを推量という話とそ。略。
 花の下の風、かぼ風とそ。丘行き風とも。おろしをろっ、
という。よっ、ともいう。よう、ともいう。かぼすの語元である。
かぼすぶき、という。三つ槍の造りである。かぼす遣りという。
三股に分かれた槍の埼である。かぼす槍という。略
 ジェイペグというペグ風もある。絵がパラパラと飛んで行った
という。電子原の夜である。夜吹く風をペッ風とそ。
じぇじぇ吹く風という。じぇのぺのぐ、という。絵具である。
電子の絵筆とそ。真臼の話という。真碓ともいう。まうす山、
電子絵、添え山である。ここを、まうす、という。舞う巣である。
太陽をスという。サンとそ。スンという。うすい山という。
うすい地方の言いとそ。スッサンともいう。デズという。
ミウとも。ミソとも。ミラとそ。山鏡の日という。
太陽の飾りをさんきょうという。古代の鏡である。
用家庭国の話である。古く日下(くさか)をようかという。
日下庭のおとよ、という。くにの古い呼びである。
音世という乙夜というインターネットの音の庭の時間という。
この歌のことをいう。下手風の話という。乱れ埼の音である。
乱れ咲きの花音という。花丘の歌である。黒夏枢要、これなる
こととそ。のちに、国家枢要という音楽のことをいう。
学校教育の必須である。枢要の話とそ。
 真似歌という。和歌真似である。この歌である歌詞である。
sotuである。いわごろの話という。大きな石である。
絵の数用である。秋残り美術館に置かれている数々である。
下手絵これなるを。音でならしておく話とそ。
 インターネットの風流音これなるを。げて音である。
ファンキーラックの山、これととぞ。
黒をゴロという明け頃である。ゴロ色という。 

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜666大原練習286天の下101花墓(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 て、ごという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66567
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,638
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real. 
posted by 秋残り at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽