2017年09月22日

卒業1893・京都船旅793古譜663大原練習283天の下98縄跳び(壮強太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る
【曲名】卒業1893京都船旅793古譜663大原練習283天の下98縄跳び(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/09/22柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
縄が回る 回れば にょき入り
おしおよす 入れば 鬼 清盛さんの
顔 鬼の花 そり飛べば うれしいと
鬼遊ぶ 願叶うと お日入りどきの
お宮前 船立て前 蝙蝠が群れ飛ぶ頃
縄から出でた おいでと ないかま
 
 狐の天気予報。〇r2017/09/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【縄跳び】解述
 子供の遊びである。3、4人の人数でする。二人が対面して離れて縄の
両端を持ち、ぐるぐる回す。ここへ、3、4人目が入り、回る縄を飛ぶ。
縄を回すものが、或いは、3、4人目が、掛けを放つ。
『にょき、にょき、にょき』と掛け声を放つ。或いは『にょき、
にゃき、にょき、にゃき』と。この『にょき』を回すものが言う
た時、入る者が『むー』という。または、『むう、むう、むう』、
また、『むむむむう』という。清盛ごっこという。清盛の縄島と
いう。清盛さんという遊びである。この遊びをする者を平家
(へいか)という。へいか遊びという。これを、らっこ、という。
らっこ飛びという。ラウンスの山という。
『尻落として入りや』という。これをらっこ上げという。
尻の穴、尻の筋肉の為という。らっこ尻のらっこ穴、おならを
『むう』と擬態語をいう。ムラルゥ山という。ムベンセともいう。
せっせっせっのせである。ムベンセのせ、という。
 ムベヤラ・レッテそ、れつる、ふふるる、れむれるのゆおっす、
という。この、『ゆおっす』が、いわいという。ゆわい、という。
ユイハムのベルー、という。ベレルのご言いである。
 入る者が、縄を見る、この時に、駆けっこの姿勢をする。この
姿勢を『けん』という。むうけん、という。これが、剣道にかかる。
縄を『びっ』という。縄帯という。縄を帯びる、という。
メルレンスという言葉の回し使いである。これで、剣道では、
『むうけん』とは何かという。これが、宮本武蔵の剣である。
ささきの剣という。剣道で、先が花のような形をした竹刀がある。
この竹刀を、ささきの竹刀、という。この剣道を、むう剣術という。
む剣術という。表記に、無剣術、無剣道、とそ。花剣道ともいう。
防具は、今の剣道と少し違う防具を使う。この剣の使いをいう。
花剣のさし手である。これで、『むてあて』という。剣先で突く
をいう。これを、『つんつく』という。『つっけんどんな』物の
言い方をする。無愛想な言いという。この語元である。
 つっけんどんのけんれむ、という。やますの山師という。剣道の
師範をいう。これが『しと』である。『しと』という。師範を『しと』
という。駄作家は無剣道の『とし』である。剣道、やに段という。
数字で表して、82段とそ。闇の剣術という。83である。ヤッサンという。
やさぐ、やさぐる、やさぐめ、やさぐぞ、やさるふ、やさめど、とそ。
六段に活用さすヤッサンのやさぐの言葉という。『やさめど』という。
これが、『や』の活用である。『やさめ』という。『ややさめ』という。
 起き時にして、『めが覚める』という。この『め』を、『やめ』という。
この目の活用の剣道である花剣の無剣道である。
 夢覚めを無剣道(むけんみち、けんどう)という。これを、れむ起きと
いう。れむ覚めを、『れよう』という。これが、音変わりの『利用』と
いう。人を『しと』という。この言葉の変わりを『むべ』という。
『ありなす』の解釈である。『ありなし』という。ありてい、という。
ある状態、成した状態をいう。これを、『む』変わり、という。
無を有という。『うべなる』かな山という。無を有るという意味で
使う言葉とそ。現在では使わない。
 現代人は、はっきりと、無は『ない』の意、有は『ある』の意で使う。
上の場合を使う時は、言葉を添える必要がある。混乱を避ける為とも。
 もとおって(もといして、もといの意、元に帰る、本論に
かえるをいう)、この『もとおって、もといして、もとい』が、寝る剣道
である。寝剣道という。夢見の道ともいう。剣道寝という。闇に寝ている
剣術師範という。花寝のしと、という。花寝の人であるひぃに、果寝術
という。夢に花が咲く、という。ゆるゆる夢、とそ。
 ゆるゆるが剣道である、一義である。ゆるゆる夢ゆ、夢ゆるゆ、とそ。
ゆるゆる剣という。花目堂という。花目の山という。寡黙な人という、
寡黙の語元である。寝る人のことをも意味する、練る人である。
闇の剣道という花道の人である。これを、しんしん、という。
にょきにゃきの平家(へいか)である。へいけ、とも。
 清盛の寝姿という。半眼達という。剣道の目を半眼という。後、判官
(ほうがん)という。判官寝という。大きい目の出目の意味もある。
大物眼という。デメッソン・ルックという。大仏のような目むともいう。
この仏とそ。目の開いた仏像のある所を眼目という。眼目堂という。
この仏は、今の仏教の以前の時の、日本の仏像である。仏教がなかった頃
の仏像である。これを、山おろみ、という。山おろち、とも。
 さすがの大和朝暮廷の菅良である。すがよし顔という。菅良の目とそ。
この菅良を菅宵という。後、冠省語という。この冠は仏像の冠である。
冠省された現代仏という。冠を被った大きな仏像がある。石造、木造、
銅造・・とそ。この仏像を、大和見下ろす物、という。物像という。
これを、物のおし、とそ。後、物教とそ。仏教とも書く。
これを、清盛仏(清盛物)という。清盛さんごつ、清盛さんごっこ、
という。ごっことは、子供のことをいう。ごっこともいう。御っ子。
『いかにせんとて生まれけん、遊びをせんとて生まれけん・・・』
この『けん』は、じゃんけんの拳である。いかにせんとて生まれ拳と
、小手が生まれたをいう。じゃん拳だしを小手出しという。
 この文の変わりを覚道という。文の道という。闇見の黒文という。
黒家件という。闇の国家という。大和闇廷とそ。大和闇廷を、音訓混ぜ
読みをする。大和屋、みてい、という。えらそうぶった朝廷という。
何、アサヤンがっ! これを、超拳という。けんけんという片足歩きを
アサヤン歩きという子供の遊びである。『見てい、見てえっ!』という。
片足片手握りの挨拶を暮体(ぼてい)という。暮体の挨拶という。
この暮体が『ボテ』である。あさとみ、ともいう。ボテ挨拶という。
大和朝廷がこれを引用した、大和朝廷の官僚の挨拶という。
この官僚が花剣を持つ。頭に帽子を被る、この帽子を冠帽という。
冠の山という。冠山という、富士の雲巻き姿である。
 この姿をスガという。あの人のすが、という。
すがたは、手であり足である。すがおという。姿をすがおという。
これで意味を切った大和暮廷である。姿は姿と言い、すがおは素顔
である。姿をすがおという意味は切られている。ない、という。
これで、姿ボテの素顔良し、という。ボテ切りという。切った意味は
フランス語のボテである、美人のことをいう。日本語は太った人
という。大和暮廷のボテは、官僚をいう、大和暮廷は菅良という。
大和朝暮廷では、完了である。それで、大和朝廷という代表である。
三体一合という大和朝暮廷である代表が大和朝廷とそ。
花剣の無剣道である大和朝廷の黒道である。これを黒家という。
黒い夏の頃の国家という。若い人のいうこっかである。
 コッカーランという言葉の使いで、言葉の造りである。
 これを道という。今も、私は道う(わたしは言うと読む)。
言葉を道という。これをやなぎという。言葉の使いをいう。
やなぎの言葉という。流れの正しさをいう。歴史という。
これをれきじという。歴道(れきじ)という。古くの黒夏用語で
ある。
 この花の表しをした花剣を補足して真っすぐな剣にする。
大和朝廷の真昼の庭という。昼庭である。これを昼廷と黒夏式に
書く大和昼廷という。賞得大使のあの絵である。真っすぐな細い
剣を腰にしている。細剣道という剣術である。人の歩く剣道も
ある闇の剣道という。これが昼の闇である。大和闇廷という。
大和や、見てい!という、目を開けて歩く闇の道とそ。
これが、細い剣を闇剣という。細剣道の闇剣道である。
闇寝の細目という。これを、るるりり、という。
りりこの目という。後、凛々しいと使う。凛々しい人という剣道を
離れて使う。切り使いという。言葉の用法である。この闇剣と細剣
の竹刀の中間に三つ分かれの竹刀という。先が三つに分かれている
竹刀という。これを大和朝廷で合すところを今に持ち越した、現今
政治の三剣分立である。剣で権を表すという。三権分立という。
三つ分かれの竹刀が元である。これを、みなもと(源)とそ。
三っつをみなという。三つの元である。これが黒夏を有する秋残り
国家である。現今日本は無色である。ここにある政府は勿論無色である。
透明な政治という。闇の政治は闇の祭りごとである。これを大和分け
という。後、髪の分けとそ。後、ちょう曲げ、蝶曲げとも、
大和分けという。
 大和朝廷の大和分けは音にもある。分散和音という、三つ分けで
ある。三和音の文さんである。Cm、シーマイナーという。
大和朝廷のシマイナという。そういうことである。ナカシナの
語元とそ。シナナカとも。シマイナである。Dm、ディーマイナー
を、フラヅルとそ。Em、イーマイナーをミソレーという。
Fは、ファラ道。 Gmを、蘇詩霊、蘇詩礼。 Amを、栄ま今、
こんらぎ。 Bmを、レットという。これが、レッツル・レムヅル
という。レムが寝とそ。寝ることをレムという。大和闇廷の
言葉である。これを短ラムという。後、短乱という。後、短調
とそ。メージャー列が、C、これを〆(しめ)、〆調という。
D、デトラム。E、イメ、エメ、ユメとそ。F、ファッツル。
G、げれ、げも。 A、アーメー、モメハル、モメン、モメハン。
B、 ハッ、ハッセラ、ハプルプという。調でもある。
音楽から国家を区分けすれば、フランスをアーメーという。
ドイツをメックという。これをふらせる・ベーラーという。
日本をジャモニという。めてゆてのすすれす、とそ。
中国をナカシという。後、シナとそ。信濃や見てぃ!を長野を
中国という。こを東中(とうちゅう)という。ペンセラの言い
という。音楽より派生した国名の語元である。インドシナを
レッパという。アフレリルー、アフリラーともいう。
アメリ風をしめり風という、これをC調という。鬱陶しい
という。転用である。
イスラムをヘフ、インビスとも。ビズヒムというビズラムの
インビラという。イッセムともいう。仏像被りをイッセラー
という。いっせの冠という。伊勢の冠と表す。仏とは無関係の、
伊勢者、伊勢物という。伊勢のよ、という。
 アメリカをベバレジという。アメフラとも。アメクルとも。
ロシアを、蘇土という。蘇家(そけ)ともいう。中国をメシ
ハンともいう。これから、シャッピンという言葉をいう。
ミッシ・シヤッパンという。ミレスルのミルハムという。
これをグラレルという。グリコの山という。栗子のことである。
栗子中国と、果物で代表する言い方である。ナンカオというのが
中国の古い呼びである。ベバレジをべべという。ここをカリカル
という。カリフォランという。凧木、凧州とそ。アメレラーの
山という。ヨーロッパをムロルという。メンメスの言いとそ。
アフリカのプッテケという。プッテケメのしっぱつ、という。
シバレルすすゆ、れれそ、れれふのお国とそ。南米をペルーミ
という。ペルパラとも。南極をヤフという。北極をロメンテ
という。地球をメという。シとも。シトのヤルとそ。
太陽をルルロル、ルルハン、サンランという。月を、ギルという。
ギメともいう。ギッギクという。キギク、ギギという。
ギギ出という月の出をいう。月をミッツという。ミツレツのおきり、
とそ。サンランレックのうて、うつ、うち、という宇宙の
ことである。太陽を代表とする宇宙の言いとそ。ぎぎ山
という言いでもある。音楽より出てコウルクをいう、この言葉の絵
という。これを、ミットのいこらぐ、という。
太陽をサンペックともいう。サンベラとそ。日昇りをスーララという。
日入りをセッスという。セレサスとも。今の、レレの言いである。
子供の縄鳶飛び用語から出た言葉とそ。
『セラサス・レッテ、スーラスー』という縄飛びの一人飛びとも。
セレサス、セレサス・レッテとも。一人縄飛びとそ。
ごびすくという言葉になる。ごっこのことを、ごびという。
遊びの終わりに『ごび』と声をかける。言葉の終わりでもある。
正月のカルタ取りの言葉である。言葉の遊びの家、これを
モックス、モクハンとそ。後、木版画になる。もくすゆの
言葉という。大和朝とそ。こぺかな山のお書きとそ。
設楽文字という。これより少し新しいコペ仮名である。
絵に添えているものである。インカ文字を言う場合もある。
象形文字をコーラルという。コーラル・レッツという。
文字を列という。レメテスのおれる、とそ。ごだいの列を仮名
という、五十音図のことをいう。ごだいという。
*********
 秋残り語という。秋残り語による解である。りゃ、りょという。
この言葉が言えなかった頃の私とそ。これで言えた時が完了で
ある。五十音図が全部言えたことをいう。にゃもにょも言えなん
だのである。小学校4年くらいでやっと言えたのである。言葉の
遅い人である。りゃう、りょうに完了の意がある。
 秋残り語はそんな人が使う言葉である。身部、壬生語という
話である。幼児語の発展展開である。新しい言葉と、古い中の
新しい言葉であるという、恰好よく言う私デアル。日本の古代
以前の言葉で、比較的新しい言葉であるという。
 これを今様に、世界には類例のない、言葉であるという。
言語学の範疇にはない、新しい人工語である。世界という。
 家から外へ出れば、蒲鉾道を山と言い、アメリカの古い山で
あるという。アメリールロンテ山である。そういう言い
方をする。中国へ行けば夢放蕩山である。フランスでは、
十辺斜若山である。蒲鉾道が隆起した話という。
おロシア国へ行けば、すりがね山の氷山であってたくさん並んで
いたという。大根おろしのすりがねを見たら、これはロシア
金かなという。アフリカにはキリマンがいるという。
キッセラーのレベンセという。キツレツランという。
ブーランラックのブレメンという想像の仕方である。
キリマンじゃこのことをいう、鰐より大きな魚や、という。
アフリカのローテル山脈の麓をるる流るオスパンレベックの
レベカ川である。これを地内湖線という川のことである。
湖川のことである。レベカ流という。そこにキリマンがいる。
キリマン恋しやホーヤレホという。これをブラッソン・
レッテのお歌という。にょきにょきという魚の幼児語である。
この『にょ』が言えなかったのである。幼児の頃にも言えな
かったのである。れわんそのお言い、とそ。
人差し指程の小さい鰐がいた話とそ。トカゲであるかも
しれないことである。鰐は日本にもいる話とそ。白うさぎに
聞けばよくわかる話である。イーナン民話のお歌、これを
今に記す。ブレーメンはそういう人である。
 脳をブラルンというブラーレともいう。この期の私のブレイン
である。ブラルンもブラーレも新しい言葉である。
壬生語である。ブレーメン惹起の山、これを記す。
ブラーレン・ルックの『ル』の音が想像を表す、私の脳音声学
という。現実を見ル、これが現実をメというメルの言葉である。
褒めの言葉である。今による、メールがこれである。メールを
たっとぶことである。電子現在である。 
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜663大原練習283天の下98ビズススのムム(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 て、ごという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 





    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66537
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,635
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽