2017年07月21日

卒業1828・京都船旅728古譜598大原練習218天の下33呂段坂(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し″。日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。″。日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。″。日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。″。日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。″。日紙祖川劣る

【曲名】卒業1828・京都船旅728古譜598大原練習218天の下33呂段坂(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)   
【創曲】2017/07/21柳晴昔 新人、創曲、今 古貴、九十 孫監修(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の轄。日様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
そうきょう川は流れて水清く 尺取り虫が
木に登る これ見る魚のいろは魚 名前は伊魚と
呂魚の坂 葉々々と下れば 幼魚 二色の
坂上がり ほほゆるみのいなりゆれ 葉々々々とる
へろいわし とと沢あがる 白いわし
ちちもう ははもう こゆれ秋 りり鳴く
稲穂虫 ぬぬぬ星 

 狐の天気予報。〇r2017/07/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、あざ 狐言″。日す。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

 
ソウキョウ 1817/04/16れそす晴れる(晴れそ、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜598大原練習218天の下33呂段坂(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 そという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年麹。日月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot″。日Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65887
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,570
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業1827・京都船旅727古譜597大原練習217天の下32伊魚家(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1827・京都船旅727古譜597大原練習217天の下32伊魚家(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/07/20柳晴昔 新人、創曲、今 古貴、九十 孫監修(秋残り市在)
【拍子】自作ソフト、メロディー・メーカー
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
谷上がりの伊魚が飛ぶ 水を上がる魚
体を丸くしてバネのよう飛び上がる川
段がたくさん上から作られ川が分かれて
水も上へ上がる 海にそそぐ港 船入り屋

 狐の天気予報:〇r2017/07/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、あざ 狐言:す。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
【川の造り】
 上流から段を設けていく。下で川を二つに分ける。
一方に少しの勾配で水を上へ上げていく。取水利用の一方法。
川の外側を、深く掘り、あふれた水を流す。こんな造りの川が
たくさんある。秋残りの国、取水風土記より。
 
ソウキョウ 1817/04/16れそす晴れる(晴れそ、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜597大原練習217天の下31大原花春(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 そという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65877
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,569
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽