2017年06月28日

卒業1806・京都船旅706古譜576大原練習196天の下11紫蘇(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1806・京都船旅706古譜576大原練習196天の下11紫蘇(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/06/28柳晴田村叢手創曲、合田山津留造詞、富士山清冷監修(秋残り市在)
【拍子】曲頭拍子石 拍子石保存会の皆様、聴衆一斉火打ち
【種類】拙作ソフト使用
【演奏】大原回山余、往来歓楽家 
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
天の下 紫蘇なり 茄のなり畑 鷹降り
あすなり畑 おかる身のとばしやら飛ぶ
広路に浮く 大き石 鷹とまる 紫蘇の原
葦の稲 雲霞とめ 夏浜 夏宵の村字
立つ日は ほうぼう見る ひとめの川
流れて 藻茂 
 狐の天気予報:〇r2017/06/30
 狐くふ。 過去をとく、という。
 場所、あざはな山 狐言:ば_つ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
【板】
月食板という、ハンザキの料理で、かおめとぞ。
料理のことを板〔いた、ばん〕という。かまぼこ板という。
板前という。
 板食らい 山辺なるをみ はんのやき 
 
 紫梅雨という、はんざきの景、紫夏をとる雲の山やら、
いきふり、おりそつ、れれふ、れれす、そそよす、れれふ、すすよ。
これを、ろろらよ、とぞ。ろろ光矢ともいう。紫矢のことを、ろむれ、
という。れむすのありふり、という。
 これよら、れむれる、すすゆ、ろろやらおりす、おりふ、おりる、
けけふら、とりる、れおてる、れんする、とぞ。
 れて山のお書き、これなるを。 
  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/03/23れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館夏期展示
『古譜576大原練習196天の下11紫蘇(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 んという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65667
     画商『雄端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,548
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年06月26日

卒業1805・京都船旅705古譜575大原練習195天の下10かまきり頭料〔ずりょう〕(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1805・京都船旅705古譜575大原練習195天の下10かまきり頭料〔ずりょう〕(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/06/26柳晴田村叢手創曲、合田山津留造詞、富士山清冷監修(秋残り市在)
【拍子】曲頭拍子石 拍子石保存会の皆様、聴衆一斉火打ち
【種類】拙作ソフト使用
【演奏】大原回山余、往来歓楽家 
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
君が見ている天の下に立つ 欅桜
花宮山の絵 烏賊が墨出す 広い海
霞がかりの海中島 足元にいなご飛ぶ
青狭(あおさ)やく カマキリの羽の
匂い こうばしく 弁当のおかず
みが上にのせられている黄色いみ
頭ものっている かまきり弁当持ち
訪ね そこそうきょう料理どころ 

 狐の天気予報:〇r2017/06/28
 狐くふ。 過去をとく、という。
 場所、あざはな山 狐言:ば_つ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
【鬼行膳】
 かまきり料理。青狭(あおさ)とは、かまきりの羽をいう。
これを薄くあぶり食す。かねらという料理という。
かねれとも。かねらゆのかわれる、という。
かまきりいなごが沢山いた秋残りの国の料理である。
 あきれはなぬま、よよる、け、とぞ。
あんりという、えめすのよよれ、とも。
よみの山のお書きという。桜欅の炭とぞ。これで
あぶって食することとぞ。
 駄作者の好きな料理である。いなごもそうである。
虫を好く男という。虫食い人種である。
月見て虫食らう話という。食虫月下という、
虫鳴き虫食らう月夜の歌。これを、月虫食という。
秋残りの季節風物である。
 頃はいかすみ春、天の下、虫来たりて、どうも、とぞ。
どうぞ、お喰らいなす。なすを茄とぞ。なす焼きのかまきり
という。なすを焼いて、かまきりを共とぞ。なすかまきりの
料とぞ。ウニに似た味という。陸ウニとも。かまきりウニとぞ。
おやつにも食べていた秋残りの食虫人種である。
 これにいたをつける、いたどりかまきりという。月食板という。
月食板料とぞ。サンショウウオ食らいとも。
月食板という、サンショウウオ料理である。これを、おおからみ、
という。おおかみ・ららくる、という。かわおかみ、という。
サンショウウオの尾という。この尾の焼きを、おけら、という。
おけら板(いた、ばん)という。板という、料理のことを居たという。
 おっきく・れっせ、という。おきらく、という。おきすきの語元
とぞ。おきすきの料とぞ。宮中食という、秋残り宮である。
秋残り好代人という。交代してんか、という、京の料の交代し天下
、天の下虫食い〔あまのしたむしくい〕という。これを天下食という。
代食という、給食時の弁当という。弁当の後退という。
後退弁当の交代、虫食らう意である。後退弁当という、交代弁当とも。
 アブラムシの料理もある。おお食らい点、である。テントウムシ豆
という、てんむしの料という。虫は何でも食らう食中点脳という。
脳をいう、頭の食べとぞ。虫頭を食べる人とぞ。駄作脳という、
駄作者の脳である。古日本という国である。
 古日本食中記である、本文である。
 虫ヨイヨイ、ヨッククとも。よくくのよくせ、という。
 よくせ料、よくせ料理という、虫料、虫料理とぞ。
 鬼虫というテントウ豆の、てんとう料理という。
 テントウムシと豆という。鬼豆論とぞ、料理を論ずる
 きまめ、という。料理の本を、きまめ本という。
 二月の鬼は外の豆まき、鬼外豆という。外套の着こなし
 術とぞ。鬼着の外套、豆まきの内という。
  鬼を内へおいて、外へ豆をまく、該当者である。
 秋残りの風習とも。
 (豆まく人を該当者という、当該の話とぞ。鬼の鯖食らいという。
 面を被り鯖を食す、これを鬼人という。貴人の食という、交代してんか
 という要求がでる。要求食の交代食、後退食とぞ。鬼になって鯖を
 食う交代人という。これを、鬼貴という。テントウムシの蛍迎下である。
 蛍食らいの帰無交代という。蛍烏賊にかわってます、とぞ。豆まいて
 外へほり出す人とぞ。人をほり出した貴鬼という。心の外という、
 心のしみ、とぞ。鬼は内、人は内とぞ。鬼人仲良く、これを貴没と
 いう。鬼の中のたっとい人を、貴没鬼という。これを、きき鯖という。
 鯖ゆきという、鯖いきとぞ。サバという、ふらず鬼ふる狭場〔さば〕と
 ぞ。コマンタレという、たれをつける食である。これを、駒たれ、という。
 フランスの鬼をファという、ファントマ、ファントムという。
 ファンと虫の話という。ファン虫という、ファ虫という。アブラムシ
 である。アブラムシをあぶる、ファッ食料理という。貴人食らいの山
 という、鬼を食らう貴人とぞ。アブラムシを鬼という、貴人という、
 奇人とも。貴奇人、これ、いかに。烏賊煮の奇貴人行という。
 鬼貴奇という。これをサンキという、((三碕))という。さんぎの山の
 お書きという。田に奇と書く。たにきという、阿の木である。阿の記
 とも、本記という。阿本の世、これなるを、阿房のことをたにき
 という、阿呆とも。たにきという、話とぞ。)
 五六期、夏の豆まき、とぞ。
  後略
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/03/21れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館夏期展示
『古譜575大原練習195天の下10かまきり頭料〔ずりょう〕(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 んという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65657
     画商『雄端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,547
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業1804・京都船旅704古譜574大原練習194天の下9石靴石枕(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1804・京都船旅704古譜574大原練習194天の下9石靴石枕(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/06/26柳晴田村叢手創曲、合田山津留造詞、富士山清冷監修(秋残り市在)
【拍子】曲頭拍子石 拍子石保存会の皆様、聴衆一斉火打ち
【種類】拙作ソフト使用
【演奏】大原回山余、往来歓楽家 
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
石の靴履いて歩く クツクツの音聞こえ
天の下晴れては よい柳晴れ空
桜散る 道は白い 雪道の春の道
八百万 世よいと 力出し 元気な
健康道中を喜ぶ 夜中には安心の寝
そうきょう よい寝の石まくらよい

 狐の天気予報:〇r2017/06/28
 狐くふ。 過去をとく、という。
 場所、あざはな山 狐言:ば_つ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 よいと言って、よい事を話して、日を送るのが、
普通の人である。これを、よいこととぞ。
良い人ともいう。 
 
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/03/21れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館夏期展示
『古譜574大原練習194天の下9石靴石枕(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 んという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65647
     画商『雄端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,546
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業1803・京都船旅703古譜573大原練習193天の下8校庭(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1803・京都船旅703古譜573大原練習193天の下8校庭(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/06/26柳晴田村叢手創曲、合田山津留造詞、富士山清冷監修(秋残り市在)
【拍子】曲頭拍子石 拍子石保存会の皆様、聴衆一斉火打ち
【種類】拙作ソフト使用
【演奏】大原回山余、往来歓楽家 
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
天の下 道晴れ上がって 静か 雲
浮かぶ世に 胸張り通う 学び舎へ
門入り 挨拶におはようと 懐かし
葉桜おい茂り校庭に立つ日々 

 狐の天気予報:〇r2017/06/28
 狐くふ。 過去をとく、という。
 場所、あざはな山 狐言:ば_つ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
 
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/03/21れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館夏期展示
『古譜573大原練習193天の下8校庭(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 んという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65637
     画商『雄端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,545
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年06月23日

卒業1802・京都船旅702古譜572大原練習192天の下7訪問(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1802・京都船旅702古譜572大原練習192天の下7訪問(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/06/23柳晴田村叢手創曲、合田山津留造詞、富士山清冷監修(秋残り市在)
【拍子】曲頭拍子石 拍子石保存会の皆様、聴衆一斉火打ち
【種類】拙作ソフト使用
【演奏】大原回山余、往来歓楽家 
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
君乞われて行く日に 懐かしきの
我が家に 古い匂い残って 
今また蘇る 心の内の
思い出の道 
   midファイル
 狐の天気予報:〇r2017/06/25
 狐くふ。 過去をとく、という。
 場所、あざはな山 狐言:ば_つ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
 
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/03/18れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館夏期展示
『古譜572大原練習192天の下7訪問(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 んという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki




    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65627
     画商『雄端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,544
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽