2017年05月30日

卒業1778・京都船旅678古譜548大原練習168良柳夢(相凶太陽)

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1778・京都船旅678古譜548大原練習168良柳夢(相凶太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/05/30晴創曲造詞
【拍子】 
【種類】君彼女:歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
真夜中 人眠る 深闇頃 やなぎ座が
光る頃 やまなり天空高く広く 闇訪ない
安楽の時と 月高く小さく見え星はさざめき
我がつぶやきをし話し合う 星は歌う 
人のいびき聞いて 合唱のやなぎ座
葉をゆらし垂れしだれ 声をホウとあげる 

 狐の天気予報:〇r2017050601
 狐はれ。よす、せた、とも。
 過去をとく、という。
 場所、いき。
 狐言:はるれ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。   
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 [雑、検事正]
 ゆるゆる夢ゆ、という、夢の柳見(やなぎみ、柳身)という。
良い夢をいう。枕元の良言という。やなぎ寝の柳路(りゅうろ)という。
夜の柳という、よしだれ(夜しだれ)の柳のか、とぞ。かを蚊という。
蚊の地の字(あざ)、蚊がり蚊がせ、という。川流れの瀬である。
川端瀬とぞ。川端柳のあざなうこころ、という。ここ道の蚊という。
カリールラールという。かま瀬ともいう。蚊のいる所、蚊揺れという。
かみという場所である。字かみ(あざかみ)という。あざる花の夜、
これを、かりたふ、とぞ。ふみふらのえぺ、という。えつその浜という。
ベバのばりらる、という。べめせの蚊とぞ。蚊が目をいう。
目を見せる蚊という。蚊の目のたっとび、という。トオという。
 蚊の目の付けという。蚊の目を付けた天井という、刀という。
切っ先に付ける蚊の目という。天井に付ける、これをかちという。
かち天井という。蚊を付けた壁という。これをカレという。
カレらるベーミという。壁みらという。メッブスの建ちという。
メーレルの話という。かかれるれっく、という。
 書かれた文である。本文である。
 柳のかがり、柳かがせ、という。柳冠地の山という。かにやなぎが
あるという。『そうか』という、やなぎが添うた話である。かがせの
せ、柳腰かが、という、背のことをいう。かがせの話である。
背の言いのかが背という。かが背の背という。山背(やましろ)の
かが背(かがしろ)という。山背山かがめやら、ふふる山らる。
これを、柳かが、という。柳かがのホンという。ホウともいう。
星のしだれるホウ鳴きという。星の形容である。ひとのかが山
ともいう。柳座の星とぞ。人の座る座のかが席という。これを、
柳座という。椅子の譬えとも。柳座の座、ホウと言うて座る、
風習である。柳座方見の座法という。これを、流という。
流言言いの柳という。流言どめ、という。流言は、柳流の言いで
ある。やなぎのたっとび、という。柳腰かが背花、りゅうらつ
という。らつれつという、らつの山のお、という。ら面という。
 壁の蚊面、ら面壁(らめんぺき、らめんかべ)という。
らーたるの言いとぞ。柳腰かが背のいかすみ、壁とも。
 壁にイカ墨を入れる話である。冴え柳という、いかすみ柳という。
けらふての言いとぞ。さえには柳、いかすみの柳通りという。
よい人の使う言葉である。良柳、良柳の言いという。
 これを、柳の本日という。この良い道をいく柳っ晴れかがぐ、
という。柳雨しだれのもと、という。下である。柳ぐもっけの
くもれる、という。雲山柳という。これを、椥(なぎ)という。
雲山や、椥のより昼、慣れる、という。柳名をひとなとぞ。
名前のことをやなぎという。やなぎ名という。芸名の花柳名という。
本名を花柳という。めらべるの波やなぎという。
 昼には、花に成れる、昼成りお、という。柳の明日をひるばという。
昼なろう、という、柳の別名である。明日なり柳の、柳なり、とも。
柳の木という。どのばの御殿という。
 『殿、柳の殿中でござる。』『うい、長袴、堂裳の用意かが』
いかすみかがれのしょっと、という。ワンショットである。
通しょっと、という。一通二通の堂裳の仕出、これを、剣負う舞い
という。剣舞のやお、という。剣辺ともいう。ピストルもって舞う
という。銃の舞とも。銃舞。
 これを、一舞二舞という、数えのかがせ数えという。剣舞の数え方
である。銃舞とも。一銃二銃の舞踏の数え、ペックラという。ペッソ
とも。これを重という。一重二重(ひとえふたえ)の銃機、什器とも。
十三単衣の鉄砲筒とぞ。かがせおりらる、柳のトオとぞ。 
 殿はいかすみ柳を名乗るという。職業の役職とも。
仕事にやなぎは付き物とぞ。
 柳明日なり、あすなろう檜のかがらず、という。松の廊下は、天の
廊下で雲が行く。雲行きなり日、日のいき、という。欅の廊下という。
欅のくもれば_名のいき、という。廊下はいき物である。
廊下行きの生きる人という。これを欅いき、という。
あすいき欅という。あすなりあすいきあすなろう木のかがすかが、
という。カーレル・ラッカンという。落款の押し方でもある。
話とぞ。  
 やなぎという言葉をいわない人いえない人は、噂にまかれる人という、
噂に負ける人という、うわさに流される人という、言うようにすればよい。
軽いノイローゼ、噂が一原因であることがある。これで、当人の前で
柳という言葉を使う。聞いて治る話という。これを、やなぎ日本、正
日本という。柳の二本の箸を使う、話ともいう。
 おかしな考えが出る、また、おかしな噂を感じる、聞く、
こんな時には、ひとこと、やなぎという、または、柳の話を出す。
噂に左右されず、人本来の考えが出る。
『やなぎ』という言葉の意味という。『正』という、『正しい』
『質す』の意味である。
 職を求める人は、柳の話をすればよい。求職、失業防止の一策である。
仕事をたっとぶ人の言葉でもある、やなぎという言葉である。
やなぎ発という、仕事を始める言葉である。
 冠称、やなぎを柳冠という。人名につける『やなぎ』である。
英語の『THE ザ』にあたるものである。外国人に『ウィロー 
WILLOW』『アイ・ライク・ウィローツリー』
『・・・ウィロー・・・』という、喜ばれる話である。柳という。
話である。正日本、やなぎ日本という言いの、冠称の『正』
『やなぎ』である。冠詞である。
古日本という話で、やなぎを尊ぶ国民という。木で表して、
柳という。柳は国木、刻木、告木という、古日本の木である。
 これで、やなぎ桜という、正柳、正桜という。やなぎ銀杏という。
柳の木であり、桜の木であり、銀杏の木である。他、同様。
 『やなぎ日本』『やなぎ米国』『やなぎ中国』という、古正語と
いう、今の話である。 
 『殿中、やなぎの廊下』という話という。『いかすみでござる』
この殿を古殿楼という。アメリ風という、アメラレーという。
『やなぎ』ということに、『いかすみ』と受ける。
 『いかすみの壁が見てござる、通(つう)かがみ』という。
 『お通りなされ』という話とぞ。
 『あいや、またれい』『まつの廊下は、スリッポンかが、いかがみ
 て、おう、儀。』 扇を持つこととぞ。『世にどうもうござる』
 どうも言いの仕通しという。『どうも、いつに、むつまじく、
 質す(しちす、ただすの意)、や、ここのよ、トオ』という。
 この『や』は『やま』である。『やなぎ・やま』という。
 柳の間を『や』という。『やま』とも。
  『や』といわれて、『ま』と答える。殿中柳の廊下、いかすみ通し
 という。まつの廊下である。桜間揚台という。だいだいのやなぎ城
 という。城をやなぎ城という。冠称のやなぎである。やなぎ家、
 やなぎ池、・・・・とぞ。古日本、正日本、やなぎ日本の話である。
  『よやなぎ』、寝る間の良い夢である。寝ている間に流れる噂を
 断る言葉という。『よいよいやなぎのまつね』という。
 松枕柳寝という。やなぎねの歌とぞ。柳川正、これが、古日本の
 検事正である。検事やなぎという、言い方の『正』である。
 検事正という、今の日本である。役職に見る『やなぎ』『正』の
 考察。上意が含まれていることという。 
 『検事やなぎ』という、検事を呼ぶ言葉であり、検事をたっとぶ
 言葉である、検事正のことである。冠詞と見れば、後置冠詞である。 
  やなぎ・司法用語である。司法正、これを語る、秋残りの話
 である、法律をたっとぶ、そうきょうである。やなぎ国夢譚、
 これなり。
  人名に付す『やなぎ』、『健治やなぎ』の言いは、健治さん、
 健治さまにあたる。『健治のトオ、健治トオ』ともいう。
 古日本の言いである。女性は、『幸子やなぎ』で、
 『幸子のタミ、幸子タミ』という。
 『タオ』という、どちらにも使う、やなぎのトオという使いである。     
 やなぎのタオともいう。やなぎを柳と書く。柳正適格である。
 適格後置という、冠詞である。やなぎ、トオタオである。
 タミである。
 
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/02/23れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜548大原練習168良柳夢(相凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 こという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65387
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,520
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業1777・京都船旅677古譜547大原練習167真夜中(相凶太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1777・京都船旅677古譜547大原練習167真夜中(相凶太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/05/30晴創曲造詞
【拍子】 
【種類】君彼女:歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
真夜中 人眠る 深闇頃 やなぎ座が
光る頃 やまなり天空高く広く 闇訪ない
安楽の時と 月高く小さく見え星はさざめき
我がつぶやきをし話し合う 星は歌う 
人のいびき聞いて 合唱のやなぎ座
葉をゆらし垂れしだれ 声をホウとあげる 

 狐の天気予報:〇r2017050601
 狐はれ。よす、せた、とも。
 過去をとく、という。
 場所、いき。
 狐言:はるれ。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。   
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 [雑]
 音楽が分かる、曲が分かる、という。
病人がよく分かる。普通の人が聞く、伴奏を入れてある曲が
ある、これがよいという。伴奏の入っていない、単純なメロディー
だけのものがよいという。あくる日、血糖値が100下がった人という。
高血糖の人である。また、聞かせてくれという。無事、正常値を得た
人という。単純なメロディーだけである。これがよいという。
 病人がよく分かる音楽という。
 音楽にこの分野がある、独奏曲という。今、病院へ行けば、病院に
よって、静かにうっすらと音楽が流れていたりする。
 この病人が聞いた音楽は、どんな音楽か。ピアノ独奏を聞いたか、
CDのバイオリン独奏を聞いたか。曲名は?という。
 実は、私の駄作曲で、今、打鍵するコンピューターから流れる、
イヤホン聞きの曲である。20小節ほどの、強弱も何もつけてない、
ピアノの単純な20-30秒程の曲です。私の駄作曲を褒めて下さった
方である。少なからず、こういう方がおられます。
 音楽と健康という話です。
 何が専門ですか、といわれれば、ありませんと答える私です。
駄作の曲造りをしていますと答えます。私は音楽の、また、心理学の、
医学の、小節の・・・専門家ではありません。この文は、私が
思ったことを書いたものです。
 物理と、化学と、語学と・・・音楽の学と・・音楽と健康、医学と
・・・・。
 音楽と物理と、関係がありますか?。音楽と化学と関係があ
りますか?。音楽と健康と、関係がありますか。
 関係はありません、という。正しい答えです。それぞれの科学の
範囲をいう。物理には物理の範囲、化学には化学の範囲、・・・・
があります。化学の範囲に音楽はありません。音楽は、音楽を対象
とする、音楽の学、理論の範囲にあります。この音楽の学の範囲には、
健康、病気はありません。それは、医学、体育学?の範囲になります。
 一方、音楽は病気の治癒によい影響がある、こんな話がでます。
病院の音楽です。よい影響がある話です。
 健康な人が音楽を聞く、気軽なもの娯楽としてとらえる場合が多い
と思います。伴奏入りの音楽が好まれることになります。
映画、劇また様々なイベントに音楽が用いられる現象となります。
 私の作る曲は、まぎれもなく駄作です。健康を考えて作ったとか、
病気治癒の為とか、そういうことは考えていません。それは、
そういうことを研究している人、専門家のすることで、私のする
ことではありません。ただ上のような現象はあるということで、
音楽と血糖値の因果関係は?、また病気とは?、健康とは?、
といわれれば、あると答えます。駄作家の私の答えです。
 音楽をめで、病気の治癒を、健康維持を願うものです。
この文です。     
 
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/02/23れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜547大原練習167真夜中(相凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 こという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65377
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,519
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real. 
posted by 秋残り at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽