2017年05月14日

卒業1765・京都船旅665古譜535大原練習155千本(鳥居)小出し(相凶太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1765・京都船旅665古譜535大原練習155千本(鳥居)小出し(相凶太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/05/14晴造詞2017/05/11創曲
【拍子】 
【種類】みなさま
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
小出し鳥居の日 前山へ続く千本鳥居の
前の小出し道 大原続きの場 バラを植えた原
小さい鳥居を千本の前に作る 長い鳥居続く
千本道 綾花郡の小出し道 大きな池が横
小出し鳥居を作る 左手見れば連なる山

 狐の天気予報:〇r201705016
 狐よ。よき、ふ、とも。
 過去をとく、という。
 場所、ここ。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:なろ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 大きな鳥居の千本鳥居、山へ連なる鳥居道、
そこへ繋がる小さな鳥居の小出し鳥居という。
鷹さ1mの鳥居という。連なる長さは2kmほどとぞ。
大きな池が横にあり、右手である。そこに少し高くなった
場所から小さい鳥居を作る。千本鳥居という、弱速という、
鳥居作りという。ジャッカという、弱家の話である。
弱家村という。綾花郡の弱家である。これをみる話という。
千本鳥居の綾花山という。綾邊のうき、という。綾花の時
という。時山の楕円時という。これをつぶ山という。
つぶ山へ続く楕円の山という。大原のやら、とぞ。
この時の楕円を、ダミヨラという。楕円は空という。
楕円の空の時をダッキという。ダッキ時の空という。
これを時空という。時空の楕円とぞ。
 花よらのお書きという。楕円書きの文とぞ。これなるを。
そこが、みやすんすという場所である。シャンゼーとぞも。
 シャンゼラ・ラックの歌、これである。千本鳥居を呼ぶ
歌である。穴宮よりよ、作。この文である。
作者名、穴宮である。秋残りの文筆名である。  

小出し、紫の三角の鳥居、赤と青の柱。
千本鳥居、赤い鳥居と青い鳥居の交互、翠の柱まら、という。
この日の作である2017/05/14、作造。
    
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/02/09れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜535大原練習155千本(鳥居)小出し(相凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 しという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの船川にて
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65257
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,507
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業1767・京都船旅667古譜537大原練習157千本鳥居Y}(相凶太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1767・京都船旅667古譜537大原練習157千本鳥居(相凶太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/05/14晴創曲造詞
【拍子】 
【種類】君彼女:歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
君が見 千本鳥居の花の園 君が見 
瑠璃の池中の 青い赤い鳥居は 前山に
続く道 綾の広小路広小路
君私 ともに渡る 渡る 月の浜白
紅簪 頭の上に飾る飾る はんざし簪
手を添える君に 振袖に 月を呼び呼ぶ
柳手の双橋

 狐の天気予報:〇r201705016
 狐よ。よき、ふ、とも。
 過去をとく、という。
 場所、ここ。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:なろ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 綾浦辺を出発する日である。筐へ向かう、よいほろと
いう。ヨイトナの船の出向である。船の後ろが急に
上がっている船尾という。急で登れない坂とぞ。
ハラル号の出発である。綾花郡という。綾花郡の家裏の
川とぞ。さいらぎのゆ、という川名である。
 川ゆか、はたれ、るるれ。れみそのれれる、とぞ。
凶という場所へ向かう日の今日の日である。
 楕円の太陽という、この記念の船発である。
川波押し寄せる、かれぎる、という。カレーラルの
ペペソという。パルのえてよは、という。メルレル
ケッケクのペペルとぞ。パッスレーの凶行きという。
筐である場所とぞ。よわよわのいきはる、ペレルベス
という。ペスムスの強泊という。
 雨が降るよは、花やらききき、プルレル・レメフル
という。その日の出航である。日付2017/05/14。
はれやらレメレ、『出発』のお声ありてそ、ありはる。
ありれれれ。葦の着飾り、功花、行きてし行く。
テロルのかっくれ、という。出発の功である。
勇ましい出航という。
 綾花の家、窓をゆらし手を振るとぞ。アユレル・
ケンケラーという。イージス持つ山という。イージスの
艦という。ワンレル・タックのお書きという。
この花文である。    
    
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

ソウキョウ 1817/02/09れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100糸の宮,1800夏近宮,2000五条ヶ丘御息所
字、山、柳植え方

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜537大原練習157千本鳥居Y}(相凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 しという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの船川にて
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65277
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,509
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.  
posted by 秋残り at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽