2017年05月06日

卒業1757・京都船旅657古譜527大原練習147光柳(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1757・京都船旅657古譜527大原練習147光柳(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/05/05晴創曲造詞
【拍子】ピアノ曲 4/4  
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
小夜の柳 夜風受け そよそよ手振り
蛍を招く時 光、明滅に流れる川水
これを映す 懐かし我が宿探す蛍の灯
雪だおれなく 柳手向かえ

 狐の天気予報:〇r20170507
 狐さら。ほめそ、ほそめ、とも。
 過去をとく、という。
 場所、あつ。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:ぱゆ、ぱれ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 
    
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Dm Gm A7 Dm

ソウキョウ 1917/05/05れるる晴れみ(晴れら、とも) 
900日光堂,100近春,1800春宮,2000御息所
字、山の世、柳っと

 柳に雪折れなし、という。古来、柳を尊ぶ習慣とぞ。
正月松飾り、古い日は、柳を飾ったことという。
柳のたおやかをいう。柳手の招きという。吹く風に
逆らわず、止むを待つ姿勢のこととぞ。柳手、柳指、
柳腰と体の部署の名前に取り入れられた木とぞ。
また、柳晴れ、柳雨という気候の言いにも取り入れられ
てもいる。小野道風と柳に飛びつく蛙、どじょうと柳、
芸能のたっとびという。柳風の芸能の界という。
花柳界という。柳の木をたっとぶ風習の現れという。
 松柳という。病気が快癒するをいう。
膳に上がった柳をどじょうという。柳葉を浮かせた
茶の絵という。松尾の花とぞ。これを、ドッツという。
ドイツ柳という。流れをとる柳のさかやりという。
ドッツメッツという。ドルトルともいう。ドリックルの
山の絵、不滅山という。ふうらるという。柳の尊さを膳に
のせる、柳箸の祝う箸という。柳渡り箸の箸という。
渡り橋のなかやの絵という。人が休むをきゅうじんという。
休む人を求める人という。Qという、人Qである。これを、
Q取という。Qの柳飾り風という。柳をQの字に丸める飾り
という。正月の飾りという。大きく丸めて、門口にたてる
風柳口という。これをかざみという。風流である。
柳のめでという。柳をたっとぶ話です。
病人に待つ柳という。松明の町絵という。病気の癒えを
いう。松柳の待つ町である。ここを、正龍という。
正龍口の山、柳山という。 
 病人がたのむ待つを街という。理想行(りそうぎょう)
という。病人に健康を寄せる柳という。待つを松とぞ。
松柳が病気に功を奏する話という。健康人には、健康維持
という、その効である。柳の話をすれば、病気が退くを
いう。正柳という。
 古くからある柳を切れば、病人が出たり、事業が倒れたり
することがある。一理ある一里柳の宿という。りりゅうという、
りりょうの話である。柳の木を植えることである。植柳という。
事業が発展する話である。正しいを意味する正流という。
柳の風流しという。風流から出た風潮流という。
 朝にかけた歌である。朝風、柳流しという。風流の意味という。
長きの柳、枝を小枝(さえ)という。小枝柳、小夜吹き、長々き
夜を、川鴨下(かわかもしも)という。蛍の光の下流れ、映す
長流という。川の流れの長き(たけき)という。卓越の意味元で
ある。柳より出た、長柳木という。長流木とも。川沿いの景の
話とぞ。ドッツメラ・おんとよ、ドッツメラ・おんとせ、とぞ。
この話の秋のこす話という。空秋という、空きの秋である。
後続す。略。
 雪倒れ、行き倒れなく、柳おりおり、ありる、れれ葉、れれの
柳の形容とも。れれという、柳のことをいう。
れれれとぞ。れれ春のれま山という。
 礼々春の礼流という。礼法の柳解きである。
柳腰のたおやかおだや、おだやかをいう。冷静をかこつ
柳の礼木という。柳をとる礼法である。
 事業が悪化すれば植柳するという、病人が出れば家に柳を
置くという。正常化の経済流、病院流経済哲とぞ。黒字元の
書きとぞ。仕事をたっとぶ、柳の現しという。竜とも例える
柳木である。
 団体、また、個人に色んな噂が流れる時、柳を置くをいう。
噂が廃れるをいう。噂対処の一手段である。軽いノイローゼ
という、柳を見せれば良くなる話である。他に、松、銀杏・・・
という。正常を期す話である。気違いに葉物という。
ノッケ話という。柳に近づく、正常をとる話という。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜527大原練習147光柳(凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 しという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年孝月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの船川にて
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot:Umenoshin Makinoki


    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-65177
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@350,499
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽