2016年06月02日

卒業1246・京都船旅146距譜4冴え葉:イカスミ柳

【曲名】卒業1246・京都船旅146距譜4冴え葉(京盆讃歌) 
【創曲】2016/06/02創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】ピアノ
【演奏】麗人冷花
    C0コーラル    
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷
    葉冴える夜 膚寒く
    森の通る道 風騒ぐ
    はやとしを みたる
    急ぐみあし 手を振る
    かや直ぐ(やや直ぐ、とも)
    過ぎる 月薄く かかりばな
    日は新た夜を越え
    
    かや、やや:すぐ行く、この『すぐ』の
     度合いをいう。 
     
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
 --爪金楽塾--
 この曲は、ツウェルブ・バック、サーティーン・
 バック、ツウェルブ・サーティーンという、
9本指の指使いの曲です。
左手小指から、順に番号付けをして、1〜9、
半音をもそれぞれの指に当てて、9本という、
ツウェルブで、バックの戻り指であります。
ミを入れれば、サーティーンで10本と数えます。
10本指を全部使う番号振りになります。
新たに、ワン・テンという呼びに用います。
ドから高レ、ミまで、これを、ワンにして、
9本、10本の曲の呼びです。ド〜レ、ミまでで
できている曲をいいます。
((ナイン・ツウェルブ、9本12本という))
ピアノの指だてという、音楽家の住いのルックスを
いいます。12、13階立てのビルをも。
ツーテン、スリーテンの数え方です。
12を、オクターブ・メゾンという数えです。
12進法に用いる、6掛け数えです。
メゾン・ワン、メゾン・ツー・・・・・
メゾン・ワンで、+1、-1
メゾン・ツーで、+2、-2という、
12、13階建てを6階という、メゾン・シックスといい、
天井をダッシュという。13をダッシュにする、
ワン・テンという数えです。13を『奪う』という、
恐い話になります。13をキョゥという、13始めの
卒業です。6進法12進法の数えに用います。
13を『奪取』ということです。12進法を奪取前という、
建築の用法をいう。長くなりますので・・・・・
秋残り用語です。後述。
 
 和音
 二音でできた和音は、三音の和音から音を
一つ省略すればよいことになります。
今の、コード表記で、省略をどう表すか。
3音を省略する表記に、omit3、省3、略3・・・
Comit3、C省3、C略3・・・
(omit3はインターネットによる、注:駄作者探er)
Cから3音を省略する表記(ドソ)は、
Comit3 
C5 パワー
sus表記をすれば、Csus0
・・・・の表記ができます。
Csus0 → C とすれば、
この C は、ドミソか、ドソか、どちら
ですかとなります。解釈として、どちらも
入ったものになります。
C との表記から、
ある人が ドソドソドソ と弾き
ある人が ドミドミドミ と弾き
ある人が ドミソドミソ と弾いた、とすると
どの弾き方も普通の弾き方です。
この弾き方三つとも、 C の表記です。
Comitという表記、C5という表記は、
補いになります。
弾き方について、補えば、表記の和音を省略せずに
弾く、というようになります。
ある人が、ミソミソミソ と弾いた、また楽譜に
そうあったとします。
コード略号をつけます。
Em omit5・・ C omit1 ・・Em・・C・・
等につけられます。
 ただし、普通は、C と表記があれば、ドミソの
和音となります。

表記に、否定のnothing、not、no・・・
omitをoとして、これをとれば、
Cn3、Cno3、Co3 とも、書けます。
(Cn3、Cno3、Co3、 こんなコードがあれば、3音の
 省略表記には使えませんが・・注:駄作者不探)

susを指番号にあてます。仮に、
ど sus1 左手小
れ sus2   薬
み sus3   高
ふぁsus4   人
そ sus5 右手人 
ら sus6   高
し sus7   薬
ど sus8   小 と、すれば、
全部sus表記、指番号になります。
 これば、音は鍵盤にぶら下がっている、あるいは
鍵盤による、弦による・・・、穴にぶら下がっている
・・・・・、鉄の爪の女将のお言葉です。
C も指番号です。 135また024です。
 前、駄作の楽譜のedのところをsusとすれば、
Rely・sus 表記になります。
add on rely、add/rely、sus/rely・・・
 
(****ここ、数連述は、イメージ・トレーニングで
   駄作というのは、妄想でしょう。極、曲妄想
   です。妄想ついでに、ピアノの鍵盤キーの幅、
   長さを単位にして、ドの幅の造りと、妄想
   建築家です。オクターブ造りの、音楽家
   です。)
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       蒼郷 京盆 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『距譜4冴え葉』 
   山 楚 画巣 冴え葉印
                   


字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@560上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@560 
posted by 秋残り at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽