2016年02月16日

卒業1103・京都船旅3なつ :イカスミ柳

【曲名】卒業1103・京都船旅3なつ (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/16創曲造詞
【拍子】3/4 
【種類】市販プログラム
【演奏】 
【場所】
【歌詞】蒼京
ある晴れた昼上げに
帆を上げて浮き之く
葦の船家

【解説】京が水に浸かったという。余の記憶に
75日の雨続きという。この頃、余は葦萱
造りの家に住まうていた。これまでにも
何度か、京は水浸しにあっている。この
記録を卒業の項に音に託し残す。
 雨降りて降る。止むやいつぞにか。呉れ
明け、明け暮れ、いつもいつも大雨の続く。

日々是平雨、降り降り降り、止むをしらず。
日々是常雨、日を見ぬ時々、日を乞うる。
日々在平安、(日々あれ平安)
          水かさ、日々に、時に増す。
日々常川河、(日々常に川河)
          家の周り、水流れに流れ。
    日々見大海、(日々、大海を見る)
  大海に川は流るる。之を見ゆ。
     いざ、帆を上げよ。帆を上げる時である。
     浮いた葦の家。鉤に曲がった旗真を上げる。

    「フランク振る」
    若い人はいう。フランク振ると。若い人が振った
フランクである。鉤曲りの旗真(はたま)という。
旗の小さいものである。

これを、ふな(船)に、帆につけるという。帆を
上げるフランク振るである。後、フランク横(おう)
という。フランクフルトへ行ったともいう。
若い人の笑む間である、部屋である。葦船家の
最高の間である。

アルトハイゲマハ、これをアルトという。場所の
    アルツである、在津という。ザイアルベンベーの
赤という、赤い葦の家の家(や)という。この浦穂に
    帆を上げた時の賦である、譜である。

「みらう」
     今の世界をいう。これをみらう世という。今の
世界のまま、水に浸かったという。これを、昔の再興
という。昔、今の世界があったという。これができた、
今の世の昔の姿という。これを、れきしく、という。
歴史に繰りをとる、くりるぅらる、という。繰り返す
時の相という。時の姿のことである。歴史に繰り返すと
いう。これの相を、言葉の相、という、表現の一類で
ある。歴史は繰り返すという、言葉の一相である。

     フランクふる、へ行った、という。これを、
    フランクふる、という。フランク ふる 戸、を
    開けて、走って帆に懸けた鉤(まがり)旗、今も
船が使う旗である。はたもという旗である。
はたみもいう、斜め曲りの旗である。
     船手記(ふなしゅき)

本稿を卒業の挿入の項に処す。   
           
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       蒼京 の項  船の記     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『旗』真っ黒の旗、葦黒色という。
   若 矢 画はじむ
左右判、蒼の間にて
住処:蒼郷都不
  


字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@330上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@330 
posted by 秋残り at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月15日

卒業1101・京都船旅1水開け降ろし :イカスミ柳


sotu1100.wma">卒業1101・京都船旅1水開け降ろし
【曲名】卒業1100・夜行1水開け降ろし (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/14創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
初句 中村 草
あの水ぅを降ろしてくれろと
笑む子かな フ
見上げた天 手指し指差し
水を呼ぶ 深い天底
はるか真上の水の海 手指し取る
かのごとく笑む 敬海(よしうみ)の
上 たくさんある 水の底
穴開けて 
 (水をたらしてくれろ 笑み笑む
  せなしょいっ子の御お爺さん

【解説】『おお、よしよし』と仰り、火をたいて
    降ろされた御お爺御上様。石神もうでと
    いう。後、おひたき、という。
    日を焚く風習である。秋市という、秋残りの
    一呼びの名とぞ。秋葦(秋吉)をよる秋やらの
    ひとひ(一日)である。余が背負い背負われ児
    である。挿入譚(5回目の水浸し)
    
      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合所前 敬天秘話     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『水開け降ろし』
   山 楚 画巣   


字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
posted by 秋残り at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月14日

卒業959・夜行188赤舌 :イカスミ柳

【曲名】卒業959・夜行188赤舌 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/14創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
ぱっ 口の中の舌下は
赤い口に伸びる下舌(したじた、しもじた)
綿織り舌赤くふるうよ
朝山朝闇の舌織り
舟屋くれふむ あざら 
くみふるる あきら闇の
ふれるそも食む
【解説】そという、食事である。

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤舌』
   赤猿 キキ 画卿   
            
駄作者の作曲法 答案編 47/

----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『』     
評価『-+◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案47敬宮宮図航 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/14創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】
【演奏】
【場所】
【歌詞】ぽぷ ふるるはれらうなみ
おだるさくる うぬなまる
はふれぞ あしゆれ よしみや
たちて 四条海越え 天また天
見据え  めざす ひむがしぬはま
磯目 ゆふりあまら よっこるさま
ふるるす あれはるれ

【解説】ほぼ角型の船である。葦の塔を船中に
立てたふぬという、船である。
四条の海(よすじうみ、よつじうみ)という、
郷中の海を航行する船姿という。これに乗る
浜という、今の岸壁という、土浜の海辺浜岸
である。水びたしの郷都の頃という。
何度も、水に浸かった宮という。これをよしという、
葦宮の敬である。カックスの山という。海中の
中央という、頭だけが見えた島の尖という。
尖頭の山という。これを見て、ひむがしみむ、
という、東向きに船を操る航行という。
はなやらの沖という。はむみむのうるふる、
という。いまやらゆきゆきはふるれる、るるる。
こういきの浜という。宮山のふぬくぬ、という。
船をくぬ、という。くぬをくねという。くなともいう。
ふるやらのおこ、という。秋をのこるやる、という。
秋残りの秋こし、という。秋市という、今のこの地
である。余という、余がたまるふる、という。
たまたぬかはのゆるゆる、という。海の中に川が
流れていた話の頃という。京山のふる、という。
後、京都という。いなか山の頃である。
葦の里やらふけるす、という。京、山々の旅と
いう。京都船之き(ふないき)とぞ。船旅の一光景
である。余の記という。よき山のはお、という。
はふる山という。ひむがしとうふう、という。
白眉山という。白頭山ともいう。東の山の昔という。
はくれくという。はくれつの山並みという。
サンルヤックという。秋残り語の節である。
この山の絵の帆という。ほぼという。
帆をあげた余の船旅である。卒業の赤合の一挿話にする
歌である。赤合挿話の歌という。赤石の建宅という。
赤石屋敷の建造である。後、石の船を出すこの浜の
巌である。水ひき後の、巌島の石船建造の続きである。
余が見た建築である。水びたしの頃である。
     映 画 『敬宮宮図航』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『敬宮宮図航』
         背の高い葦、これをアシとぞ
          葦原 海春(うなはる)               
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
posted by 秋残り at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月13日

卒業958・夜行187赤食 :イカスミ柳

【曲名】卒業958・夜行187赤食 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/13創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
は 赤いごはん盛った赤い
おかず持った赤皿
赤米の料理見て きれい
赤祝いの花の日 赤い色の
色造り 聞いては 見ては
感謝 報恩感謝する
【解説】

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤食』
   赤米 祝 画卿   

            
駄作者の作曲法 答案編 46/

----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『』     
評価『-+◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案46葦ひき道 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/13創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】
【演奏】
【場所】
【歌詞】
【解説】ぴ 葦ひき海際 波寄せ道
足元に葦がひかれ葦びき道に
歩む 頭花 葦葵に 手に葦
葦きり道 葦しょっこ 肩に
かけては 葦畑際に川が流れ
ぴーきろと鳴く鳥飛ぶ 
葦の身辺
     
     映 画 『葦ひき道』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『葦ひき道』
          葦原 畑造               
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
posted by 秋残り at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月12日

卒業957・夜行186赤香道 :イカスミ柳

【曲名】卒業957・夜行186赤香道 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/12創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
ぷ 赤い字の赤い谷に咲く
ばらの花の香りをきく
大岩谷に風が吹きぬけると
花は舞うて よい匂い
谷前の園には竜巻花嵐
【解説】

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤香道』
   御園 花 画卿   
            
駄作者の作曲法 答案編 45/

----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『』     
評価『◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案45貝渡り (西山讃歌)
【創曲】2016/02/12創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】
【演奏】
【場所】
【歌詞】ぽ 葦浜のうぐいや 葦に
棲む貝々 青い貝 きれいな
殻の色 空を見ると水の空
葦原 うなべには渡る貝
葦の木海 おおらかに見て渡る
海を泳いで葦原に 憩う空の海に
泳ぐ日 ある日の貝 海渡り渡り

【解説】
     
     映 画 『貝渡り』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『貝渡り』
          貝野 天               
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500  
posted by 秋残り at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽