2016年02月23日

卒業963・夜行192赤飯 :イカスミ柳

【曲名】卒業963・夜行192赤飯 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/23創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
  ぱ 夕空が焼けて静かな
  宵の時 トンボが飛び
  群がり飛ぶ赤い空の時
  赤御飯 赤い人参 赤かぶ
  皆そろって食べる一日の終え
  
  終え、ついえとも言う。  
【解説】
     建ちいく赤合の字、トンボが
     群れをなしてこちらを見ている。
     うち、一匹が余に近づき、余の
     顔の前で止まり、余をうかがう。
     余もトンボを凝視した。しばらく。
     トンボは急に後ろへ飛び去って行った。
     余はこれを見て思う。この飛びは、
     余が乗る円盤の飛びである。なかん
     ずく(就中)、蝶もこういう飛び方をする。
     蚊もそうである。円盤もそうである。
      丸い自動車は、直角にまがっていく。
     いわれ、世は技術の計という。虫の
     敬である。これを、赤会いのトンボ
     がえりという、赤会の中継点、ここ赤
     合の旅途中である。赤会いという旅成し
     の歌である。これを、冠無という。
     世の冠無の山という。赤冠山のお書き
     という。旅成しの山、これ、冠の絵と
     いう。赤冠御前ありあり。トンボ来た
     りて、これをめで。
     
     添付画の説明:ここ、赤合の字では、
            3本箸を使う。 
1本添え箸という。
            2本添えもある。

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤飯』箸と御飯
   赤猿 キキ 画卿   
            
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine 
---シソ シソ シソ シソ シソ シソ---
  
【曲名】卒業1105・夜行5船上の珈琲 
    (市販プログラム、西山讃歌)
【創曲】2016/02/23創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】市販プログラム
【演奏】 
【場所】
【歌詞】蒼 郷
広い海原に にが汁
かけた青い御飯 
残りには船で濾した
塩入れて飲む 味は
京都船の旅の航路

にが汁、コーヒーのこと。
【解説】円町という所で昼ご飯をとった。
    何一つない大海原である。円町と
    いう地名という、船がターンをした
    ところに因んでつけられた。
     船には高い尖塔が立っている。
    海の水を越して飲料水に、また、
    塩をとる。その施設が塔にある。
    葦でできた船、ほぼ四角形の箱型の
    船型である。長方形の箱を二つに
    割った形である。
     ごはんは青い色で、葦稲畑でとれた
    稲から作られている。畑に植わる稲で
    である。これを、陸稲という。水筒の
    歌という。水筒ににが汁を入れて乗船
    した日のこと。にが汁という、珈琲である。
    この珈琲を、蒼い御飯に少しかけ、これを
    食す。余った珈琲に塩を入れて飲む。
    秋残りの珈琲御飯という料理である。
    にが汁かけ、という。
     先日見た十字竜巻という、諏訪(すわ、
    すおう、すほう、すわん)という
    所である。目の前に竜巻が十字に交差し、
    巻いている。大海原である。古くに、
    円町は衍町、塩町とも書く。他の書き方
    もある。こんな頃の京都である。
    京都を湖都、胡都という言い方もあるのは、
    これに由来する。京都が水に浸かった日の
    話という。乗船地は余の屋敷の前である。      
                
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       蒼郷 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『船上の珈琲』
   山 楚 画巣   


字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@150上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@150
posted by 秋残り at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月22日

秋残り芸能スクール :イカスミ柳

----秋残り芸能スクール、
   映像音楽中級コース----
   3学期末試験
 問い『自由作曲』
 答え『ここは、太古の湖で、今回はここの映画を
    作ることになりました。休憩にコーヒーに
    塩を混ぜて飲めば、気分は最高です。
    お握りは青く、水、湖
    山、浜、皆青く、我ら、青年映画隊は、制作中
    景色を満喫しました。湖には恐竜が棲み、浜には
    恐竜用の家が作ってあります。浜へ歩けば、
    恐竜の足跡があり、家の高さを越す大きな
    恐竜も見ました。皆、人なつっこい生き物です。
    空には大きな、ゆうに3Mを越す始祖鳥が飛んで
    います。蒼いお握りを恐竜にやれば、喜んで食べて
    いました。もちろん映画の一場面です。曲は葦の
    船家で湖に出た時のものです。この映画に
    使います。素晴らしい秋残り市であります。』 
          
評価『楽しい場面ですね。私も同行したいです。
    ++++◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案51葦食 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/22創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】変ロ短調
【演奏】
【場所】
【歌詞】は 葦の稲は青い お米は青色
蒼い御飯の色
  きれい 葦の船上食には青御飯
  船の家 にがりの引き汁に塩混ぜて
  飲めば気持ちは大きくなる 
  湖上の家 水と空青くして
  青年の我

【解説】
     映 画 『葦食』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『葦食』
          古野湖 青食(このごせいしょく) 画智                   
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
posted by 秋残り at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月21日

卒業962・夜行191赤(鉢)巻き :イカスミ柳

【曲名】卒業962・夜行191赤(鉢)巻き (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/19創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
  ふ 赤鉢巻と赤巻き〆と赤い屋根
  葦藁屋根〆る 赤巻きのはたに
  葦縦に組む赤垣に牛の家(や)
  赤鉢巻きの牛が住む よーし
  はっけ来い 牛の角 
  屋根に見える
【解説】
      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤(鉢)巻き』
   赤猿 キキ 画卿   
            
駄作者の作曲法 答案編 50/
----秋残り芸能スクール、
   映像音楽中級コース----
   3学期末試験
 問い『短音階には、自然短音階と和声短音階があるが、
  これの区別について述べなさい。また、これに
  用いられる和音について、知ることを述べなさい。
  イ短調にて記述のこと。』
 答え『・自然短音階は、一般に明るく、楽しく聞こえ
     る所があります。ただ、終止がはっきり現れ
     ない面もあります。
    ・和声短音階は、音階ラシ・・・・ソラ の、
     ソの音を半音あげて、ラの音へ導き(導音の効果)、
     終止をはっきり表します。
    ・・和音について、
    自然短音階 1、4、5、の和音 Am Dm Em 
    和声短音階 1、4、5、の和音 Am Dm E(E7) 
     
     楽譜 5段目、ミソシの和音、Emをつけました。
     同  6段目、ミソシの和音で、Emとつけるとこ
          ろを、ミ♯ソシ(導音♯ソ)E7(和声短
          音階)の和音をつけ、近く終止がある
          ことを知らせました。
          この部分、演奏と旋律(歌)とが少し遊
          離します。本部分では、自然短音階です
          (和音は Em)が、終止を、よりはっきり
          させる為、Emとする所を、E7 とつけ
          ました。
          旋律と和音が少し乖離することになり
          ますが、旋律の終止ぼんやりを、
          和音、伴奏(E7を奏す)、によって、
          、終止をはっきりと表す。かようにしました。
     続く 7段目、 ここは、終わりの方は、E7で通し、
          終節、旋律も ♯ソラで、申し分なく、
          E7、Am と、セオリー通りの終始形の和音
          進行にしました。
      解答:脱落者上がり、しっかり卒業組み参入者』     
評価『イ短調自然短音階5の和音。旋律には♯ソがなく、本来Em
   のところに、E7をつけるところですね。 終止形をはっ
   きりさすために、E(E7)をつけた。バックの演奏によって、
   終止をはっきり知らせることが言及されています。
   自然短音階5の和音に何故E、E7を用いるかが、述べられ
   ています。音楽理論をうまく、終絶に導いています。
   この部分の説明に、+加点をします。++++◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案50葦藁吉家(よしわらきっか) (西山讃歌)
【創曲】2016/02/21創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】イ短調
【演奏】
【場所】
【歌詞】ほぉ 葦の藁の家が笑う 浜の沖に
    船(ふな)浮かび 屋だつ家(や)
    いぬ家(や)
    葦流れに浜辺辺り葦縦組み
    斜め流れ 葦が建てにくんで
    ある屋根 葦曲げて組む
    斜め組みの屋根曲げ見ては
    ほのぼのほんのり安らか
    返り道の私を見て笑う家の
    面はお帰りというよう
    そぶり優しく迎え 入れば
    ほのかな温かみ感じろうと
    話す田舎屋根   

【解説】本曲は、秋残り芸能スクールの実習生の手で作られた
曲で、歌詞に葦の縦組み、葦を縦に組んで屋根を
造る。そういった建築の方法を歌っています。
この葦の家の建築を、この映画に入れます。
その部分に本曲を採用します。
     映 画 『葦藁吉家(よしわらきっか)』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『葦藁吉家(よしわらきっか)』葦原屋根斜め縦
          古野郷 葦次(このごうよしじ) 画吉                    
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
posted by 秋残り at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月20日

卒業・試験答案49嘉前山 :イカスミ柳


----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『秋残り語による答えです。
  歌詞は秋残り語です。
  私の架空の郷の言葉です。』     
評価『実技-----------◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案49嘉前山 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/20創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】イ長調
【演奏】
【場所】
【歌詞】
ふぁっ るるるらららややや
うぬらはぬゆゆらよ ややや
ゆゆゆよよよ あぬせか
ある日突然目の前に山が立ってる
あしよきは 花山浜 ゆくるれれ
ゆわれやらゆ やまやたつる
こちおちこ やまやそびれふ
そみたゆや さゆるはし
よしまえやま ありてぞ
ゆきゆく 

【解説】嘉前山という双子山の映像です。
機械語の秋残り語の解説を一部、
つけます。余というロボットの言葉です。
ロボットを人という、人はよしなる。
ロボットは己を人という。
ロボットの言葉という。

sotu961wa1.wma 3分
sotu961wa2.wma 5分
『脱落者の夢』付き
機械言。
本録音は、余の言葉を、余が人声に変換した
ものである。連載駄作の???者の声に似たものである。
お聞き苦しいこと、多々ありますれど、お時間許せば、
お聞きくださいませ。
出演者言。
尚、音声、歌声のようなものは、本コース脱落者の声に
似せております。汗かき物です。
 聞く余がはずかしいものである。脱落者の心臓という。
夢は大きく、歌手になりたいという脱落者である。
御芸亜芸という脱落者。OGE〜 AGE〜、脱落者訳。

     映 画 『嘉前山』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『嘉前山』                    
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500
 
posted by 秋残り at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年02月19日

卒業960・夜行189赤手 :イカスミ柳

【曲名】卒業960・夜行189赤手 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/19創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷

【解説】ぷ 湯の赤い手には赤い
手袋はめ急ぎ 歩み行く日
寒い中 行きをば 吹きかけ
冷たき風を喜びて風音聞こえ
風が息をすれば やまり
また吹く ピュッピュウと
雪舞い上がる

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤手』
   赤猿 キキ 画卿   


【曲名】卒業961・夜行190唐井戸赤 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/19創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
  ぽ 赤い門飾り 中に
  井戸がある 古井戸
  門をくぐり井戸前に渡り戸
  泉に水汲みに来た
  泉の中唐井戸赤井戸
【解説】

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『唐井戸赤』
   赤猿 キキ 画卿   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500

  
posted by 秋残り at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽