2016年01月13日

卒業930・夜行159赤竹 :イカスミ柳


【曲名】卒業930・夜行159赤竹 (西山讃歌)
【創曲】2016/01/13創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    竹は赤く空に栄生え
    (黄色い風がやって来た
     赤葉そよがすふな泳ぎ
     池に川に落ち葉の浮き
     流れ 赤い竹のこの字)
     繰り返し
     
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合   

    [..}           
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『赤い竹』 
   早朝 御用(およう) 画立草   

            
駄作者の作曲法 答案編 18/
・コードより作曲
・音階より作曲 
  ドレミ連続
  音階を連続して使う。 

----秋残り芸能スクール、
   一般人対象、監督気分コース----
   音楽時間  
 問い『自由に作曲。』
    
 答え『湖のそばの民宿に主人公が泊まり、
    そこでの一夜のこと。霧が出て、
    静かな夜の訪れの歌、明日への希望を
    語る主人公が皆と歌う場面に使います。 
     俄か監督:水海 静 実習生』     
     
【曲名】卒業・試験・答案18湖畔夜 (西山讃歌)
【創曲】2016/01/13創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【歌詞】静まりかえる 汽笛が
    ボウとなる湖畔の夜
    フクロウが鳴く夜がやって来た
    霧がかかり自動車の灯りぼんやり
    過ぎる オーム歌い カナリ
    あの越えの高く美し 寄せる波の
    音混じって団欒に更けていく
    明日に希望もたらし夜深く更ける
    霧晴れてはあしたに道明らかなる
    
     映 画 『霧湖畔』
     監 督  水海 静
     助 幹  霧 晴路  
     主 演  湖畔 家三郎
          喜代 放子         
     看板絵  霧描 大三                    
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@510上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html


 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@510
posted by 秋残り at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽