2015年12月12日

卒業910・夜行140段上赤屋 :イカスミ柳

【曲名】『 卒業910・夜行140段上赤屋(西山讃歌)』
【創曲】2015/12/12創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
階段上がって行く赤胴の屋
     〃
上がれば向こう見る遠く見渡す
     〃
高い赤岩大地 楽し家と
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話赤合     
           
[..] 

駄作者の作曲法 応用編 12/
旋律からの作曲
  とびはなれた高さの音符を予め
 各小節に記譜します。次に、小節を
 うめていきます。
 
----秋残り芸能スクール
   スーパースター育成科----
 ミュージシャン科ギター部門期末試験   
 問い『次の楽譜は作曲途中です。空いて
    いるところに記譜して下さい。
    使用音符は、2、4、8、16分、
    2拍3連符可、付点音符は16分音符不可。
    コードが付されていますが、これに
    こだわらず、また、音符の音価も変
    えてもよろしい。
    (青色が出題部分、黒色で記入して
    下さい。)』
    
 答え『設問を見れば、音の高低が飛び離れて、
    歌いにくいところがありました。これを、
    歌いやすく、その部分、音符をはさみま
    した。
     今、映画の撮影の実習をしていますが、
    この一場面に挿入歌としてつかいたく
    思います。』
     
「 卒業・試験12望憶 」
     湖に浮く島遠くに錨を降ろす港か
     船が行く 君私 足引きの場 湖面は
     さざなう波寄せて浜 宿の屋根 赤く見え
     過去に来たぼんやりした憶え今再び
     訪ね この地 若い日々の船行き 思い出
     映画「陶器の船」 
     監督 湖地 浜来(こちはまき)
     主演 紫 船義 (むらしきふなよし)
        小村黄多春(こむらきたはる)
     看板 青 一色
     みどり浜にて撮影
           
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者 上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『段上』 
   早朝 御葉雲(おはぐも) 画立草   

 



***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者
   
posted by 秋残り at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽