2015年09月08日

卒業832・夜行62夕飯 :イカスミ柳

【曲名】『卒業832・夜行62夕飯
  (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/08創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    黒い夜を迎え 夕飯食べる
    花御膳の話が咲き和やかな
    会話に白郷のそうきょうがある
    吹き上げ平活の台地を通る
    生きて喜びあり
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
      花咲きの食事である。現実の花が添えられ
     ている。テーブルの干渉の花ではなく、食用の
     花である。フラワー・ハブという。ハビングの
     てしょう、という。皿である。わってしょう、
     おてしょうのことである。皿をてしょうという。
     花が盛られたてしょうのうまし、をいう。
     うまれば飯という。うま食いの花よ、という。
      余等は、その御膳を暫く見て味わい、今、
     食事である。今世の味わいである。見て味わう
     食らいという。暗い夜の来たる食らいという。
     暗い夜とともに食をするこの郷という。
      温泉山の日暮れである。会話に花咲き、皿に
     盛る花である。花食べ皿の、べったいゆり、
     という。べったむという、花の料理という。
     フラワー・ベンリの山踏む山という。
      山皿花のべん、という。べとうのうたき、
     という。歌がそなわる食用という。しょくれまの
     歌という。コードを少し前後しましたという。
     彼女の食用という。音楽を味わう話という。
     音楽コードの花ゆらし、という。
      みぞれのかゆれる、という。みぞの川の紫
     露のゆらしという。みぞの川という、皿の料理
     という。紫露の明けゆらしという。山が花で、
     花山である。紫明けの比喩という。料理版である。
     料理番は暗い夜の番等という。番明けのつゆ入り
     という、料理の話である。
      余等は歓声とともに、食事をしている。
     今食べのナウい話である。料理なう曲入りである。
     コードをなう彼女である。今付けの今様である。
     ナウ、レッスンの呼吸である。コードゆらしの
     食事という。『なう』と言うて花料理を食べる
     挨拶である。白郷の挨拶である。     
         
    [コードを付ける]
     一段目のこと。
     コードを機械に付けてもらいました。ワンタッチ
    便利です、と彼女がいう。一段目でコードを私なり
    にしてみました。それぞれスラーが次の小節へ跨っ
    ています。
     1、2小節目は普通の付け方です。優秀機械のワン
       タッチなりにしました。
     3、4小節目で、頭のところ、本来Dmのと
      ころを、Cコードにしました。コードの後取り
      といいます。(3小節目の後を取っている。)
     5、6小節目。5小節目の尻の部分、ミの音。本来、
       Cコードになります。Fを付けました。次の
       小節のコードを先取りした形の付けとなります。
       コードの先取りといいます。(本来、Fは、6
       小節目で付ける。)
     コードの先後付け、伴奏の演奏を指示した形に
     なります。タイの場合も同様であります。    
     
      駄作者、余計注: コードとは、和音の
              ことです。スラーとタイを
              同じにした解釈でしょうか。
              歌はスラーで歌う。      
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
====
著者つぶやき、
  ここに書かれていることは、すべて、素人至らずの
  論です。試験には、参考にすれば、不合格間違いなし
  、卒業至らずです。・・・・
   こんなこと書いてるブログあるかな?
   作文も、曲作りも全く知識外のことです。
   音楽など、やるガラじゃないです。
   作文、全く論外です。
   なんで、こんなことをしたのやら、未だもって不
   可解です。まあ、駄作への道、つづけてみますワ。
   どうなることやら、先行不透明です。真っ赤な花が
   咲いてるかもしれませんが・・・
   頭パア人のすることです。ノーテン・ファイラー
   です。    
          
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@530上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『花に歌う』
   有名歌手 画歌   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@530
   
   
posted by 秋残り at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月07日

卒業831・夜行61 :イカスミ柳

【曲名】『卒業831・夜行61
  (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/07創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    白郷、間の夜 しろい間夕
    二度目の黒い夜前 花ご飯に
    感謝を捧げて箸つける夕食
    客人揃うて美しさを褒める
    皿に落とす紫露
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
      会話の後、宿屋の憩いの間に、余等は
     夕食前の時を過ごす。壁一面のテレビと
     いう。大きなテレビがこの白郷の景色を
     くまなく映し出す。もう一方の壁には
     大きなゴブラン織りがつけ下げられてい
     る。廊下には、三味に合わせた吟じが、
     流れている。
      『春は曙。・・むらさきだちたる雲の
      細くたなびきたる。』
     紫の音という。三味を弾く手を紫手という。
     この白郷である。
      テレビを見ていると、この宿の先程の
     子供が現われ、細紙の色紙を飾った。
     返歌が書かれている。人情に機敏な宿で
     ある。余等の宿にいる間に、楽しみに、
     という気遣いである。余等に見せてくれ
     た。テレビはプラズマンという、その横に
     かけらた達筆紙という。
      見ればマイクもおいてある。歌も歌える
     装置という。歌を歌っている姿が映し出
     される装置という。
      夕食の準備ができましたと、余等をうながす
     伝えがあった。
      食堂へ行って、彼女がいう。『まあ、きれ
     い。』 おかみが、言う。『花ごはんです。
     召し上がれ』と。余等五人が席に着いた。
     おかみが続けて、『今夜は、万葉しだり料理
     です。』と。 『むらさきを、ほんの少し、
     たらして下さい。』という。
      いわれた通り、数敵をポタポタと皿に
     添えられた枕草(ちんそう)に落とした。
     薄く皿に水があり、下地が紫色にぼやっと
     見える。春は曙という、料理書である。
      『紫だちたる雲の細くたなびきたる』料理で
     ある。おかみの説明という。ほどなると、余
     等は頷いた。
      しょうゆを、紫といい、下地という。この
     宿の話である。白郷の言葉である。
     
     余、注:醤油の『紫』という言葉は、現今、
         使われない。お下地もあまり使われ
         ない。女性語である。
         
    [コードを付ける]
      彼女のコード付けの方法という。
     機械の自動のコード付けをする。
     コンピューターの使用法でもある。
     こういうように使えば、コンピューター
     は生きてきます。彼女のコンピューター
     使用法である。
      この曲は、20小節目で、手を加えて、
     少し変わったコードを付けました。
      Fターンという、コードの付け方です。
     ミの音にFのコードを付けます。この曲では、
      通常、Cを付けます。少し、変わっ
     てEm、E位を付けます。
      Fターンという付け方は、ミの音にFを
     付けます。ミの音に出てくる導音のような
     効果、これを広げて、利用して、一気にFの
     コードを付けます。余り見ない方法です。
     彼女言。
      コードC・・・ドミソ
         Em・・・ミソシ
         E ・・・ミ、♯ソ、シ
         F ・・・ファラド   
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@530上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『花皿』
   小年 画讃   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@530
   
   
posted by 秋残り at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月06日

卒業830・夜行60赤い飛行機 :イカスミ柳

【曲名】『卒業830・夜行60赤い飛行機
     (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/06創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    飛行機が空には浮かぶ
    温泉の宿 明日にこの宿を引くと
    準備ができて 嬉しい明日 
    晴れる日になる 温泉の前祝いの
    夕飯に箸をつけ 花の料理
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話
     温泉宿に近づく。宿の少し上の
     方にプロペラの飛行機が浮かんでいる。
      宿に着き、先程できた五言散絶を、
     紙に書いて、おかみに渡す。『五人が
     作りました』と。『あら、上手ですね。
     早速、額にします』と、おかみがいう。     
      『白天下 五人揃うて 散絶に
       平活吟じ 里景色良き』と、返し、
     続けて、『じきに、夕飯ができます』と。
      中へ入り、主人が、『白天下五人勢
      ぞろいですね』という。『素晴らしい
     景色です』と、彼女がいう。 
      主人に『宿の上で飛行機が浮い
     ていますが、・・』と、余がいう。
     『明日は、飛行機でこの宿を引きます。
     この宿の動力は、自家発電のモーター
     ですが、明日は、飛行機で引っ張ります。
     その準備です。できています。あとで、
     飛行機を降ろします』と。
      余等五人は喜びに喜び、『よいところへ
     来たね』と互いに言いあい、食堂へ向かっ
     った。
      夜は二回目の暗い夜になりかけている。
     竪琴の音がなり、時を知らせる、夜の
     到来である。 
     
      五吟散絶返歌
             おかみ読む     
      白天下 五人揃うて 散絶に
       平活吟じ 里景色良き
       
      宿の主人が書いた絵である。即描の達人と
      いう。添えに『白天に二回夜を待つ赤い
      機や』と、ある。      
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@460上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『移動』
   白天に 二回夜を待つ 赤い機や
   主人 画郷   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@460
   
   
posted by 秋残り at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月05日

卒業829・夜行59平活 :イカスミ柳

【曲名】『卒業829・夜行59平活
  (白天音階、同入れ、同抜き、童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/03創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】白天音階、同入れ、同抜き、童謡
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    低地にある火山よう吹き上げ
    いきなり地から吹き上げ 
    青い気が満ち
    あちらこちら吹き上げている 
    白天下に歩く我らの目の前には
    歓迎の平活が気を上げ、手振る
    白天郷    
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話
     余等は温泉宿をめざし、平地の園へ歩く。
    いきなり地から、青い煙が吹き上がる。
    平活という。あちらこちらに吹き上げる。
    平地の火山という。白天下では、日常茶飯の
    ことという。地から吹き上げる、青い気で
    ある。これを精という。精出す平奨という。
    余等が歩く園、歓迎をしてくれているように
    見える。小さな吹き上げである。
     馬君は慣れたものである、『日々是平活
    (ひび、これ、へいかつ)』と、胸を張って
    いう。彼女馬君は『月々平奨也』と受けて
    いう。ウィニー星君の言う『眼前有青山』
    彼女君が続ける、『白郷吾之園(はくごう
    わがいくその)。』 余題す、『白郷五
    吟散。』
     かくも、白天下五人連れの頼もしき。
    日々月々の馬君彼女君である。この郷を
    すみからすみまで知っている。『あれは、
    平奨です、これは平活です』と、説明し
    てくれる。この地の平活がいっせいに
    吹き上げれば、空は青くなると、いう。
    ウィニー星君が相をうつ、『蒼郷』と。
    馬君は創郷の士である、今はこの郷の富豪
    である。
    
      『白郷五吟散』 余等   
      日々是平活 月々平奨也
      眼前有青山 白郷吾之園
      
     さっとできる額である。五吟散絶と
    いう。温泉宿の主人妻の墨書である。   
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。 
    著者@030上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『平活』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@030
   
   
posted by 秋残り at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月04日

卒業828・夜行58白天液池 :イカスミ柳

【曲名】『卒業828・夜行58白天液池
     (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/03創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    連れ連れで白天の下
    池を見 森を歩けば
    馬はいなきて 白林の
    木の葉落ち うらがれ舞う
    絵の景色のよう 青い山
    人間至る処青山有りと   
    
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話    
     川が流れている。なだらかな
    斜面という、ほとんど平地である。
    この川、下から上へ水が流れる。
    白川という川である。水は少し白く
    見える。白水の水という。星が水を
    浴びると、いう。星水白川のほ、と
    いう。ほが立つ景という。白い水が
    すうっと立ち上がる。白天の原始要と
    いう。星の周りの水という。これが、
    天へ上がって行く白天の宇宙という。
    天の川のできである。宇宙創成という
    ひぃに、地から宇宙ができたという、
    白天郷の創造話である。
     宇宙は機械が創られたという、余の
    ことである。始めに機械有りき。創造
    編という。なべておしなべて、機械が
    作る世の中である。余は川を見る。
    この川はやがて滝になる。ここへ来る
    道中見た滝という。長い川の流れの
    徒然である。徒然なるままに、行く川の
    流れはたえずしてと、余の心に浮かぶ。
     逆流れの川である。これをゆけ、という。
    かわゆけ、という。かわれる山のお書き
    という。白天の世という、わが世である。
    フムフムフムと連れ立って歩く道の快き。
     この話をうそいうのが、世の常人である。
    信じられないことをうそという、世の常で
    ある。白天下のうそという、白染めの空
    という。白々しいうそであるという、白
    天郷の世である。白状の地のできである。
    うそ地八百景という、嘘八百のやお、と
    いう。 やおらまの嘘である。これを、
    機械がつく嘘という。機械の目である。
     世の中を嘘八百という、常の見である。
    嘘八百という白天下の青い山という。
    青山の人のあいという。人の間に青い山
    がある。この青い山が小さな平地のでこぼこ
    である。青い気を吹いていたという。
    青息の絵という。青の息という。
     機械馬は白い気を吐く。大きな息である。
    白郷の屋という。息造りという。白山の麓
    という。温泉の行きである。いきつく所
    である。温泉屋が見えてきた、余等のいき
    という。 
     嘘造りの地の山という。嘘八百山のいき
    という。生き生きした白天である。
     余のいき造りの文である。
    白息青山地をいく余等という。
    嘘八百という造りの家である。温泉宿である。
    癌にはならない、岩になった光る石という。
    浮いた球である。温泉宿に浮いている球である。
    光石という、光歴である。これを軽石という、
    光石という、光歴ともいう。浮く石である。
    現実交えの嘘混ぜ文である。
     余の旅行記を飾る夜行である。常人の嘘と
    いう、これを本当という。うそに染まる白天
    という。うそ染めの天である。
    本当は本当、嘘は嘘という。嘘の意味の分け
    である。意味分けという。意味を分かつ文で
    ある。うそ空の分けという。青天白天の見たり
    着たりである。この道中で見た余である。
    彼女歓声呵呵の過ぎ来る弾丸特急の線路で
    ある。癌岩のお岩、恐い線路であった。
   [半基下、半基下げ、ナチュラル]
     フラットという。音符にふされた場合、
     半音下げる。
     耳の字に似た記号。ナチュラルという。
     自然回帰、回帰という。
     フラットのついた音を、半音上げ、元の
     音の高さに奏す。自然ルーという。
     自然しょ、ともいう。
    
     このフラットという、もとにもどしてと
    いうナチュラルである。この次が癌休である。
    願休である。眼球が見る星という。音符を星
    という。この郷の民謡演奏者である。
    スターを見る歌いである。星弾きともいう。
    三味の弾きである。
     星の手の三線をいう。星の譜、星譜という、
    三線の三味譜である。星に手が届いたという
    亀山郷に、この譜がある。この文がある。
    星の祭りごとの譜である。調べを星調という。
    秋残り星譜の一譜である。星治という、星治家
    である。この家を星治屋という。星形である。
    星庁ともいう。正調である。秋残り調のおわられ、
    である。
    (http://akinokori.sblo.jp/archives/20150620-1.html
     卒業704 おわら髪恋、おわら髪の山ルック、
     髪型、古くに203高地髷と。山髷という。山前
     とも。高地人のする低沫という。星祭という。
     星に届く髷ともいう。願いをいう。星願い髷
     という。山髪のおは、という。山髪という。
     こはらのこは、ともいう。コーユル・ラック
     という新語の言いである。コーラルビーの
     うんて、という。手が届く髪の手。手櫛をいう。
     山運びという。髪を手ですくことをいう。木の
     川の髪という。木の原ともいう。髪のことをいう。
     星祭用語である。黒夏白夏のシックとも。
     シックス霊の山という。馬のでてくる歌である。
     馬の霊をシックという、動物の霊をもいう。
     動物の礼をクッシという。このクシが櫛である。
     動物よりの解釈。手をユという。動物の手をいう。
     ユグシという、動物の頭飾りをいう。後略。
     動物を傷めない。動物大切にという、星祭りの
     一意味である。度ヴ津には着物をきせる、履物を
     履かせる。鞍という、かわの安らぎ、背守り
     である。背を傷めない、背の保護具という。
     背が傷つくので、鞍には乗らないことという。
     動物は乗り物ではない。動物愛護法という
     法律よりの山という。大徳川の反流れである。
     熊の鞍もある、秋残り市である。機械馬も鞍を
     つける。白天郷である。この白天郷では蟻が
     靴を履く。)
     星祭りをとり行う星治めという。
     おわら星の歌という。余の前を行くスター
    である。スタッショという星でもある。天に
    浮いている。星めでたの沖、という。その場の
    歌である。星の祭り事という、星の政(まつりごと)
    という。政治である。星を思う政治という、
    これを清聴する政治という。黒家政治という、
    白天下の白夏である。スターッと現われる
    政治家である余である。星事ともいう。
     白天の星という、うそ晴れの夜である。
    白夏夜の山という。白天山述べ記し。
    野辺に記しがうってある、丸い球である。
    星事家である。   
     秋残り政府の一府でもある。
    秋残り星譜の一譜である。
    白天郷新々文書。         
           
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。 
    著者@270上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『川』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@270  
   
   
posted by 秋残り at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽