2015年09月12日

卒業837・夜行67ニ夜来 :イカスミ柳

【曲名】『卒業837・夜行67ニ夜来
  (3ht-E、同抜き、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/11創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】3ht-E、同抜き
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    白郷の夜はふけて 二回黒い
    夜は来る 君は手を上げて
    来た来たと叫ぶ 小鳥が歌い
    夜はめでたく来たよ ほのかに
    闇が訪ねる 白染めの里
    黒い二回目の夜 来たれ夜
    ファ     
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
    馬君が踊っている。今度はレゲエの
    リズムという。見ているとなんだか楽しく
    なり、少量白郷酒を口に入れた余も
    浮き浮き。ここは、白郷酒の名産地と
    主人が言っていた。白い酒である。
     歌は、かの白郷きっての、抜き音階という、
    半音階から音階を抜く。それから、作って
    あるこの民歌の一種という。酒の酔いも
    あり、聞けば、この上げ下げは心地よい
    ものである。抜いた音階を添えておく、
    歌もあるという。半音階の里である。
    色々と抜いている話という。
    抜きの心地よさという、略という、
    駄作家に愛用されている。余の指摘である。
     黒い夜が黒抜きに会うたという。白い
    夜がやってくる、抜きの里である。これを
    白抜きという、白郷の言いである。
    音階も抜いていこうという、この白郷民歌
    である。半音階の一種である。独特の音階
    である。白郷ならではの歌である。これが
    民謡である。民歌という、白郷である。
     抜きのよさを存分味わう余である。
    この歌の音階は奇妙な音階である。白天が
    来たりてなせる技である。  
     3半音音階という。かの秋残り大学で考案
    されたものであるが、これを抜こうという、
    白郷民の意気である。余言。
     半音階作曲の一手がかりになるやも。
    かの、駄作曲家に知らせたい余である。
     白郷を訪ねれば、音階は抜かれている。
    その音階である。 余注:白郷秘話 
          
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@410上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『ゆういも』 
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@410
   
   
posted by 秋残り at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業836・夜行66白夕愛歌 :イカスミ柳

【曲名】『卒業836・夜行66白夕愛歌
  (ハ短旋律短、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/11創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】ハ旋短
【演奏】白郷民歌カルテット、ピアノ主人
【歌詞】夜行之国里行草郷
     君歌えば 白い夜に黒い夜が
     訪ね来る ここは温泉が湧いて
     いる 花御膳食べて 夜二回を
     味わうと 蝶舞う 部屋に入って
     う歌う君の手にとまり 夕闇更けて
     歌流し 君 ファ
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
      好来姉が歌っていると、蝶が来て、
      舞う。40cm程の大きさである。姉の
      手に止まり、歌を聞き、手をする。
        君彼女が微笑み、目を細め、
      ウィニーも空中ではしゃいでいる。
      馬君カップルも立ってダンスを
      している。和やかな宴に、心より
      白夕を愛でる、この温泉宿である。
        主人は、ピアノを奏で、歌は流れ
      余も小さな声で歌ってみた。彼女も
      歌っている。
        白郷の音楽好きな一家である。
       
       楽譜を見て、彼女がいう。
短音階ですが、長音階の和音
      がつけられていますね。一瞬につけられた
      コードである。そのままという。機械を愛する
      白郷のコードづけでもある。     
          
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@340上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『ゆういも』 
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@340
   
   
posted by 秋残り at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月11日

卒業835・夜行65花ぬき :イカスミ柳

【曲名】『卒業835・夜行65花ぬき
  (三半音音階、同抜き、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/11創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】三半音音階、同抜き
【演奏】宿主人、 好来姉歌
【歌詞】夜行之国里行草郷
    半音より二つ抜くと ドレファラ
    これ抜く音階
    花芋御膳より三つ手を叩き拝む
    手音高くうやうやしく感謝を
    捧げては 花を頂く 美しい
    ご飯の花のそえあえ 三半音
    音階交じりの歌 花御膳の歌
    お爺さんお婆さんお顔おあり
    あり ファファ 
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
     余等が食卓にいる時、そばへ来て、
    好来姉が歌を歌ってくれた。花ぬき
    という、花御膳の歌である。音階が
    三つの音階より出来ている。半音音階
    と、三半音音階と、三半音を抜いたその
    余りの音階という。好来姉は、君彼女に
    楽譜を見せた。白郷の歌である。
     民歌という、ご飯の時に歌う歌である。
    この里にある民歌である。ファで終わる
    歌である。
     見事な芋のご飯の花に歌は添わる。
    白郷夕の歌流れ、白い空の来る里。
    うれしきかな、たのしきかな。
    歌に聞く、花御膳の美しき。
    快なり、快なり。
    
   [音階]
    君彼女説く。
    12半音の1オクターブ。
    これを三つ目にとる音階、三半音音階
    といいます。3ht-C、 C(ど)より始め、
    三つ目の音を取る、ド、♯レ、♯ファ、ラ
    の音階。あと、D,Eと3種類あります。
     本楽譜は、この3種類を入れています。
    半音音階より、3半音音階の音を抜く。
    3半音音階抜き音階です。
    これを入れて使っています。
     曲は、半音音階、3半音音階、同抜き
    音階と進行し、最終の音にファの音を
    使い、白郷の歌の終止となります。
    音階の説明をそれぞれ、奇数段にいれ
    ています。
          
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@230上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『はないも』 
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@230
   
   
posted by 秋残り at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月10日

卒業834・夜行64白居 :イカスミ柳

【曲名】『卒業834・夜行64白居
  (尤音終、童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/10創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】演奏、余  歌、インコ合唱団
【歌詞】夜行之国里行草郷
    白郷今宵致す夜話(やわ、よわ)の
    ゆきは あたら世の穂 歌 部屋の
    間に居(い) 君がたゆる頬白きを
    はばや うなやくはる ばる 
    あな尊き世のありる
    山と川に夜はくファ    
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
     白郷の二回夕という。訪れをいとう
    たゆ、という。うみやらのくれ、という。
    さってくれって、という。さてくれの促音
    という。わという、この頃の言葉という。
    大和朝という。ようよう白くなりゆく、と
    いう平安の頃という。よっよ、しろっく、
    という大和朝という。促音の里である。
    ふるう御世、という。やゆやゆのえく、とぞ。
    古い話である。ふるた山という。山が歩く頃
    という。やまやま散得という。散歩という。
    古くをいう。やまぜ、という。やまゆ、と
    いう。やた、という。やら、という。やせの、
    やの音という。や、という。やまゆらの
    けっすく、という。景色の花の見という。
    花ゆらあわしょ、とぞ。枕草が騒いでいた頃
    である。白郷屋のお湯という。ゆゆゆ、という。
    ゆゆゆの屋という。ここに寝るという。
    花よりねむ、という。花御膳という、いたす
    とり、という。花御膳を食べることという。
    花食べのやお、という。やまおのく、という。
    やまれるやた、という。やまれたさつ、という。
    二回夜のさつ、という。サツマイモのことをいう。
    花付きである。食べる人という。あっさか、
    という。あさ山の間という。まま、という。
    ご飯という。 二回き山の、二回食という。
    夕食を二回食べる頃の人という。さつの絵の
    山という。サツマイモの花付きを食べる
    みも、という。みも食べ、という。
     白郷食である。白い夕夜という。
    ゆみ川のさつ、という。この郷の、白い芋、
    である。しらが、という。しらが芋という。
    白い皮の芋の甘い里という。白皮という。
    そういう芋のたな、という。ぱっつ、という、    
    花料理である。白ぱっつ、という。白ぱての
    花かい、という。粥の白粥という。
     花を残して実を食べる。後という、花を
    食べる。花芋ご飯という。芋のご飯である。
    大和朝の料理である。大和朝語で、ぱて、
    という。花御膳である。
     白天ゆられく、ゆみゆるやたやら、うよはる
    すみつ、という。これを大和歌という。大和
    歌謡の里である。ゆかしい頃である。
    これを、尤時とぞ。ゆうどきの山という。
     余の今である。花御膳前の余の尤話である。
      
    [尤音(ゆうおん)] 
     尤音という。尤音終という。ミが尤音という。
     ファの導尤という。ファで終わる曲という。
     ミファで終わる、尤導という。夕導引の歌
     という。ミファで終わる尤音である。
     後、セキという。夕という。
     ファを、セキオン(夕音)という。ゆうせきの
     札音である。サツマイモの音という。
     ありるぅはっく、という。これをシロという。
     有白の白という。後という、泊ともいう。
     後に音楽の拍である。これを、かしわで、
     という。拍手の律の言いという。
     拍手律の音という。3つ手を叩いて、ほんという。
     ほん手という。ほん手律という。3拍手の
     つづけの律である。  
      3拍手の拝みという、花御膳の行儀である。
      白郷礼法研究家会。
      
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@250上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『ゆういも』 
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@250
   
   
posted by 秋残り at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年09月09日

卒業833・夜行63花膳お茶漬け 、尤音:イカスミ柳

【曲名】『卒業833・夜行63花膳お茶漬け
  (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/09創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】童謡
【演奏】演奏、余  歌、インコ合唱団
【歌詞】夜行之国里行草郷
    花膳お茶漬けご飯 祖茶の浮き地
    粗茶致し飲み干す尤夕(ゆうゆうねゆうせき)
    白尤のしろいんおんきゃくうた 
    歌うてうたし 花粥白い 白郷
    点線浮いた花丸木の 戸の茶
    の尤花が白いお茶も飲んでる 
    まえろこの ほのかはなれ
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
     夕茶の4番、晩茶の晩、という。
     番茶の浮き、という。番茶の2番手、
     3番出しである。薄くなる、晩に飲む
     薄浮きという。この絵の歌という。
     花番(はなばん)という。花浮かしという、
     場合の花折れともいう。これを、花や、
     という。花茶(はなちゃ)という。
     番茶に花を浮かすき、という。
     これを多という。たき、という。花滝
     (はなたき)のお茶という。
      ばんたく、という、まるやら御膳とも。
     茶に花を出す、とと、という。はなとと、
     ややとと、という。はなやと、という。
     はなやとと、という。はなみま、という。
     お茶のたの、という。お茶た、という。
     お茶だ、の、やや、という。
     やや茶という。やみ、という。やみの茶
     という。これを、夕間(ゆうま)という。
     お茶の間の語元の一解釈である。
     白夕に飲むお茶の総称である。間(ま)と
     いう。後、間がある、という。
     まがいる、という。入るという意である。
     お茶間夕(おちゃまゆう)という。
      夕焼けに飲むお茶でもある。白夕の
     夕焼けという。黒い色である。黒白の
     絵という。真っ黒夕という。黒い夕という。
     黒夏の夕染め、という。この音を、まや、
     という。まむ、という。まむす、という。
     まむせむ、という。黒い空の喜び、という。
     白天楽の夕空である。これを尤(ゆう)という。
     尤勢(ゆうせ)という。尤楽の山という。
     白天尤という。しろろ、という。しろやら、
     という。しろみす、という。しろやら・
     みっく、という。しろみつの山という。
      お茶の白い色のお茶という。尤茶という。
     ゆず山の夜、という。ゆず夜のおこ、という。
     白い茶の飲みという。飲白という。
      白飲洗という。口すすぎ、という。
     粗茶ですが、という。口すす、という。
     すす茶という。すまれるやっく、という。
      白隠前詩という、二回夜の黒い夜に隠れた
     まかくし夜、という。まがくれ、ともいう。
     略
      白い三味線の音が聞こえるという。白天三弦
     である。三間夜(さんげんや、さんかんや、
     さんかんよ)という、夜もある。
     
     注:尤茶(ゆうちゃ)、もっとも茶ともいう。
       祖茶、番茶のこと。(棒(、)茶術家指南
       茶棒術いえ)    
         
    [尤音(ゆうおん)] もっとも音とも。
      ミを尤音という。ミを導音にとらえた意と
     いう。ファで終わる曲という。尤音終という。
      ミ、ファの半音に注目した曲の変という。
     尤音終止の白郷音のしらゆり、とぞ。
     しらどめ、ともいう。白区曲の色を尤という。
     尤色の白という。これを二回白、二回状という。
     白郷の言いである。夕食の白茶の飲み干す情の
     白状である。白色歌ともいう。尤音の終わりの
     歌である。サングラスをかけて色状という。
     白サングラスをかけた色でもある。白色眼鏡の
     革命音楽である。白色革命音楽である。
      白インコがいる。歌を歌う鳥である。
     カナリアという鳥である。白天花鳥という。
     歌声喫茶鳥である。羽幅、1インという、
     両手巾である。鳥の羽を広げた幅ほ一員という。
     員幅の山という。そういう大きさである。
      尤夕の音、夕夕(ゆうゆう)たり。
     夕夕(たた)である。タタタという紫手は余
     である。ターンの中止め使用である。
     尤音止めをいう雄である余である。
     余裕の三味音である。武者弾きの夜姿。
     今宵よすがに。御よろしく。
     (ついよという、よすがという。
      終夜(ついよ、よすが)) 
      白郷民歌には、たくさんある、終止形
     である。
      民謡研究家、白郷民俗史編纂家述。
      おかみ料理家合述。      
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@450上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『幽碗』 高杯、たかつき
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@450
   
   
posted by 秋残り at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽