2015年08月24日

卒業808・夜行38古古語 :イカスミ柳

【曲名】『卒業808・夜行38古古語
     (3つ飛ばし1つ西山讃歌)』

【創曲】2015/08/24創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】3つ飛ばし1つ
【歌詞】夜行之国里行草郷
     (置いた音の綴り)
    夕日照らす地行く 弾の急行
    見に来るヤンマ フルウ来る
    ヒイもつは行き 見る我(わ)の
    得る 花久是(はなくぜ)
    太郎は回るつは見ゆ 月出づ
    山をう
【解説】夜行之国里行草郷
      古古語
     余は言う。『ヤンマがゆるう、
     フルウゆらふ、ヒイ行く』
     これを、古い古語という。
     『とんぼが飛び、蝶がまゆ、
     鳥行くつゆふ』とぞ。
      はつという、はぶのゆるという。
     ゆっくる、という。ゆみのやの絵
     という。弓の家をユッケという。
     ゆみけ、の山という。余の生まれた
     家である。やまがくる家である。
     ユッキクのえさ、という。てんほっくの
     山という。てんつゆのおりゆかるす、
     という。これをてるぅという。
     てみすともいう。えっくすゆりゆり、と
     いう。これをてゆ、とぞ。あっぱの山の
     絵という。これをためるてゆ、という。
      余は愉快至極、彼女をいう。我が
     伴侶という。レディー・ユユ、という。
     彼女という。
      ヤンマ--とんぼ
      フルウ--蝶
      ヒイ --鳥
      つは --空 のこと。tuhaと読む。
      
      つはもの、という。これを、つわもの、
     という。鳥の事をいう。古古語の世界という。
     古古語で、『つは』といえば、鳥である意
     という。つわものは強いひと、という。
     強い者である。つをよし、という。
     つよし、つよき、という。つよい話という。
     鳥の飛ぶ姿をもいう。これを、スルゥという。
     thruという。throughという。難しい話
     である。スルゥツという。鳥のそら、という
     意という。ラドンが飛んでいた頃である。
     ギドラもいた話である。これを、ワァーと
     いう、驚きの先鋒である。我が家の話という。
     地を見れば、おそれりゅう居たり見たり。
     今の世では、恐竜という。これが後の世で
     ある。今が後という。さきあと、という。
     今は昔の今、という。ワァーと言うた場所
     という。弾丸特急の弾の急行である。
     ブレという。バレフルのやく、という。
     特急をバレという。古い中の新しい言葉で
     ある。今の世にいう。今の世の新語である。
     日を太郎という。太陽である。太郎冠者は
     脳の太陽役である。すなわち、ライトである。
     役者を照らすライトという。秋残り市では、
     そういう意味で、使うこともある。
      その言葉で作った歌である。
     夕日照らす地行く弾丸特急である。
     恐竜がいる地である。駅へ着く頃には、
     懐かしい顔で我らを迎えてくれる。
     既にヤンマもフルウも来ている。
     大きなトンボで、大きな蝶という。
     ゆうに1m位はある。エベレストの国
     である。       
     
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@400上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『蝶』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@400
   
posted by 秋残り at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽