2015年08月14日

卒業798・夜行28弾丸料理 :イカスミ柳

【曲名】『卒業798・夜行28弾丸料理
     (西山讃歌)』

【創曲】2015/08/13創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【歌詞】夜行之国里行草郷
     肉の料理のステーキ 大豆製の
     お肉の昼食 箸付けては舌鳴ら
     して 皿の盛り付けを味わえば
     これはおいしい肉 豆でできた
     肉 君は聞き驚くステーキ
     弾丸料理
【解説】夜行之国里行草郷 回音
      弾丸列車は行く。グングン、
     スピードを上げ、快速の弾丸特急である。
     田園、林、飛んでいき、またたく間と
     いう。平野を走る弾という。弾々々と
     いう律のように聞こえる、列車の走りの
     音である。川と並んで暫く走る。
      昼食の時間である。肉のステーキである。
     この地では、弾丸料理という。豆から肉を
     つくり、肉状の加工という。肉とかわらない
     味である。
      これを聞いた彼女という。驚いたまま
     である。これはおいしいですねと、いう。
     楽しい弾丸料理の昼食である。流れる川を
     窓の外に見る、弾丸特急の特別の料理と
     いう。弾丸特別急行である料理付きである。
      フォークとナイフの箸という。そういう
     アルペン・ルートである。大豆が植わって
     いる大豆工場という、肉がたくさんある。
      肉弾相撃つ食事である。大豆の弾という。
     弾丸料理は大豆の料理である。鉄砲という、
     杯という。こういう土地柄である。
     『そうやだ』という、『そうだ』という意味の
     方言である。『昼食やだ』という、
     『昼食である』の意である。アルペン・ハイネ
     という地である。高嶺の花の大豆である。
      平地に移して栽培をしている土地である。
      アルペンと、大豆を指していう。
     アルペン・ハイネの高嶺ごえ、という。
     音符のターンという記号の場所という。
     歌詞の『ま』と『き』の所に付けてある。
     回音の印という。一音上下して2、3度弾く
     音の印という。アルペン・ターンという。
      ここで、グウーッと回った弾丸ターンと
     いう、特急列車の回りという。川と別れて
     線路へ行く。川と線路のV字形という。
     グウーッと回った線路である。高さは
     第3線という。第3のB線である、ハ長調
     という。B線上のターンである。列車が
     ビリビリビリとターンのようになった
     という。ビリ・ターンという、音楽の
     ターンである。好きな数だけターンを
     するという。3度ぐらいのビリビリビリ
     である。列車の音という。弾丸特急の
     ターンである。この特急を音楽式
     運転をするという、ベテラン機関士
     である。操縦の料理である。ビリ料法
     という、肉がビリビリ破れている
     肉の見せ方の料理法ともいう。
     特級ぞろいである。酒を付けた肉で
     ある。ビリ肉という、ステーキである。
     添えの花という。花音の歌である。
     ターン歌いという。特出しの歌である。
     本歌である。        
      田園地帯を行く弾丸急行の昼食である。
     グルッと回った線路である。このターン、
     グリ線という、秋残り鉄道用語である。
     B線をグリという音楽用語である。
     シの音である、グリだか(グリ高)
     という。特出し音という。導音という、
     導線である、グリ高線のことである。
     このターンをグリ級ターンという。
     シドシドの半音である。半音の意味
     である、グリである。小さい半分の石を
     グリ石という。線路にしきつめてある石
     でもある。グリッ急という線路工法で
     ある。急カーブを切っていくカーブの
     箇所、少し小さく石を置く小さい石と
     いう、この工法である。線路工学で
     ある。秋残り線の工法ともいう。
     B線上の鶴嘴である。音楽を入れた
     工法である。きしみ音という、ビリビリ
     する音である。
      これを全学連という、学式である。 
      
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『線回帰』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@500
   
posted by 秋残り at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽