2015年08月07日

卒業792・夜行22午前通り :イカスミ柳


 訂正 前項、単純化のところで、
    『スラー』と書いていますが、
    『 タイ 』と、訂正します。
    スラー → タイ
【曲名】『卒業792・夜行22午前通り
     (単純化、西山讃歌)』

【創曲】2015/08/07創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】単純化、異高連
【歌詞】夜行之国里行草郷
     私は君ととも長い旅をし
     花が咲き連なる線路の
     字駅に午前の時を知る
     食事は花弁当の美し
【解説】夜行之国里行草郷
      我らは旅を続け、歌を歌い、
     詩歌を吟じ、光陰を楽しみ、
     行く先を脳裏に浮かばす。
      線に沿うて、花が植わり、
     午前通りという道が走っている。
     時計を見れば、十時という。
     食事は十時という。花だけで
     できた弁当の美しさを見る。
     四角い折に花が添えられている。
      開いて彼女は、『まぁ、きれい』
     と、驚嘆の声を上げる。この地の
     軽い食事である。花弁当あおり、
     という。食事をあおる土地である。
      食事が終わり、流れる車窓の景色を
     見る。
      彼女が歌を歌い始めた。終わって、
     『声がでやすくなりました。花弁当の
     おかげかしら』と、いう。『そうやら』
     と、余がいう。そうだろうね、とい余
     である。続いて、彼女の論を聞く。
     [異高連、切断]
      同高連、タイの切断をして、単純化を
     しましたと、5小節目である。
     17小節目で、4と16のタイの繋ぎを休みで
     切りましたと、16が休みである。
      楽譜を指差し、6、7小節目である。
     異高連、スラーといいますと。
      ReスラーDoという繋ぎで、次小節とどう
     ちがうか。スラーという、音を切れ目なく
     なめらかに奏すると。次小節はスラーが
     なく、音が切れている。
      『では、4分音符の長さが違うのですか、
       音が切れ目なく続けばそうなります』
     と、余がいう。
      彼女がいう、普通に奏すれば、100%の
     長さではなく、80%前後の長さになりますと。
     スラーの場合は、1音符の長さは、100%に
     なります。これで、音は切れ目なく、繋が
     ります。音符1つの発音、発声時間の問題
     となります。ゲートといいますと。
      以上をふまえて、4分と16分のタイの長さは、
     聴けば、普通の4分音符より、少し長く
     聞こえます。ほぼ、100%のゲート4分音符ですと。
     リズムが少し変わってきます。4と16の
     タイを、多用すれば、おおらかな曲に
     聞こえます、以上の論からそうなります。
     1音1音を、一杯一杯に発音して、
     曲は進行します。
      例えば、『緑夏』という、曲ですが、
     聴けば、分かります。少し、感じが
     ちがった曲になります。    
 
      4と16分のタイという長さは、単純化して
     4分にする、これが現代人にマッチするリズム
     ですと。
      彼女の言いである論である。余は彼女の
     弁舌に、のめりこんで、聞き入った。           
             
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@540上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『花弁当』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@540
   
posted by 秋残り at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽