2015年07月31日

卒業785・夜行15朝の記 :イカスミ柳

【曲名】『卒業785・夜行15朝の記
     (西山讃歌)』

【創曲】2015/07/31創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    朝の記 旗なびく空に日は
    ありて 光、雲受けて紫七色
    草郷の木々花 日の恵み
    色にぞ現れ 緑葉まぶしく光る
    地張る根のたくましさ 旗愛で    
【演奏】駅前合唱団
【解説】夜行之国里行草郷
     余は旗が隙である。君彼女も大
    好きですという。小さな旗が翩翻と
    ひるがえり、大きな旗が波打つ風を
    味わっている。我らを迎えてくれる
    旗である。『よくぞ、おいでました』
    という。おいなましのこの地である。
    『おいなまっしょ』というこの地の
    場所である。色んな言葉が出るこの線の
    帰省路という。帰省線の村々である。
    字(あざ)という、小さな村落である。
    彼女がいう、尖った山ねと。あれは、
    マッター穂という山のてっ辺だよ〜ん、
    と余はいう。この地の言葉である。
    そだよ〜ん、というそうだよという。
    弾丸列車もそういうように上下に
    左右に曲がり降り上がりの線である。
     弾丸急路という帰省線である。
    山、岩、川、土、木々花、駅舎と家
    並びという。見ていて飽きぬ項景
    である。
     故郷は、遠くにぞあり、降(ふ)り
    たる山の光、という。光が降(ふ)る
    というこの字のはたという。
    字之山という地の呼びという。うくとも
    いう光の見えである。光浮くいたよ、
    という、余がいた話という。
    これを、ときよ、という。
    ときよの絵である。彼女が余を、
    あたみよ、という。あたみの話である。
    帰省線の一地である。
     うくゆくれっせとる、デッキれる、
    という。できればのやら、という。
    余の機械語である。よい景色である
    意味である。    
             
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『旗立つ字』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@500
   
posted by 秋残り at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽