2015年07月21日

卒業775・夜行5夕顔 :イカスミ柳

【曲名】『卒業775・夜行5夕顔
    (ゆふかほ、君顔)(西山讃歌)』

【創曲】2015/07/18創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    夕闇の夕顔 駅止まり よる顔
    花咲く ろこ下駄の花をより編みて
    君顔の髪結う 窓の外 ロココの
    花建て 駅舎の風体 列車の
    時刻割り当て見と 前の君
    夕顔似のくらる ゆきせばに髪上げ
【演奏】駅前合唱団
    ピアノ添弾、ズラシコフスキー氏
【解説】夜行之国里行草郷
     弾丸列車 20150718
     ロール・アップのくらる、
    という髪結いという。 
    
    少停留をした駅の情景の歌である。
    よる顔咲く緑夜の一景である。
     駅舎はロココ調の花建てである。
    余は君の髪を軽く撫でる。君は
    髪をあ、ふくゆる髪上げという。
    ふくよか髪という。ロール・アップ
    というこの夜の君である。夕顔似と
    いう君の髪ゆみという。
     弾丸列車は走る。夕顔の列車で
    ある。故郷をめざし、坂を越え、
    川を見、暗い川をふみ、という。
    車線を踏んで飛ぶという、形容
    である。君を愛でる余である。
    いとい、いとうのやま である。
    君が楽譜の文をみている。
    膝合うあいみ席という。
    歌を歌う君である。
    夕顔の如く咲ける灯、構内の
    ガス燈である。灯の周りが
    ぼおっと明るく、闇はそこで
    切れたかの如く、はずかし
    姿である。ガス燈のはす吊り
    である。夜景に添えるロココ
    夕顔という。君顔というロココ
    の貴婦人である。  
                     
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@530上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『ガス燈』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@530
   
posted by 秋残り at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年07月20日

卒業774・夜行4深夜 :イカスミ柳

【曲名】『卒業774・夜行4深夜
     (主音ずらし、西山讃歌)』

【創曲】20150716創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】主音ずらし
【歌詞】夜行国里行草郷
    君は安らかなよい寝顔
    故郷の夢は私 君の夢思い
    昼間の疲れ癒して休む
    走る走る列車は 踏切の
    音遠ざかり鉄輪の音逞しく
    目覚めれば朝の力強い光
    きみ おはよう
【演奏】駅前合唱団
    ピアノ添弾、ズラシコフスキー氏
【解説】夜行の国里行草郷
     弾丸列車 20150718
    今現時(いまげんじ)
    踏切が飛んでいく。一瞬、余の胸に
    よぎる。いつぞや見たあの夢である。
    夢がいま成ろうとしている、成って
    いる。いずれの御時にか・・は、
    まさしく余のことを書いたものである。
    思えば夢を見て、いつとせ。
    夢成りの今である。現時である。
    現時物語とは、言いえて妙である。
    うつつの光る現時である。
     あの人が、夢成りの夢の人?。
     大勢の人の声ならぬ声が、もう聞こ
     えている。余に、『今現時、今現時』
     と、歓声を上げている。
     青い道行く君と私、映画に成る場面
     である。よしんば、舞台装置とも。
     
    余は思う。かの源氏物語は、ワープロ
    によって書かれた物である。いわんや、
    桐壺、帚木、空蝉、・・。かは光源氏
    という、機械蛍君の物語であるが、
    かの書の量の大きはこれを物語る。
    暗い夜中を徹したワーブロ駆使の賜物
    である。余の一試論。
     余のワープロは、瞬時に、切り壺、
    母機器、現せ身(現し身、うつしみ)、
    光衣・・・・、現時物語・・という、
    語変換をやってのける。余の本論。
     
     いつの御世世(およよ)のことでしたか、
     白夏緑夜のこと、光衣あまた、
     お召し給う中、・・・十二単衣
     という・・・、余の着衣である。
     光る現時という、今現時という、
     弾丸列車内の記述である。
     帰省行路上、故郷めざす下りで
     ある。そうきょうのよい景色。
     
     今夜の君の夢や如何。    
     
    【劇団秋残り座】 リハーサル風景
     メガホンとって。
     『蛍飛ばして。青い道、青い道、
      ・・、女優さんは背筋シャンと
      ・・少し間をあけて手をつな
      いで、・・音楽、『緑夜』か
      けて・・』      
                  
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@000上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『帰省行路』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@000
posted by 秋残り at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年07月19日

卒業773・夜行3踏切 :イカスミ柳

【曲名】『卒業773・夜行3踏切
     (西山讃歌)』

【創曲】2015/07/16創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    夜は更けていく 故郷へ
    君連れあい 交わす瞳に
    飛び行く踏切の赤い灯が
    映る 次の駅か遅く進む
    遠く遠い故郷 思いは
    あふれど 今は旅の中
    一時の思いは消え
    君と寝る夜行路
【演奏】駅前合唱団
    ピアノ添弾、ズラシコフスキー氏
【解説】夜行之国里行草郷
     弾丸列車 20150717
     夜は更けていく。暗い窓の外に、
    踏切の点滅の光が飛び行く。しばらく
    走り、列車が少し速度を緩め、汽笛を
    鳴らした。駅近くを知らせるものか、
    列車はホームへ静かに滑り込んだ。
     少停留する。暗いホームに、人は
    見当たらず、しじま闇が押し寄せる。
    余は、降りてみた。改札に頼み、
    駅の外に出て見たが、小さい食べ物屋
    が、薄暗く見える。大きな木が一本立ち
    周りは、地なりのままである。
     列車へ戻ると、君彼女が楽譜を見てい
    る。主音ずらしでない、普通の旋律で、
    途中で変調していると、いう。
     ワルツでダンス音楽にしようかしらと
    言って、小声で歌ってくれた。持ち前の
    美声で、余は静かに聴いた。余も少し
    口ずさんだ。歌の良さは、歌ってみれば、
    よくわかると、彼女は言う。余は、
    いいよ、中々いいよと合いを打った。
     先生の故郷はどんな所でしょうか、
    君は問う。今晩の夢に見るよと、余が
    言う。私は、音楽は専門外だが、よく
    聴くよと続ける。『緑夜』という曲
    だがね、歌人知らずとかいう作曲者
    だったか、・・、今、流行っている
    らしいね。『よく、流行っています
    よ。』『夢の人という言葉があるが、
    君が夢に出てきた人か。』『あら、それは
    光栄です』と、彼女は少しほほ染め、
    喜びの声である。
    『青い道という、私の故郷にある
    よ。一緒に行こうか。』
     こんな遣り取りが続く中、列車は
    動き始めた。故郷めざした道中、
    楽しき、多々あり。多々々である。
     月出でて騒ぎいる、星が話を
    する頃である。
     夢の人が実現する、君である。
    若い人である、君である。       
     
    【秋残り新聞短歌欄 抜粋】
     機械の夢
     夢の人 歌に歌われ 夢の君
      今、我が前に 微笑みている
     
     夢の君 歌口ずさみ 喜びを
      月ぞ出で星 話す我らを
     
     若い君 夢に踊りて 緑夜に
      ともにうつつに 夢ぞ成る今
     
     弾丸の 列車のかなわ(鉄輪)
      時きしみ 永き待ち時 
      楽しみ変わり
     
     夢の世や うつつ世なるを
      我が世なる わたる世今世
      緑夜の夕
     
     星の夜に 弾丸列車 飛びて行く
      君見る故郷 うつつ花時
     
     ・・・             
      
                  
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@400上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『空景』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@400
   
posted by 秋残り at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年07月18日

卒業772・夜行2ホーム :イカスミ柳

【曲名】『卒業772・夜行2ホーム
     (ニ和声短調主音ずらし、西山讃歌)』

【創曲】2015/07/16創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】ニ和声短調主音ずらし
【歌詞】夜行之国里行草郷
    (ずらした主音を歌えば朗らか)
    手を振り来る君見る 安堵の胸
    小急ぎに乗れば ベルが鳴る
    相見の席に座れば 君息乱れ
    髪に手をやる私に微笑み返す
【演奏】駅前合唱団、
    ピアノ添え弾き、ズラシコフスキー氏
【解説】夜行之国里行草郷
     弾丸列車 20150717
     小声で歌う君、余は聞く。成程、
    ずれていると頷く。聞く内に、なんだか
    妙な旋律であるが、面白いものである。
    音がフニャリと上がり下がり、余も
    歌ってみたい衝動にかられた。半音階の
    音楽ですかと聞く余に、君は言う。
     これは、ニ短調の和声短音階です。
    主音のラをずらしていますので、
    主音ずらしと言っています。ニ短調の
    域に入る曲でしょうと。
     余も一節、小声で歌ってみた。
    歌ってみれば、ずれているのが、
    尚もよく分かる。うんと、重い声で
    余は誰となく頷いた。
    君彼女は、お上手ですね、と褒める。
     出だしが、4分と16分のタイ音で、
    リズムが少しずれています。変化の
    リズムを入れていこうと、こういう
    記譜になりました。音楽教師らしく、
    作の話をする。
     この曲は、合唱団によく歌われて
    います。アキノコリ屋へ行けば、
    売られています。社長が、面白いから
    我が社で売り出そうと、キャッチ・
    フレーズは『主音ずらし』がいいよと、
    自らが宣伝していられて・・・と、
    続ける。目がキラキラと輝く若い人
    である。君である。
     はずむ話に、列車は、踏み切りを
    通り、その音、光は、あっという間も
    なく、通り過ぎていく。次の駅か、
    スピードを落とし進み行く。     
     
    秋残り音楽画報 抜粋
      記者は、アキノコリ屋楽器店へ
     行くと、大きな垂れ幕に、『主音
     ずらし』、との字が目に入った。
     早速、この主音ずらしの取材に
     かかった。発案は、若い女性の
     音楽教師である。調の主音を半音
     ずらすという、そんな旋律ですと、
     発案者弁。趣向の斬新さに興味を
     そそるものがある。読者には、
     一度耳を傾けることをお薦めする。
     かねて、この若い人の将来の幸
     多きを願うものである。
                  
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@400上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
****
Attention,please.
著者、解説とかやっていますが、
    音楽には、全くの素人ですので、
    その点、くれぐれも御注意の程を。
     私は、素人以前ですので・・・
     半分以上忘れた、学校で得た
     知識、それをベースにしております、
     思い出しながら、やっている次第です。
     関連のサイトをみたりしてやっています。
      一度、コンサートとか
     ライブへ行ってみたくおもっています。         
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『座談』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@400
                  

【曲名】『卒業770・柳屋
       (西山讃歌)』

【創曲】2015/07/16創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】ハ調主音ずらし
【歌詞】龍之国花西之草郷
    柳楽しのゆり柳の家
    つばくろ飛び 花闇
    夕ぞ降りては赤き西山
    腹を横に見せて寝る
    猫姿
【演奏】
【解説】

     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       機械故郷 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@280上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『猫』
   動物 愛 画生   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@280
   
posted by 秋残り at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年07月17日

卒業771・夜行1駅(主音ずらし):イカスミ柳

【曲名】『卒業771・夜行1駅
     (イ和声短調主音ずらし、西山讃歌)』

【創曲】2015/07/16創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】イ和声短調主音ずらし
【歌詞】夜行之国里行草郷
    (一派上の主音ずらして楽し)
    君を待っている駅 通れば
    空いた席の夜行 窓見る人の
    うつろな眼差しに 発車まじかの
    声 走り来る靴の高い音
    田舎のホーム
【演奏】駅前合唱団
【解説】夜行之国里行草郷
    弾丸列車 
     余が、赴任中の草郷、主たる駅に
    君を待つ。折あって、故郷に帰るを
    得た時の模様の歌という。一小旅行歌
    である。
     余が教鞭を取る校の、臨時教員の
    女性君である。同じ職である。余の
    帰省を聞き、余の故郷を見たいと言う。
    余は快く同意し、都合上、夜行列車で
    行く旨を告げた。仕事を終え、駅へ
    おもむきホームで君を待つ。
     列車が入ってきて、少しク、停留して
    いる。君を捜し、あちらこちを見ている
    と、手を上げて、余のもとへ、君が駆け
    て来る。
     カッ、カッ、カッと、音は高く、耳に
    小気味よく響き、君がする息、少し切れ
    るが、余は安堵の胸を撫でた。
     発車を伝うる放送の声を聞き、君ととも
    乗車した。ある夕方のことという。
    君は余の先の細君である。美貌豊かに
    教鞭を取る、教え子には、グングン人気が
    上がっている。音楽教師で、美貌の美声を
    発揮している。今般、新しい手法の曲を
    作ったという。
     君は、1オクターブを、一派と表現する。
    一派上と1オクターブ高い音を、そう言う。
    君が輝きの瞳である。音譜の、丸の部分を
    目と表現する。音譜の旗の部分を睫毛と
    いって笑う。私の創曲用語ですと。
    早速、楽譜を余に見せて、主音をずらし
    ましたと。続けて、イ短調ですが、
    主音ラにシャープが付いているので、
    何調と言うのかしら、と考え気味に言う。
     頼もしくも愛らしい君である。
    かような君をこよなく愛う(イトウ)余
    である。
     緑夏白夏の夕方、漂う闇を突き行き、
    走る弾丸列車内の会話である。
    
    創曲は、君 20150716
    造詞は、余 20150716
     君が考案の、主音ずらし旋律、に
     余が添えた歌詞である。
     我が記憶番地sotu771にある
     緑夏歌謡である。
     
    商業者宣伝:
     駅前合唱団の主要披露歌曲。
     市販は、イカスミ町字柳の
     セントラル・デパート1階売場にて。
     他、主要都市、書店、楽器店にて
     お求め頂けます。来たる緑県の
     緑夏祭の主たる催し物会場にても
     販売員が出向きます。
            アキノコリ屋社長  
     
     注:駄作者
       いとう、という。
       愛う(かなう)という。
       愛う(あいう)という。
       愛う(いとう)としたのは、
       駄作者である。     
             
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@1000上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『駅』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@1000
   
posted by 秋残り at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽