2015年06月09日

卒業721・合谷 :イカスミ柳

【曲名】『卒業721・合谷
    (西山讃歌)』

【創曲】20150608創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】錦之国扶宮之草郷
    おわらは君の里
    花冬には雪白
    いずとせ雪降る
    はなゆらふかざ
    寒き宮は凍る川
    寒き夜には鈴鳴りて
【演奏】
【解説】錦之国扶宮之草郷 20150609記
   小原 京、小原 宮という歌。
  花吹く山のお書きという。花冬の歌
  という。アー、というた、ひととせ
  の山、山鳴りのある頃という。
  おわら・スックの屋という。流れ山の
  お書きという。屋をてという。
  やむやらの絵という。やむせばの
  ウィッキラーという。このやらのうきゆす、
  という。このふるのやくという。
  ヤムヤル・セールーのくゆけぶ、
  という。エンセラ・ローツーともいう。
  歌の意である。これをディーロル・
  ラックという。ディーカラともいう。
  歌山のカラレルともいう。ケールレーの
  おわっす、という。これをディットルと
  いう。ディワオッスという。めいたるの
  くるゆる、という。歌をめという。
  これをルリという。ルリヤラ・スックと
  いう。これの歌という。ソムクユのペンビゾ
  という。ペルールーともいう。
  やわんぜのえこかか、という。
   絵に描いたことが説明である意という。
  絵をペという。ペインの浮き、という。
  後を、ペインという。ペインクともいう。
  秋たら山のお絵やら、という。やらふる・
  うっつ、という。せーぶるのけっく、
  という。これをレーラルという。
  れれの山のお書き、という。
   おわらみやこという話という。
  おわらゆられ、という。おわ山のあけ、
  という。あけたるよら、という。
  これを、せら、という。
  せらの世の歌である。
   おいっそという磯でもある。江である。
  よるよるのけすくす、という。
  よあまありる・れっつ、という。
  うちいたの山という。ありるれ・よった、
  という。よらする・うっつく、とぞいいれ。
  せったる・やおらる、という。    
 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
        の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@320上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『しもいき』
   会郷 きら(かいごう きら) 画江   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@320
   
posted by 秋残り at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月08日

卒業718・おわら風ゆら :イカスミ柳

【曲名】『卒業718・おわら風ゆら
    (西山讃歌)』     

【創曲】2015/06/07創曲造詞
【拍子】5/4
【種類】
【歌詞】緑夏之国合方之草郷
    おわら盆くゆ 襟足に
    飾り 白き島 あゆみつ
    おりなして 秋に 
    こうをもん入れ きみのな
    かみ入れ ひととせにあう
    流れ舎のしもいきに いききつ
    きたりつ葉 やよにやよとせおし
    きみにあう日来たり流る 水日
    くづ あうとせ 恋い宮 
    かえずのありょるる 君こう故
    あわれ飾りこよ いとやずくす
    よいよ    
【演奏】
【解説】          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@340上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『合流方』
   来 ル(らいる) 画欄   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@340
   
posted by 秋残り at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月07日

卒業714・実場 :イカスミ柳

【曲名】『卒業714・実場
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/07創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】胡弓爪弾き、一弦胡弓爪
【歌詞】白之国夕船之草郷
    丘の白い森 木には
    実がなると 君行こう
    君私 とも歩き
    手をつなぎ行こう
    白山上がり 実摘める
    実場(みば) ご飯の
    用意うれしく 
【演奏】
【解説】白之国夕船之草郷  20150605記
 船頭多くして、船、山へ登る
日という。船頭を多くして、山へ
登る船という。櫂を持つ者をせん、
という。ろを持つ者をと、という。
これで、せんと、という。船頭と
もいう。こういて登った山である。
『エン』という掛け声である。山を
尊ぶ言葉という。えんざん・スールゥ
、という。後に算数になる。演算と
いう山である。演算山という、山行
きである。船頭を多くする話という。
先導するエンの掛け声を先頭という。
山が先に見えることという。先頭の
うら遣りという。これをうらうつ、
という。一番最後に櫂が回った時
という。フーと掛け声をする。
 風悦の論こうという。論を演じる
カッファ−という。これをレンブレ−
という。船のくり出しをいう。
 いっちゃ・はって、という。
これが船の道行きでいわれる。
ふなこうの掛け、という。平板な
道を進む船でもある。今の山車に、
その名残がある。車輪をつけた船も
ある話という。先導多くして道行く
船である。白い山を登る余である。
木も白く葉も白く草白き山という。
 この山の川である。しらぞめ
(白染め)ゆりふり、という。
しろがわという、しろぞめがわ
である。ハックという。川越え
である。『ハック・ファ−』と
船を繰る。ルーファラーの山という。
白をルーという古いことという。
ルーファーが白の意味である。
 秋残りの古式である。古式語という。
秋残り市である。秋(しゅう)落つる
話である。繰り出し場を秋(しゅう)
落つる場という。これをみば、という。
実場という。実の山のおし、という。
これをおす〔と〕、という。
おす、若しくは、おすと、という。
マールレーという場所である。
 これをベンという。ベンスムの
山という。その歌である。
歌の最初に『エン』という、歌の
繰りである。歌出しの合図である。
演奏も出るエンエンの山という。
楽入りの船出でもある。
 『船頭多くして船、山へ登る』は、
余のことである。船頭と書く船斗
である。先頭の船頭を『せん』と
いう。船頭は余の教え子である。
『ハック・ファー、フルユー』
という。バック。コーラスが、
これである。
 頭数えのしき取り船という。
『ワン・ファック、ルー』と
いう。次を、ファールルーという。
『トライロー』という。フォローの
山という。ファップローの歌という。
手びきの胡弓である。つまびき(爪弾き)
、という。五爪(ごか)の弾きという。
手弾きのことである。そう弓ろー弓、
という数数えである。
 『ファップ、スー、フー』という。
 胡弓の掛けである。この呼吸で
 登っていく船である。
 
 余、注。 画ZUの絵には、『秋残り
  そうきょう』『Akinokori sokyo』
  とあるが、これを『ム入れ』という。
  署名の一種である。絵という意味
  である。ム入れという、絵のこと
  である。
   ム入れのことを、後に、コック
  という。船体図の意味でもある。 
   オールを『はご』という。ながて
  (長手)ともいう。長さは色々ある。
  短くても、ながてとい。短いのを
  短手(たんしゅ、みじかで)、みじか
  ともいう。    
 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       船頭多くして の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@240上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『夕』
   来るう 夕 画是   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@240
   
posted by 秋残り at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月06日

卒業713・夕降り :イカスミ柳

【曲名】『卒業713・夕降り
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/06創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】夕之国小雄等之草郷
    夕降りて君佇む 
    夕焼けのおりに
    返らず川の流れ
    行く川たるを
    久しき行く末に
    岸部の渡り
    鮒真魚(ふなまな)歩き
    あああ 夕たりが降りる
【演奏】
【解説】夕之国小雄等之草郷  20150606記
 魚を見て歩く歩きの歌。
 魚歩きともいう。鮒真魚の
 歌ともいう。魚の鮒の小鮒
 という。大きな鮒真魚もいる。
 夕べの国の穂である。夕たり
 という、夕焼けのことをいう。
 夕降るの絵という。景色の
 ことをいう。絵でもある。
  鮒真魚ゆらし、鮒ゆらし、という。
まなゆまの越という。魚の登りという。
船を漕ぐ操船法の一種である。

 山に登る船の繰りという。
 ふなくりの一派である、一種
 という。川に浮く船で山に
 登って行く、この歌である。
 夕焼けの景色である。
 
 山ぐりのふなゆれ、という。
 船をくる山という。操船楽
 という。船の歌である。
 夕焼けという、船の一種である。
 夕焼け船という。川に浮く小船
 である。魚釣り用の船のよう
 という。丸底という。一寸船
 という。先が三角になっている
 形状もある。底が三角の船を
 切り傘という。切り傘船という。
 平らの平船という。京では高瀬
 という。高瀬舟という。
  これらの船で山へ登ること
 という。動力が人力という。
 船漕ぎの艪かう、という。
 ろかうのやら、という。
  ろかうやらの歌という。
 操船の歌である。
 
  ダンクラーという、操船法
 という。はなやる・かったくの浮き
 あるゆ、という。色んな船の技術と
 いう。あ履き残りの操船法である。
  ダンクラーのことを鮒真魚という。
 ダンレッツ・ルースーという。
 だんゆる・いっき、という。
 ダユツユのエバッサという。
 アルフルレーテーのすかすゆ、
 という。
 スカレル・スックのおあれ、
 ともいう。
 秋残りのソーミクという。
 ソースル・フールーのすゆれる、
 という。船の巣ともいう。
 これを船巣という。ふなづるの山
 という。ふな山登り下げ引く、
 ろかいの手という。ろかうの
 ケッテムという。
 ケルスユ・ターレーという。
 ケルカクともいう。ケルカル・
 ヒッキの
 おひき行き、という。
 オーレル・スッカの歌という。
 おたる山らる、という。オビッセ
 という。歌の意である。
 (後略)
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       夕降る(ゆうふる の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@240上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『夕』
   来るう 夕 画是   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@240
   
posted by 秋残り at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月05日

卒業711・船送り(秋残草郷) :イカスミ柳

【曲名】『卒業711・船送り(秋残草郷)
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/05創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】風之国小雄等之草郷
    白風薫る港町
    出で行く船送る
    姿の麗しさの返りたり
    あヽヽ 波追風ぞ
    晴れのもとした映えりて
    出ででぞ行く   
    
【演奏】
【解説】風之国小雄等(こおら)之草郷 
 余は港街へ立った。
 和船居並び壮麗のみぎり、
 出で行くときという。
 楽が奏され、音の華やか、
 乱、という観である。
 乱観の極め、という。
 これをワラレルという。
 この歌の意という。
  
  『野子、野之子(のこ、ののこ)』
 という、祭りのことをいう。
 秋野子(あきのこ)という、秋祭り
 である。祭りのおいでと、かえりという。
 ハウエルという。
 これを、はえり、という。はえりかえり、
 という。襟を見たて、祭りを『つ』という。
 つつの山のお書きという。
 
 襟にはえりと、かえりがある。
 襟を『のこ』という。はえりを『のこ』
 という。かえりを『まつ』という。
 のこえり、まつえり、という。
 着物のことという。(秋残り衣装専門家)
 まつえり、という。マツレルという。
 マツビカのユウラルという。ユウビカとも
 いう。これをルーフル・レッテという。
 優美な松仕立てという。古く、松の葉を
 襟に立てて入れた、という。松襟のユウビカ
 である。デアル・ラッケクのユウ、という。
 エール・ランファーという。ユウラ・ルッス・
 ケッタク、という。潔癖の語元である。
 秋残りの一話である。
 
  上の歌という。港町の景という。着物の
 歌である祭りの歌である。船は和船であり
 洋船である。祭りの船ともいう。沖へ出て
 行く船でもある。
  これを、『つ』という。後という、歌でも
 ある。常盤津という。沖津という。
  野之子の歌いである。
  秋残り語辞典より
  
 船のかえり、という。船のかえりたり、という。
 かえりという、飾りである。たり、という。
 垂れのことである。    
  秋残り船造図方より
  
 安全をいう。船の無事をかえす、という。
 無事の山のお絵という。青い垂れである絵
 である。
 
 船を曲げという。ちょうふなの山という。

 動力は色々とある。垂れによって見分ける
 こともする。これを、『トンカオ』という。 
 歌山の船目という。
  
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       船見 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@140上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『船』
   学 沖 画遊   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@140
   
posted by 秋残り at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽