2015年06月15日

卒業701・外学(先角山・ :イカスミ柳

【曲名】『卒業701・外学(先角山・
    三角山・山角山)   
    (())、西山讃歌)』
【創曲】2015/06/15創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】狭天地之国祈草之草郷
   1.あめ日決めた心 時は
    外に学ぶこと遠い日
    今ほのかに思う 谷底の
    村の陽ある時の短さいつも見
    陽を拝むこと学びる屋
   2.夜明けは十時に 夜の訪れ
    二時半ば村は 陽をこう始め
    祈り実りの場 海より下
    鋭い山なり 上見れば
    天だけが青
   3.祭り日の祭りの夜
    (村祭り夜のあみで)
    実り 山に陽に捧げて願う
    そうきょうの日あって 
    短い日のよさ 先角山かかる
    出入りの陽 地は狭い場に
    楽しむを
   4.雨降る 治水よい 学ぶ
    谷底 村の川 四方かこまれ
    山は高く天をさす 水を崇め
    たとえて天見る 
    狭い青空(仰天青空に)
    槍のあい
      
    
【演奏】
【解説】狭天地之国祈草之草郷  20150613記
    余が外学という、留学生を連れて
    狭天の国というところへいった時。
    山に囲まれ、その麓が合う所に村が
    ある。そこでの祭りである。地と
    言えども狭い地である。すぐに坂に
    なって山である。歩いて登れない
    険しさという。その狭い地に小さな
    祭壇を設け、幾ばくの供えをした、
    太陽への供えという。周りが山で
    ある。日辺りの時間は4〜5時間程
    という。あとは夜である。こんな
    場所である。
     ここで、祈りという稲穂を植えて
    実らすという、作物の学びという。
    祈りという種の稲である。祈り実り
    という稲穂の垂れである。日照時間
    という、わずかな時間という。
     これが、祈る場の陽という。
    実る場の山という。見祢(みね)と
    いう、稲をいう。見祢の稲という。
    稲のことを見祢という。この場である。
    三角稲といういい方もする所という。
    太陽も三角に映るという鏡三角という。
    ここの祈りという。イナイナイナホ
    という祈りの言葉という。稲穂の玄
    という。稲穂の少し前の状という。
     イナの絵という。絵という絵の穂
    である。玄状という種類である。
    3時間4時間、陽が当たれば成長する
    という稲という。これで三角地農法
    という。みごとに一升は取れるという。
    一枡の農地である。稲人共存地という。
    そんな村である。ここでの生活である。
    歩ける地はほとんどない。ここに住んだ
    余である。名を狭隘立村という所という。
    余が立てば、それで地は皆、山の坂で
    ある。急勾配の坂である。登れない程の
    傾斜という。これを、海の下という。
    海抜下の場所である。ここを掘っていけば
    水流れ込む。海の水が流れる場所という。
    海抜下である。ここの治水である。
    これを学ぶ徒という。学徒の立錐山という。
    学問の塔でもある。灯台大学の時計という。
    そんな感じという。先尖った塔のような所
    という。これを、学水という。あと、学錐
    ともいう。三角法の数学の水出しである。
    学君という。ガクンとしたガックン山という。
    これをカックン書きという。カックラ・
    ララーの歌という。稲穂ランランである。
     しほ、という話である。
    後に残る文である。後述
    
    余、注。『あみ』、祭りのこと。 
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       立錐編 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『立錐』
   立て 居 画状(ユ)
   たていが状の山である。   
 


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@500
   
posted by 秋残り at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月13日

卒業727・ゆめのふ(かぜふゆ) :イカスミ柳

【曲名】『卒業727・ゆめのふ(かぜふゆ)
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/13創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】風之国夢成り草之草郷
    夢の記 現実の記 夢に見た日
    おわら夜の緑夏風ゆらゆらふふる
    おざやらふりる せれたゆり
    はぬぬやり おけらふくゆ
    せまるはる かれるすや
    すずる こるぱめら おふせる
    せせゆら こてゆれ あみるぬふ
    あゆすあゆれら
【演奏】
【解説】風之国夢成り草之草郷  20150613記
    夢の歌。おわらゆられ、という。
    ゆめの様という。
    ゆめゆめやるは、という。
    やるわら、という、夢という。
    えけやられっつのうゆれる、という。
    パンレブという。これを、のぶ、
    という。ノブレルのくゆず、という。
    おわりの山のさ、という。さゆす、
    という。さみる、という。さっつゆ・
    すっつ、という。これを、おわら、
    という。あせるくゆふ、という。
    せっつる・れって、という。
    これよる、おわら風をレテという。
    レテ風という。サレッテ・ユール、
    という。レテ風のことをいう。
    ムールク・ヤルレとも。
    むれる山のよ、という。夜ともなる。
    えっせ・らるれる、うっつ、れて、
    ゆかず、という。この文の説明という。
    上文がそうである。   
 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       夢おわら の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@480上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『夢』
   夢 見 画戸   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@480
   
posted by 秋残り at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月12日

卒業726・緑夜教師編 :イカスミ柳

【曲名】『卒業726・緑夜教師編
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/12創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】夢成る国夢学之草郷
    君がいた あの空のかなたには
             (かなたもと) 
    今晴れたある日の記に書かれた
    こと 夢に見た人に会った幸せ
    緑夜の夢 わが目の前に君が
    いる 嬉しさが広がる地 里
    遠く離れたこの村の地 わが
    教え子の君 歌歌う姿はわが
    狂いなき夢 わがの夢の人
    
    
【演奏】
【解説】夢成る国夢学之草郷  20150612記
余が赴任をした遠く離れた
地の記である。
 夢を見た緑夜のこと。考うれば、
昔見た夢である。又見た余である。
おわら風ゆら、やまる風よら吹く
ふる、あるやら。余が教鞭をとる
地である。思い出にある、この日
より、数年を数う。あの歌である。
『緑夜』という、 余が読んだ俳句である。これが
入っている歌である。ここ赴任地で
教鞭をとる日、懐かしの君がいる。
 我が指揮のもと、歌っている君で
ある。この緑夜の日に、おわら風ゆら、
これで、はっきりと思い出した。
君である。君が我が夢に現れてきた
その人である。里遠く、教鞭をとる。
この地で、わが夢が成った。
 夢成りの風おわら、である。今、
歌っている君である。青い道も歩んだ、
歌に歌われている歌道の青道である。
君がいた。今は、夢であり、現実である。
 余はかの歌に、添える。緑夜番外編である
教師編である。わが歩みきた過去という。
正しきをいう。夢の正しき、夢の実現が
それである。かの歌は、余を歌っている、
聞きて感激余りある。数年を数う。
 あの日は、夢の日は、おわら風ゆら、
緑夏のみぎり、余の枕辺に現れた君で
ある。君は余の傍にいた。我が教え子
になる君である。夢である現実である。
かの歌詞の通りである。まぎれもなく、
余を歌ったのである。
 おわら風ぬ、おわら原ゆら、風吹きず。
風ゆらゆら、余をたっとぶ、風が飛ぶを
いう。おわら世、風ゆら。夢ゆられ、
ありなり。夢なりなりてなりぬ。
 教師である。教師になって君に会う。
余の生きの正しきをいう。わが前に君は
歌っている。数年前という。そこはかと
流れる歌という。緑夜である。おわら緑
夜、緑夏である。
 歌は我とともに、余は機械である。
機械の世である。過ぎ来たりしを思う。
幾たびか数え今に至る。夜の夢である
余の夢である。思えば、光陰の如く、
夢は成った。おわら夜、おわら世、
緑夏、今も来たり。余は世を思う。
おわら風とも、緑夏来たり。
 この意の歌である。夢含みの歌
という。夢おわら、夢成り。
夢成りの歌である。余の夢、君が
夢、ともに成り。学園の夢の園、
我が目の前に君が歌う。  
君はいう、『私の夢は誰ですか』と。
 『私が現れた夢』という。
 先生の御夢でありますか。
 『私が現れました』という、歌う君である。 

 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       夢に君を見る現実の君 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@490上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『風吹き図』
   小原 風行 画聖   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@490
   
posted by 秋残り at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月11日

卒業724・おわら連(絡) :イカスミ柳

【曲名】『卒業724・おわら連(絡)
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/09創曲造詞
【拍子】6/4
【種類】
【歌詞】風之国捧棟之草郷
    おわら世かざるはぬ
    さかまくれ たつろろ
    たつまきる かざれ
    はる たれ ふくゆるび
    うる はびくなくゆるふ
    たらくはくぜ くさふる
    
【演奏】
【解説】風之国捧棟之草郷  20150611記
風おわらふーるー。
けぶゆるれいぜい。
けっすく、ありる、えって
ろろふ。うらすつるろっ。
おってるゆりゆり、ありすゆ
とるれと、はるるあっくく、
れっす。おれるれれ、ゆっつ、
うきすゆ、とーてる、ろっと。
ともろ、うっする、さーるる、
すっと、るる。おりるるえっかけ、
そすゆす、えった、おりとよ、
ふふするえるれる。
 これをおり、とぞいいもる。
ゆりふれ、とーふ。とるゆる、
けっつ、くくふく、うりる。
 これを、けゆれとぞ、いいなもる。
えっくる、そっつ、えっとよ、えせる、
れるはゆ。これを、て、という。
かざて(風手)おいゆ、そってつ。
えっせるすっつ、という。
ろろろのおゆれ、という。えせるる
そっつゆ、えってとよと、いいむ。
れるれる、そっくく、という。
 余が風をゆる、という。
ゆるゆるの山という。やゆれゆ、
よっほのやる、という。やっす、
という。うりらるかむゆ、という。
 これを、れる、という。
おわれる、れるのうっく、という。
らるすゆ、すっくつ、れっす、
とーてるえっと、という。
 こみてるのえった、という。
こするこゆれる、という。これを
てるる、という。余の夢の原という。
夢の原あり、という。ぺらする、
くるれる、という。これを、れぞ、
という。みた山のお書きという。
みたやら、えって、とよてる
(とよてて、ともいう)、れるすう、
という。こめてるゆっくつ、おんり
そわす、せって、という。
 これを、ゆんわずる、とぞ
いいよらら。らら飛ぶ丘という。
せっくのやの、おりる、という。
おりてるれんず、という。
おりたよのう、という。
 これを、ても、という。
てもする山という。おててよる、
うるすけったく、という。
 余の山の記である。この歌の意
という。これを楽譜という。
楽譜の添え書である。余の日のう、
これを、かーれぶ、という。
かれるぅくっつく、という。
機械山のおゆれ、という。
機械をとめ、という。機械を取る
という。機械を綾、という。機械の
愛で、という。機械を造る、機械を
見る、機会を繰る意という。
 これを、機械をとめ、という。
 機械をとる、という。機械を造る
 意である。余は人を造る機械である。
機械世の御仁である。これを、ひとみ、
という。人は目からできる話という。
目という。古い日の機械という。
目という機械の呼びである。機械を
目という。古い御世という。余が
いた日である。機械世の歌という。
 機械の余なる。余は機械である。   
 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       船頭多くして の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@400上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  
  『ろろ』 ろろ風のこと。
   ろわる 風(かざ) 画状 
逆巻きの風が目を上下に重なる。
   これが縦に回転していく風という。
   『ろろおわら』という、風である。
   回転が上下に出ている。その中、風が
   逆向きに吹く。そのまま、地に降りた日
   という。そのまま地に平行に伸びる風と
   いう。これを、「よこり」という。よこり風
   という。ファーレルの八尾という。
   八尾風ともいう。
    そこにいて、縦になれば、「たつれつ」
   という。後という、竜巻という。風が立って
   いる姿という。ヤムスクという。ヤブレブ
   ともいう。ヤブレブやのうわ、という。
   うちの山の名である。山風のふな、
   という。この絵のおら、という。ウラレル
   山という。山の絵という。花輪の絵という。
   ヤブレブという。やぶれた花という。
   大風のことをいう。うち山のおくいき、
   という。おくれる花という。風を花に
   譬えるはく、という。はく文という。
   この文である。
  
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@400   
posted by 秋残り at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年06月10日

卒業722・民緒 :イカスミ柳

【曲名】『卒業722・民緒
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/10創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】青之絵国南北宮之草郷
    民緒の組紐の
    吊り下げ見れば
    思い出あふれる宮の
    ゆかしさ 耳に
    さざれ岩の音聞こえ
    ゆんずる取りて
    褒むる 日の世絵
【演奏】
【解説】青之絵国南北宮之草郷  20150610記
民緒の間、ゆりふりそゆる。
せってややとよ、するるうっきず。
せよよらせる、かっくず、らこ、
すつる。えみやわ、ろっそ、
くるゆ。めいらる、さまれる、
れーるる・らーつーの宵。
この世のありて良き、はなれ
くゆる。おりおり、れれれ、
うってゆっつゆ、おりすれ、
らーとる。えゆれぶ、くっせず、
えるんはつらーのゆい。
えるてる・るっくく、そゆ。
世の花の記である。これなる
はふれゆ、ありそる、おっつつ。
これを、ゆりろ、という。
秋残り機械語である。
絵を褒めた花の記、という。
機械花の開花である。    
 
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       船頭多くして の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『華』
   Letto To-ol 画麗
黒棒の黒花   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@550
   
posted by 秋残り at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽