2015年04月20日

卒業657・小林 :イカスミ柳

【曲名】『卒業657・小林       
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/20創曲造詞
【拍子】21/16
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】万物
【歌詞】万物之国生草郷
    ロ短調楽しハ短調優し
    イ短調ともに
    この町に小さい林たくさんあって
    牛やら馬が蝶を見てる花影
    落ちてる地 若柳しだる 梟が
    来ては鳴く 蝙蝠木に下がる夕方
    群れ飛ぶとんぼの尻尾が曲がる
    水溜り見てる猿の人      

【解説】 議事堂から外の景色を見る。
    歌の如く、歌の町である。万物
    その生を尊び生きる。余が住む
    国である。地球は止まり、また、
    逆に回転する日もある。そんな
    日々を尊び有意義に生きる。
    昨日は地球が止まっていた、
    若い人が言う。これを聞き余が
    頷く。万物地球に感謝を捧げる。
    天を仰ぎ天を拝む。地を見ては
    地を拝す。そんな拝、感謝という。
    余の全方拝である。和をもって尊し
    とす。法邦学基礎である。『私がお
    いらっしゃるでよ。』 留学生と
    ともにした日の記である。
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       尊万物 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@540上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『地』
    万 尊 画ヨ   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@540
 
posted by 秋残り at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年04月19日

卒業656・駒歌う:イカスミ柳

【曲名】『卒業656・駒歌う       
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/19創曲造詞
【拍子】21/16
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】
【歌詞】馬と人と之国馬喰草郷
    駒小駆け尾上げ鳴き浜の影に
    緑目の栗毛の駒が涼む 黒夏
    盛る日 鳴き巣なの浜 岩に
    腰掛けて歌えば波の音も寄せて来
    木陰の花の咲き見る 駒よ
    歌聞く足踏みの鳴き 歌に
    合わせた駒歌 駒が足する
    砂は鳴き 音は楽しいと駒の浜    

【解説】 馬が足する、砂は鳴く。
    馬が足する、その律と鳴き砂の音。
    鳴き砂の木陰で馬が足踏み、砂が
    鳴くのを楽しんでいる。笛を吹く人、
    合わせる波音、歌を歌う人聞く人。
    人馬波、三位一体の歌音。黒夏盛夏。
    国家静養の一日、若い人の娯楽休日
    という。その日の夜は、夜会である。
     黒夏に踊る国家という。     
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       駒の歌 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@530上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『駒の鳴き砂』
    歌 駒子 画ヤ   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
               著者@530
 
posted by 秋残り at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年04月18日

卒業655・夕景 :イカスミ柳

【曲名】『卒業655・夕景       
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/18創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】
【歌詞】海優国浜草郷
    暮れいく夕日が浜辺に照りはえ
    船行き 笛に寄せて夕日が映える
    浜に歩き音出だす風の音も返す音
    波寄せる鳴き砂の音聞く 白い
    浦に飛ぶ鳥 影を落として沖行く
    七里ガ浜夕景 ありく楽し
    汀渚行き    

【解説】 遊星座一行
    俳優研修生が、鳴き砂浜を歩き、
    笛を吹く。これを映す。夕景の
    浜という。校舎から700メートル
    程である。700メートルいった
    浜である。合宿舎夕食前の撮影
    という。映画音楽科の若い人の
    創曲である。造詞も若い人である。
    名前は日付どおり。夕暮れ通りの
    創曲という。駒音うるわし鳴き砂
    である。録音かねての撮影夕方
    という。遊星座劣等星というスター
    である。彦星の空という。薄き青き
    輝きである。若い人の名付けである。
    自分のことという若い人である。         
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       浜の星歩き の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@520上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『夕方』
    星 浜子 画ハ   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@520
 
posted by 秋残り at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年04月17日

卒業654・撮影 :イカスミ柳

【曲名】『卒業654・撮影        
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/17創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】
【歌詞】映写国俳草郷
    浜町この町私のいた町
    浜町にいる日のこと 置き飾り
    ある家前で 映画を映したこと
    今も覚え 大切な私の人生の日
    霰が舞う階段の前 立ち立つ
    回るカメラのレフ板のひかりが
    まぶい なつかし 

【解説】余が俳優をしていた頃のこと。
    同時に俳優の先生でもある。
    ファンに追いかけられたことという。
     マドラスという、マドロスという。
    マドンナという。俳優用語である。
    レフという専門用語である。このレフ
    の係りという、同輩がしてくれた。
    鋼鉄製の体である。これを書く余は
    先生役という。ファンが大勢いる中、
    堂々とした演技である。黒い夏の
    一日という。それを映す映画である。
     これを書いているあの駄作家の夢
    を実現さす余の志でもある。俳優に
    なりたいと思っている、駄作家の
    心である。余のことを書けば、
    夢の実現に近づける。大きく、頷く
    駄作家という。
     また、真剣に脚本を書く。絵を描く。
    こんな人達が沢山いる。映画を担っている
    人達である。
     俳優を目指す若い人が台本片手に
    闊歩する、留学生もいる。
     撮影は浜町である、撮影棟は町である。
    セットが町である。野外講義という。
    同時に映画作りである。一人多役の日と
    いう。若い人が浜町へ留学するという。
     ファンのように余について回り、
    撮影される技術を体得する。
    俳優コース課という。この日は、撮影する
    方の技術である、実技という。撮影法の
    実技の講義、この役は余の教え子である。
    若い人である。先生と教え子、これを映す
    教え子、若い人という。即、映画という。
    慣れない手つきで映した場面が玄人にない
    良さという。黒い夏の撮影である。浜町と
    いう、ブラック・シーサイド・タウン
    という。国家の黒幕がいたという話という。
    若い人という、黒幕に潜っていたカメラ
    ハンドである。
     フル・スペドの講義である。映画用の
    言葉という。ブラク・スペドという。
    黒い槍山のある町である。浜町の黒槍と
    いう。フル・スピードという、古い言い方
    という。ブラック・スペードという世間の
    普段の言い、スペドという撮影される者の
    ことをいう。ブラク・シサイ町という。
    そういうスペード・タウンである。槍山
    という意味である。秋残り映画界用語で
    ある。アマッテェという、アマチュアで
    ある。あまたという、春余りという。
    黒夏春余である。あまて、という、スペド
    という。フルスペドの春余りという。
    夏を黒夏という。映画界の話である。
     レド・スペドというマドンナという。
    あまって、というマドンナである。
    これを、イエロー・モモという。
    いえがろ、という。映画の棟内をいう。
    黄色い声の春余りである。 マドンナの
    お供という。ブラックスという。紅一点
    である。ブラックス・イエローという、
    黒い線と黄色い線の模様である。
    カチンコの付け下げである。
     春余り夏来る秋残りの里という。
    冬栄の映画という、ここの映画の主手
    である。講義を担当し、俳優でもある。        
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       満槍 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@540上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『撮影』
    黒 映 画満   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@540
 
posted by 秋残り at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年04月16日

卒業653・おはらば :イカスミ柳

【曲名】『卒業653・おはらば        
     (若朋、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/16創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】
【歌詞】春余国美家草郷
    春余りの家 春が訪ねくる
    寒い冬越して 花咲き鳥は
    歌い踊る 空にも春来る
    水川にも訪れ 野春
    手を上げては高く振る
    呼べば おはらばあって
    うれしたのし 
    ガラスの張りと

【解説】余は家をおはらばという。
    秋残り市春余国の方言という。
    春のことを春余という話という。
    しゅんよという、季の山という。
    春余り山である。その麓の余の家の
    歌という。山背川前の豊かな春余と
    いう。鳥が訪れ、蝶が舞う大きな家
    である。これを宇(いえ)という。
     ガラス張りの青磁という。青磁家
    という。ガラスを青磁という。
    青磁のガラスの家という。これを、
    おはらば、という。おはら色という、
    その場である。青い事ともいう。
    これを祭る祭政である。その事の
    義である。春余黒夏にはもって
    こいの事である。ぴったりという。
    ぴったり張ってあるガラス張りの事。
    家を祭る春余祭である。これをまつり
    という。まつことである。春を待つ、
    春待春余という。寒冬の小説である。
    環頭という、環冬という。これの祭青
    という。青祭りという。まつるまつるで
    祭政という。青祭りのしょうという。
    これを青政という。清少である。
     川がながれているので、サンズイを
    辺りにつけておいたという。
    青の意味である。水青い話という。
    青の宇という時もある。青宇という堂
    である。来たるは黒夏、青宇が待つ里
    である。青の祭り、青い祭りの里。
    清い里。春余国一景譚。     
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       春余祭 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@430上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『おはらば』
    青 尊 画少   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@430
 
posted by 秋残り at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽