2015年03月31日

卒業634・湯花 :イカスミ柳

【曲名】『卒業634・湯花         
     (反ヶ里音階、西山讃歌)』
 
【創曲】2015/03/31創曲造詞
【拍子】 4/4
【種類】反ヶ里音階
【演奏】
【歌詞】湯の花上がって降りたら噴き出す
    高いとんがり山見て降りる 頂
    また見れば 空を突いて 目の前
    煙立つ窪地 降りてきて安心
    湯の花の地 剣立てた山の
    おそおごそか 日の世
    聳え立つ山は湯の花
【解説】山楽行
     余が登った山という。
    山赤くして、煙たなびく地。
    この頃である、秋残暦山楽期という。
    剣状の山である。湖があちらこちらに
    ある山という。海持ち山という。そんな頃
    である。湖を見ながら、かにかく、という。
    蟹歩きの山の歩行という。余はこうして
    登った。これが、かにかく、という。
    良しの登りという。かにかく歩きという。
    体の側面を山上に向けて登っていく歩き
    という。機械歩行である。かように、
    横に登る登山法である。余に連れという。
    余連れ歩行という。余が、これがよい、
    というた。余の歩きという。
     山道を登りながら前を見れば、
    頂は見えず、という。こう考えた歩行
    である。楽な登りという余の体感という。
    少しくやってみれば、それがわかる
    余の山登歩行である。
     頂を見て、これ以上は登れない。
    その場で、頂を拝んだ。常々、拝まれ
    ている余が拝む。拝まれた頂を、拝頂峰
    という。槍のようにとがっていて、立つ
    こともできない。拝み立つ余である。
    その場の光景という。上を見れば、頂と
    空である。少し平らになった場所という。
    成平地というその場という。山拝みを常に
    しているという平地を考える。平地と
    山上の平地、これを平衡という。並ぶ行く
    という。常に平行を見る塀という。
     塀の下の塀下地という。これを塀という。
    平らを塀という。塀は平らな所に立てる
    成しという。平らに成した地を平成地という。
    山を拝むこの時の平地という。山中の平地の
    平成地という。宅地の作りという。造成
    という。これを平行に考えたという。
    平行思考という。陵を同時に考える思考
    という。つりあいのとれた平衡思考で
    もある。岩山の頂、とがってある時という。
     拝みの山という。山下の平地でも拝む余
    という。    
             
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       山拝み の項
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                               
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@510上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館春展
   『槍』
    胡上 平 画地
     
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@510
 
posted by 秋残り at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽