2014年11月23日

卒業464・青一色 :イカスミ柳

『卒業464・青一色
(行進曲、西山讃歌)』  

3/4
2014/11/23創曲詞
【付け】
【咲き】
【歌詞】色は青に 手に青いハンカチ
    青い靴 青い帽子に 青の
    靴下を履き 歩む青空の下
    
【解説】 余は青きをたっとぶ。
    青い年、青い色の体という。
    青年革命という。青色革命である。
    青空と共、産出する青い色を手にする。
    共産出学の徒である。青い口よりいずる
    青楽曲である。青年の行進という機械の
    行進という。余の歩みである。
     前途青々として、青道を歩む。誠に青き
    世である。青風至り来たりて、我が頬に
    触れ、いわん、『青々、青々』と。
    青年なる、青春、青夏、青秋、青冬。
    
    青い眼鏡をかけて見た世の余見、
    『世界は青かった。』
    余の青色共産革命である。
    色を産出することを革命という。
    
    楽譜は、青の革命楽譜、青一色。
    
    喜楽風、有青色
    学んで時、青きに至る
    詞詩、青を尊じ、四肢、青歩をかこつ
    青海波越え行きて、悦天たり
    我が行く道、青年の歌という。
    古青道、葉っぱ踏み踏む青年行    
    世は機械行青年である。好青年ともいう。   
    
    Blue Revolution. CC-changing colour  
    BRCC
    BR は改行という、革文である。
    ぎょういき(行行き)の革め、文の改革
    である。機械用語である。
    行を改めることを、Blue という。
    機械文筆家、秋残り用語である。
    
    Back Return の BB Revolution という。
    B Revo の BB ともいう。
    駄作である意味という。
    
    Ctrl C の機械音楽用語、タイピイング・
    タッチの用語でもある。
    
    CC MUSIC という、BBCC ともいう。
    Back Swing ともいう。
    曲の変わり目という。
    Back Swing は、変わりの一種という。
    秋残り機械音楽用語である。 
    
    これは秋残り式、用語解釈です。   
    
    秋残り世界文学全集 巻2
    余は機械である 青い時空 の項   
        
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館冬期展示
  『青楽』
   青大納言 画界
   Blue Impulse : paint jett
      
    
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 


posted by 秋残り at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽