2014年11月02日

卒業444・川ル :イカスミ柳

『卒業444・川ル
(西山讃歌)』  
3/4
2014/11/02創曲詞
【歌詞】川をおい見て 湾なか
    こちの夏切 みどり虫
    せみ飛ぶ からのあじ
    木が威に立ち けぎし
    あおざくら むえの浜
    たつ流れしる ふきぎす
    名を 場らわす
    
【解説】卒業443の楽譜から、16分音符、
または、付点8分音符を、1小節
から1個とりさってできたもの。

こち--この地
からのあじ--あじの木
木がいに立ち--大きく立つ
むえ--うえ
ふきぎす--山札
名をばらわす--しとどの木が名乗ること
 名をばらわすを、ばわらす、という。
 どちらも使う。
 
秋残り市立美術館秋期展示
 『むえ』
  大山 たち 画伯     
   
    
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 
posted by 秋残り at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽