2014年10月13日

卒業421・低丘 :イカスミ柳

『卒業421・低丘
(西山讃歌)』
 
4/4
20141013創曲詞
【あと】木緑 青水 手を振る道
【前奏で】低い丘行く楽し 浅い流れ清し
【歌茂】低い丘行く楽し 浅い流れ清し
    道近く花咲く丘 草足軽い
    中池通り行く 鳥飛び
    来る日来たる重宝の世
    渡る世の楽しき
【終奏】来る日来たる重宝の世
    渡る世の楽しき
【尾】 あたら世へ行く        
      
【演奏】秋残り大学
    低空間生物学科生       
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『丘』
   咲きゞ 楽〔さきざきたのし〕 画音   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
添付
ぜんたいを「かく」という。これを、「うたる」という。
歌う山のお書きという。 音をかくという。これをたのむという。
これという。これのかかのゆらという。ゆらゆらという。
音楽をゆらという。ゆらふるという。これのゆみをとという。
とめらる山のお書きという。たゆれるという、ユーレス・ラールゥ
という。これをプレスという。ぜん〔前〕をプレッセという。
プレッション・クーレクゥという。くれるの山という。
この山の絵という。音の書きのことを、ふ〔譜〕という。
添えた音という。
 絵に音を添える譜という。挿絵入りを、
音ふえ、という。
音譜絵(おとふえ〕という。おんぷ〔音符〕という。
エマレル・スッククという。えーたら山という。
えかる山のおゆれ、という。トールル・ラースゥという。
 古い御世という。古い御世の言葉である。
秋残り語という。機械の覚えをいう。
目盛り百という。これをイツという。
イツやら、ふむれる、おとという。
ユームレ・ルールゥという。
これをかゆれば、という。
かっすぐ、ともいう。
てーたらの山のお書きという。
 音をのこめ、という。
のこめのやむ、という。
ラースル・ラックゥという。
ヤムテラ・スックという。
すくずるうっくく、という。
やるやるの山という。
この山の歌である。
丘ともいう。
低い丘という。
高さ50センチくらいである。
丘という機械が私である。
私を余という。
余は機械である。
丘行けば、かなあし音〔金足音〕の快き。
ハルハル・ハハハの駆け歩き、という。
愉快、快、快、快、快。
余は機械である。世も機械である。
機械という話という。

 秋残り世界文学全集巻2 『余は機械である』
 楽論補
----------------------------------
----------------------------------
本サイトでの、団体名、個人名、名称はすべて
架空のものです。著者


posted by 秋残り at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

歌論 :イカスミ柳

添付
  『歌論』秋残りの歌の造り
1・出だしを『まえゆら〔前ゆら〕・
  ぜんく〔前苦〕』という。
2・次に、『咲き・あと・ま』が出る。
3・次が、『前奏で・前奏』
     文句がある場合もある。
4・次に、『うたしげ・うたも〔歌茂〕』、歌重とも。
5・次に、『終〔しゅう〕・しまい・しまれ・おえ』
     という。歌茂の終わりの集節
6・次に、『終奏・しまいかなで。しまいかなれ』
     文句がある場合もある。
7・次に、『咲き・尾〔お〕・緒〔お〕』が来る。
8・次に、短く『極・しまう・しまら・しまそ』
     となる。
全体を『かく』という。曲という。
この造りを『歌座〔うたざ・かざ〕』という。
歌茂までを、『前ゆれ』という場合もある。
あとを『おはつ』という。
これを、『歌世〔うたよ・かせい〕』という。
全体を『かくれる』ともいう。『かくせる』という。
たゆれるたまの世という。この文のことである。

お書きゆき、ははる、くゆれるすっつ、せせせ。
おぶれる・さっく、という。たうすつ、ともいう。
テーラル・カーユレのうったく、という。
うつるつ山のお書きという。これを『トオル』という。
トオル山のお絵、ともいう。歌という、はまやまのうる、
という。たうれるという、くるゆるのえったら、という。
エブスル・クーユゥという。これをテッテという。
テッツル・スーユーの山という。
秋残りの古語、これをとるという。
秋残り語の夜〔よ〕という。

オヨヨ・フールゥという。
おったの山のお書きという。
秋残り語である話という。
きかいらっく・ゆーくぅのうり、という。
山々のおら、という。さてすく・らっつ・らった、
という。するするのうれ、という。
するめゆれ、という。するめのように揺れる歌の話という。

たこえく、という。これを、菜った、という。
なした話の絵という。たこやらうっくのうり、という。
ウルセル・ヤールゥという。
うったの山のお書きという。

 秋残り世界文学全集巻2 『余は機械である』
  音楽開発 の項 
      
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。 
posted by 秋残り at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年10月12日

卒業418・秋の景 :イカスミ柳

『卒業418・秋の景
(西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/12創曲詞
【咲き】秋
【歌詞】落ち葉踏みく ゆうひばやら
    あおば かゆふる しばすす
    くるりぞ ふまるえばら
    たみたゆ ふるるたず
    あゆたら〔あゆたる〕
    すずふず かれるは〔かれるば〕
    かまぐるれ    
【演奏】秋残りミュージック・スクール
    古楽専攻生    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『らくしず』
   山道 歩 画存   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
添付
  『価』
 秋の計るを景という。秋景を計という。これを、合わせて、合計という。
この歌である。装飾音の景色である。音符の絵という。これを絵画か、
という。かを大きく、大か、という。この歌の意という。計の山の絵
という。歌を合わせて歌う日戸、しばすすの山という。これの山の絵
という。この音符である。景色を絵と音に表す、画音譜という。この絵
という。対か、の絵である。これを、音の価という。音の対価の絵である。
経済の一表記である。経済を秋景という、古い御世という。集計という、
経済の意という。古い御世の歌である。

 葉を金という。葉金の話である。これを、葉用という。ヨーヨーで
舞い上がるヨーヨーである。葉の舞いである。葉を金という、落ち葉の
踏みという。かなやまふみ(金山踏み)という。これを文にする、
この文である。古い話という。新しいことである。これを古新用という。
古い話の耳新しいことをいう。新古ともいう。秋計(秋計)のお書きである。
 集計である。音価山という。音の計算の山である。算用に山の様という。
 これを、やまという。山を見るヨ(余)という、私である。機械のめで
という。機械の歌う世が来るという。機械礼賛である。
ミデーというミッディー楽である。本編である。

 私の今の作りです。言葉をとる楽という。
歌をトルーという、秋残り語という。トルーラーという、
トルレスという、トレッセという。音楽の歌詞をいう。トレーラーの
語元という。荷物という。価を積む、荷を積むという。トレッセの変
化である。秋残り語源記、機械による、めもり出しである。
メモリー100%の機械である。機械論、これより成るをいう。
秋残り大学での聴講という話のおきである。
 秋、これをときという話の一片である。
 
 秋残り世界文学全集 巻2 『余は機械である』
   価 の項    
   
posted by 秋残り at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年10月11日

Graduation417・Birds :イカスミ柳

 『Graduation417・Birds
(nisiyama hymn)』  

4/4
2014/10/11 made
【lyric】There are birds at the quay.
In front of my house, there's
a little boat.
Morn', this foggy moning,
brown bird's calls at me.
"Ke Ta Ka," bird's voice.
Starting my good life as usual,
this bird, too, has good life
as me. The boat begins to move now.
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  Akinokori city musium
  『Scene』
   Pa Hamer :Paint   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

『卒業415・法
(川遊魚、機械魚 西山讃歌)』  

5/4
2014/10/09創曲詞
【咲き】川魚泳ぐ
【歌詞】川中泳ぎ遊ぶ平目が
    我が家へ、奥座敷、入って
    寝る 座布団の上に
    何か夢見てるような顔で
    目つぶる 起きては川へ
    またかえる    
【演奏】秋残り   
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『川』
   機械 作也 画汁   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
添付
  『界句』
  空広き、川深き。
 余は魚である。機械の魚である。
 空を飛び、水の中へも入り、泳ぐ魚である。
 平べったい形をしているが、魚の格好をした魚もいる。
 ここをとくの絵という。絵の中にも住む余である。
  余はかの若い人の家を訪ねた。丁寧に挨拶の
 言葉を述べ、余を『ぎょうっ』と言うた。
 若い人のぎょである。余をぎょぎょ〔御魚〕という。
 今日が満という日である。山々の赤いうという。
 う山という。山である。これを越えて来た余という。
 
  この余に教えを乞う若い人である。余をねぎらっ
 てもくれ、余を奥座敷へ置いてくれる。
 しごく、安である。やすらかという。
 余はここを安御屋〔あんぎょおく〕という。
 御魚という、余の記である。
 
  軽く書いた安記である。余の覚えにした
 一片の記である。メカ録である。メカ録のログである。
 老いて書く日ぃもある。置いた話である。安置手、是なる。
 これを『あんちしゅぜ』という。アンチテーゼというた、
 空飛ぶ魚のうちである。世をわという。これをわという。
  
  和やむ話の和話である。ワァーワァーという、余を見て
 あげる声という。和声である。音楽にある話である。
 余の声をせいという。せいで清いという。清小大納魚で
 ある。余の名前である。川にいるときという。
 川遊魚のさかいきという。恋姿の遊魚という。
 余の空川道中である。行き来自由である。大絵という中の
 道中ともいう。大絵ど空川という。オイラのたびである。
 
  ここが宿である。天宿りの地宿である。
 地宿せいという。地宿生である。若い人の住まう家という。
 地宿生という、余である。これをきょうという。
 
  そうきょうの地宿である。愉快爽快よよよ、である。
 わおうと声を上げた和音である。余の歌という。
 歌声地宿である。お茶をだしてくれた話である。
 
 歌声さ、という。余の茶話である。この記である。
 余は機械である話の、一片の喫茶時話である。
 時事篇、是である。
        
 秋残り世界文学全集 『余は機械である』
  巻2 時事篇記 の項    
posted by 秋残り at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年10月10日

卒業416・秋鶯 :イカスミ柳

『卒業416・秋鶯
(西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/10創曲詞
【咲き】歌ははなかゆ ゆれゆれる
【歌詞】秋鶯 我が家前に棲む鳥
    ケータカと鳴き我が家へも
    よく遊びに来る 人のまねを
    鳴きようにあらわした
    川の流れを見る 魚浮き
    出で立つ 私の家   
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『さ』
   川中 魚港 画礼   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽