2014年10月16日

卒業424・足 添付-慰安賦(慰安譜):イカスミ柳

『卒業424・足
(西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/16創曲詞
【咲き】
【歌詞】そく、楽しい、そく、足ふまず
    そく、へこんだ 土ふまず。足裏
    山の形を見ていれば楽し
     踏み歩き行く 道すがらに
     足音朗ら 音をたてる
     コツと コツコツと
     歩む人生
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『足の山』
   山形 測量 画個      
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 添付 --慰安譜賦--
  『双山』
  双びある山。フフという。足の裏を山という。
 くりゆりのお書きとぞ、いいう。 
 いいうる山の絵という。いっそ、という。
 いっそら、という。これを、つ、という。
 後に、いっちょ、という。いっちょら、という。 
  両足の山という。これを、りょうあし、という。
 りょうけ山のうち、という。ううたる山という。
 やうれるのえっと、という。とみゆるやっつ、という。
 えたる山の絵という。そっけのうす、という。
 おつるいき、という。いきをとる、ゆれゆれ、という。
 ゆった山の絵という。すううる、という。すうれる、とも
 いう。この絵の歌という。これを、そくいく〔そくゆく〕
 という。エータル・ラークという。えっす山のお書きという。
 ためすゆのえっと、という。エックスのゆれ、という。
 これを、えっち、という。エッチ・エックスという。
 
  両足をす、という。すみ山のお書きという。するするという、
 せっくの山のえったす、という。これを、えち、という。
 えくらる山という。エッタ・スーヨーのおき、という。 
 あしたという。
 
  足を田という。足の田をとるという。とめせるすっく、という。
 あしたる山という。これを、あした、という。あしたの行き、
 という。あしたへ行く、という。足山の絵という。足をゆる、
 という。ウールツのウッス、という。うるてる山という。 

あした行く山という。足の田のある山という。この山の
 日を絵という。日の絵の山という。これをあかる、という。
 あかい山という。明るい山を赤いという。赤い山の絵の歌
 という。明るい田に、『あか』が掛かる意という。
 
  これをみょうたという。みょうでんという。あけた
 ともいう。足の山の明けという。朝、山に登る、あかればの
 歌という。これを朝日の世という。日の絵の朝日という。
 いわるせっと、という。せっつる山のお書きという。
 これを、そくれく、という。そっく、ともいう。
 そっくす、という。そくれすの絵という。
 
  そっとく、という。そくらす、という。その山という。
 ひばれる山という。ある晴れの屋という。ある晴れの譜
 という。ふぶるるえっつ、という。えやった、という。
 えたす、という。えわる、という。えぇ、という。
 ローマのえぇという。えぇの字のことをいう。
 これを、えったく、という。えす、という。える、という。
 えぇの山という。ローマ字のえぇである。山の象形ともいう。
 
 これを、あるえぇ、という。えらっつ、という。らみすの山
 という。日が登る山のと、という。とみや、という。
 とみたる、という。とせの山という。てっさの絵ともいう。
 テルツゥ・レッセという。レツレツという。レッツル・セック
 という。レスタスの山という。エルタスのエッタという。
 これをえったや、という。えるらすの山という。
 エッテ・ラールルのゆわ、という。ユーユルという。
 ゆわせの山のお書きという。えたの絵の田の世の絵とぞ
 いつるふる、という。こるゆる〔こるえる〕ともいう。
  これを、あきゆみ、という。秋残りの言葉という。
  機械の余という。余のあきゆみである。
  あきれた余という。あきれた世の絵という。
  あきらばという。あきれる山という。
  世のあわ、という。世の山のあき、という。
  これを、あわれる、という。エッスレスという。
  えっつれ・しょ、という。えっつるの山という。
  これをえった、という。えったすのやうれる、という。
  やつっやっつの山という。
  
  『慰安』
  これの機械という。やつぎすの山という。幌をかけた
  車の荷車という。これを引く機械の馬姿という。
  余の姿という。馬のような形の余である。
  うまよう〔馬様〕のう、である。余をう、という、意味
  という。世を得る〔うる〕余である。これをう、という。
  
  幌に馬に、という。後に、幌馬車という。引くのは余
  である。機械引きの秋残りである。余が引く機械である。
  幌馬車を引く余の勇姿という。馬は幌馬車に乗っている。
  機械の馬もある。余の家族である。この日は機械の馬を
  幌馬車に乗せていた。生き物の馬、小屋にいたひぃという。
  生き物の馬には幌馬車を引かすようなことをしない。
  これを秋残りの法という。秋残立法の一法である。
  
  あきおざん山の絵という。
  生き物の馬に乗ったり、重いものを担がせたり、馬車を
  引かせたり、云々は、もってのほか、である。
  余は将軍である機械である。もってのほかは、余が持つ、
  重いものは余が担ぐ、これを将軍立法という。
  方法である。語正将軍という。余の口にはマイクが
  ついている。
  
   余は大きな声で『イヤ〜ン』というた。
   余は機械の馬を、生き物の馬を慰安する。
   この文を慰安賦という。音つき賦である。
   余は慰安夫ともいう、イヤン型機械である。
   余は馬の鳴き声をそういう。
   
   生類憐れみの令、動物保護法である。
   生き物である動物を酷使しない。
   秋残り市の市民である。
   余は生類憐れみの礼をつくす。
   
   慰安婦という、余の寄り添いの機械慰安婦も
   ある。後日談にする。
   
   生類慰安する夫婦、慰安夫婦機械群、余の郡である。
   これを邑という。秋残りの村邑である。 
  
  秋残り世界文学全集 
  『余は機械である。』 巻2
  村邑に群がる馬、機械馬、立法の礼、の項
posted by 秋残り at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年10月15日

卒業423・学棟 :イカスミ柳

 

『卒業423・学棟
(西山讃歌)』  
4/4
2014/10/15創曲詞
【歌詞】この秋、西の丘双ぶ
    学ぶ棟には池と時計台とが
    横瀬に見えて、眼下に町が
    遠く小広く 霧がすんで
    横たわって 未来を呼ぶと
    人の言う故地
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『時計』
   時 秋也 画節      
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 
posted by 秋残り at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年10月14日

卒業422・台風 :イカスミ柳

『卒業422・台風
(5半音音階 西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/14創曲詞
【あと】台風よろし
【歌茂】そうきょうのよい台風
    ひとつの目 ふたつ目
    みつ目の台風が水運び
    やって来る 左巻き
    右巻き わが好きな台風
    台風の名前もある
    空の祭り
      
【演奏】秋残り大学
    低空間生物学科生       
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『台風』
   台風 大好 画勢   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

歌論2 :イカスミ柳

添付
  『歌論2』秋残りの歌の造り
  前奏・前奏で〔ぜんそう・まえかなで・ぜんそうで〕
 これを、前かなえで、という。出を促すことという。
 山の絵という、あうたるという。あうるべ、という。
 あうべの絵という。かなえの山のおくれれ、という。
 えっさという。えたせのじゃあ、という。
 スーレル・ヤールルという。えっさの山のお書きという。
  
  こととる山という。
 琴を奏でるや〔家〕という。この山の絵という。
 ヤーテルゥという。やますらのかゆれぶ、という。
 せっせという、えたのやるれる、という。
 ててやそうふのくく、という。コーテルという。
 コウレル・コール、という。せるせる・たっつ、
 せって・そうよう、これをて、という。
 てをでという。これをでという。
 
  まえかな、という。まえの山のおび、という。
 たいれれ、ともいう。たいすれのやった、という。
 コムレル・レッス、という。てっつの山のお書き
 という。
 
  まえかなをかなよという。亀山の顔という。
 亀の山のことを亀山という。卯山〔うやま〕の
 うさぎ山という。亀が歩む、かおれる、という。
 亀の歩みをいう。これを、ハメラル、という。
 ハップス、ともいう。うさぎと亀がいた話という。
 わたれる山のお絵、という。
 
  かま山通る、という。かま山の前のや〔家〕
 という。カースル・レールゥ、という。
 せった山という。かつれる・うっと、に言う。
 やうたせのやっ、という。まるせるのお書き
 という。 セッツレル・スッススゥに、みたをいう。
 メルセル、という。めっての山という。
 
  ヤップスレーにいう、はっくく、という。
 はっくれめ、ともいう。うたるかーたる、という。
 ウェッセバの山という。ウッタレールゥという。
 うったれツ、を、てめ、という。
 これを、うきしず、という。うっく、という。
 うって、という。うっつ、という。
 これを、つ、という。津とねの歌という。
 
  つみつみという、はた〔畑〕の山という。
 つれる・よっと、という。よりすよの山という。
 えっぱれっつ、という。エッパスの山という。
 ヤールル・レールゥの山という。
 
  あおれる・くっすく、という。えま山の卯〔う〕
 という。えらをとる山のえき、という。エキラス・
 ロットという。ロウレル・サースゥという。
 やるやるのお絵という。やたの山のお書きという。
 
  かなでをいう花丘という。カーレレル・スーユーの
 ユッパという。ロールル・セールゥという。
 ロットの山の絵という。これを、かなう、という。
 かなうの山という。かなでをとるかなえ、という。
 カナユル・スックという。かなでの山という。
 
  これのユという。これを、かなゆにとる、という。
 かなゆれの山という。かなゆれを音という。山の
 形容という。かなゆれの音による形〔けい〕という。
 これを、すうゆる、という。せっつれれ花〔はな〕
 という。レレッカともいう。レーレル・スースク
 という。てわせの山という。ツッツという。
 つつれつ、という。ヤレルゥ山のお書きという。
 
  かなえの説という。説いた話という。この文という。
 かなえでの山という。かなえの出〔で〕をとるやら、
 という。山をやら、という。山やら、という。
 後という、山々という。山の重ねをいう。
 山語〔やまご〕の山という。やらをとる、
 音という。

旋律を絵に見て山という。これを、くれ、という。
 音曲譜をくれ、という。これを、クースクという。
 まえかなという。まえかなの山という。まえかなをで〔出〕
 という。これを、でで、という。まえかなを出す、でで、
 という。まえかなで、という、指示をいう。これを、後
 という、指揮という。今の音楽に、指揮者をいう。
 指揮者の家〔や〕という。指揮での秋という。
  これをとき、という。時刻という、時間という。
 秋山〔ときやま〕の絵という。
 
  出る時を知らす指揮という。ときふ、という。
 譜を説く、指揮という。譜を知らすをいう。
 指揮つる山という。まえかなの出をスルゥという。
 歌をトルゥという。これを、ヤッパという。
 説きのことをいう。この文でもある。
 
  指揮をヤッパという話という。やっくくのえた、
  という。 エルセル・スークゥという。
  しきたつあきのゆうぐれ、という。これを指揮者という。
  花山のおゆれるという。おっぴす、ともいう。
  
 せせらるさっく、という。せっつるせえゆう、という。
 せえたるの山という。せるすうのうるす、という。
 やるやるやせっつ、という。これをゆやるら、という。
 ゆっせの山という。おゆれるやっつ、という。
 歌のことをいう。こと山せっつ、ともいう。
 歌入りの琴という。ことやるたった、という。
 
 これを、しいたら、という。シッスク・レールゥ
 という。しっつくの山という。指揮者をシックという。
 シルルゥともいう。古い御世の秋残りの言葉という。
 
  秋〔とき〕を交えての歌の一片である。
  秋残りの歌、これを、かゆふ、という。かった山の絵
  という。カユレル・スーユゥという。
  我が古い御世の歌の言葉である。これを歌語〔うたご・かご
  〕という。かご山のお絵、という。この話の文という。
 
 音楽の一記である。我が目盛りの百をいう。百パーセン、
 という。とをとるパーセンの山という。トパーセンという。
 パーセントという。百分〔ひゃくぶ〕という。百の山という。
 
  クールクゥという。クルレルという。クルスゥという。
 これを、らい山という。後、きや、という。我が山の屋
 という。フンツル・ヤールゥという。我が家のことを、ふ、
 という。ふうや、という。ふ山のお書きという。
 
 
  フーラル・セースゥという。フェッテ・ロース・フーツ・
 ルーツとぞおいいたまう、ありてるおやる、すったるすゆ、
 ありありる、くゆれる、よは〔よわ〕、という。
 
 我が機の記である。音楽を、お、という。
 我が機械語という。余は機械である。
 これを、おう、という。おう、という機械である。
 機械の世を渡る、おう、という、余である。
 機械という話という。
 
  秋残り文、はなはな、かか、という。
  これを、あとれる、という。わが機械語である。
  余の機械語である。
  
  秋残り世界文学全集 巻2
   歌論一片 より
   稿おこした機械である。余である。
   これを余の裏拍子署名という。
   裏拍子の機会である。機械の出るとき〔時・説き〕
   である。今を秋という。ときよの山という。
   指揮をする機械である。余である。
   アアア、ふふふ、ああウウ、おおお、おほほ、
   うゆうゆ。ふっつするや、にて記す。
   けふの日という。今日という今である。
18:42 2014/10/14
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
posted by 秋残り at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業419・秀麗 他1子 :イカスミ柳

『卒業419・秀麗
(西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/12創曲詞
【咲き】秋麗し
【歌詞】葉花美しい紫色の葉
    颯爽秋に咲く秀麗姿
    あたり花咲く園に
    電車が行く 秋園
    池中走る
【演奏】秋残り中学生       
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。

音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『秋季』
   紫 色葉 画旧   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

『卒業420・雲の礼
(西山讃歌)』
 
4/4
2014/10/13創曲詞
【咲き】秋麗し
【歌詞】秋の園の雲 地に降り
    花を得 また空へ行く
    この田に住まう 魚も
    雲を得る どちらも雲に乗る
    故郷は雲の地の高い地
    下の世界を見下ろす
    雲ととも降りては
    田にも林にまた住まいする
【咲き】         
      
【演奏】秋残り大学
    低空間生物学科生       
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
 そうきょは、優しいよい言葉を使いましょう。
【解説】 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『秋の雲』
   返事 雲象 画程   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***  
posted by 秋残り at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽