2013年06月28日

未熟の花(陽):イカスミ柳

「未熟の花96(陽)」
345/4 20130628詞曲

まぜ来る日の こかげより
呼ぶ声がする 振り返れば
君は光る顔 傍に鳩が
ついばんだ 平和と国防の
声聞こえ 志を抱けば
青年の清い志広し

 うりざねがお こい眉毛に
 瞳に宿る光 未来を見つめる
 声を揃える鳩が腕に乗る
 葉をそよがす柳 はなふたとす
 うたたそよ来るまぜ 語らいに
 織り成す こわのかぜ

飾れ かんざしと 差し出す 一節に
陽は笑む 君とともにいる 陽向かって
鳩飛ぶ 文を運ぶか 先の世へ送る文とか
君の目に 未来は幸多いと わかい葉
尊きと 夏はしげき


ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
  まぜのかざ そよふき流る いとやなぎ
****

posted by 秋残り at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽