2019年07月15日

卒業3888Italia sentenza文(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3888京都船旅2788
古譜1788大原練習1688天の下2088 Italia sentenza文(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/15、柳晴
    創曲、茨木白須・正(やなぎ) 
    造詞、星 光義・正 
    監修、ステゴノドン・正
    訳、 冴柳小夜木・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1919/04/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 朕が言葉ありてそわら。そみそよを、てくせる、という。

 ゆゆよわに、めとのやを、とる、れむけむとそ。あおら
ゆっきす、という。めぬっとの山とそ。むむせる山のお書
き、という。安全を唱える朕という。

 皇宮を山という。めれれるゆみそよ、という。これを、
革れるという。こうらぐの山のお書き、という。めゆるむ
花の世、朕是の山、という。ありてそわれくや、という。

 てすれるおりろる、という。めめよのやむふる、という。
朕という、えてつれのゆみふみ、という。これを、せれ
るれ、という。えてゆてのやの絵、という。

 めめれるおりるる、という。めてすらくるろりそる
へるせ、という。ペッセルレーレーのお書きという
めてゆてのやをいう。ほりるるるけす、という。

 これを、もんべる、という。門の鈴のことという。
ことゆてを、めるす、という。わおふるるみす、とそ。
とそ山のお書き、という。

 たそいそ、これをもれ、という。もれらるくみ良き、
という。『朕は戦う』という。朕の山のお絵という。
朕是らっくのくみゆき、という。これを、れめる、という。

 朕祖れっくのゆいとす、という。めるせるかゆふる、と
いう。ここを、ごぶれる、という。ごぶれる山のおいれ、
とそ。かりするもるれる、という。狩衣の絵という。

 狩衣をつるるおいそる、という。これを、ときやら、
という。おいそる山のお絵という。そせらふうずう、と
いう。めれるそむするれてふるやお、という。これの意図
のつみ、という。ろろすてやらや、こるれるおりろく、と
いう。皇宮の宮のおいそらく、という。これを、とむせる
、という。またゆた、いせのこよめるろくろてゆすてむせ
、という。また見る花の世の絵という。

 朕の山のお書き、という。朕、革ゆす、てれせらるるそい
っそ、これを革命とす、この言いの革命の鬼という。
ゆる山のお書き、という。

 こいすごもるく、この世の花の生きとそ。朕なれ
る山、という。これを、こみきょる、という。こみせの
花奥という。花の山のやのうきふり、という。ててそやるゆ、
とみそすろくれるるふ、これろるゆゆゆ、とそ。

 皇宮の家という。東京近在の我が故郷という。ここを、
こるせまみ、という。穴花のかゆけく、という。穴を山
によめ、という。穴山の家という、いとうて山のお書き
、という。すめら山らるけっくす、という。

 たのよのあすれる、という。かかゆきおるるせむるそ
るす、とそ。そむれるのおゆ、という。この書きである。

 後半を後脳の書きという。ちゅうなか程、中脳の右脇横
である。めおたまのゆれ、とそ。揺れた山のおきれ、という。
至るふぬゆぬ、という。至る野の書き、という。

 至り山のお書きとそ。イタリアロンルルーという。いた
せまのおやる、という。槍の山の背を、とめふり、という。
これを、やまと花より、という。ここの地を大和花という。

 大和の国の興し、という。『よきねの、そうだってね』
という。だてね、という、いたち眠りの歌という。これを、
だてねむ、という。後とそ、だるせや、という。ここの
ゆやのさまゆや、という。ここを皇宮という。だてにや
れっけの山という。おておてのふめるる、とそ。

 たゆせるろくろ、せるすむすてす、という。あつれつ
山のお書き、という。ここにいた若い人という。きょ
うすや、という。あますよららす、だれるれ、という。

 れっけす山のお絵という。だてねの山のおゆれく、これ
とす、れれその山のお揺れ、という。山の意図という。
山のめでほる、という。山を尊ぶ言葉という。

 このせの歌の意である。言いの世のお書き、という。
手に柳をする意である。柳皇宮という。皇をすべら、
すめら、という。すめ宮のお揺れとそ。富士の山の揺れた
時とそ。時山という富士の別名とそ。めいよ花のお書き
、という。この書きという。

 ごぜのふるするおゆるせまそ、とそ。また来る塔の絵の
ゆびそ、とそ。とぞとそのたまふま、という。またいつか、
来ん山、という。富士を見るしよの至る世とそ。至夜-しよ-
という、しせいの山という。清き山の世という。

 朕在の世のうるすゆ、という。朕のお書き、という。
山復山(やままたやま)、越えごえの世という。旅の世の
おつるたよ、ふふす、れるれ、そすゆ、れてそのおむふ
、という。朕は戦う話という。

 朕戦楽これなるを。朕せま山、世はそうきょうの世という。
そうきょう国を興す、朕のかゆがわ、である。上海をいう、
モロコの西端という、これを興す革命をいう。

 リニア路の建設である。左に桜矢、右に柳染め、という。
健康と安全をいう。添えに銀杏という。ぎんなまのおゆ
ふる、とそ。これで国はおきる、興る国とそ。『だって
ねぇ、そうねぇ』という、篠山のね、とそ。

 『ねてくらす』という、丹波の起きる興しという。『丹
波篠山、山がの猿が、よいよい』という。民謡の興しとも
とそ。玉井の山のお書きとそ。幸の井の隣である。

 大砲を声あげて弾を受けたという、弾受け井とそとも。
太政官のわかるゆゆれるそむ、とそ。大きさの浜とそ。
浜山のあたるせもよらの、きぶすき、という。

 夜は明治維新と言うた場所とそ。若い人は書かれる、
明治の教育を受けるという、若い人の旅立ちである。
若い人の環頭の地という、かんのもどろ、という、お
書きである。

 一へ戻ってみた駄作家の書きという。
http://wakaihito.sblo.jp/article/53365911.html
世は電子の世であったという。書きの花山という。
珍書の山という。革命という、明治維新を今からする
とそ。歴史の山という。

 アフリカの明治という、明治があるアフリカである。
よっともの歌という。モロコの砂漠、禁の砂漠という。
ゴールド論とそ。漢字と日本語があるアフリカの地とそ。

 知字(知事、地路、・・)路という、リニアのT字路である。
リニアカーサという、柳を植えた若い人である。船ゆら地と
いう。今後をめざしたという、今後の国という。カーゼル
レーレという、ドイツ論めるのせん花という。ロンメル
章行の文である。

 上海という、西の南京という、東上の陽という、南京
政府という、東上作戦という。ドン花のゆきみき、という。
1000キロの超猛速である。知字路で交わる話という。

 原水禁というその近くという、ここの知字という、リ
ニア路の建設を肇むる明治維新という。明示交差という。
ここの柳をいう。一等の山という。

 明示柳である。カザブランカの西という、アメラグま、
という。橋が架かっていたリッツ線という。マダレキムの
丘という。ここからマガディーの至野(しの)である。篠笹
が植わる場所である。ケナフリ山のお絵という。ケナサ
きっからのアンメルとそ。あゆふる山のお書きという。
アフリカ山建設枢要である。

 植林をいう、平和と安全という、柳、銀杏という、
健康の木である。これで、戦争は起こらないという、民の声
という。植林をした人である若い人という。

 駄作家が作ったという、先の世の話である。1928年という、
紹介石の山の譜という、駄作家が紹介する若い人である。
明治の頃の話という今のことである。

 明治でおしえられたアフリカの知字という、知字という
字である。漢字のこととそ。漢字を使う人がアフリカに
いる、日本語を使う人がいる、アフリカの知という、
たくさんある頃である。アフリカの柳という字である。
ヤの字を冠に、下に左からナギと書く字とそ。

 アフリカの字という、あふれるゆり、という。じっと
いう、知字の言葉である。ヤナギという言葉がそのまま
通用する所とそ。

 植毛という、植耗という、モウという、柳のことという。
植林の枢要である。健康と安全をいう、耗柳路という。
リニア・カザの交差点である。リニアによる建国である。

 原水禁という盲点という、原水近の山という、原子炉
水素がある話という。これをリニアに利用するという若い
人の作ったリニア網である。耗柳網お書きという。

 皇宮もある話という、スベル話という。たくさんある
皇宮という、若い人の住まいも皇宮である。御所住まい
経験者という人である。玉の井も幸の井もあることとそ。

 リニア網建設の今という、1928いくにや話という。
いくにやリニアの丘という、すべら山ゆ、という。丘が
滑った地である。山が浮き上がっていたという場所とそ。

 1928のお年頃とそ。
 
 そこを即極という、西極のこととそ。アフリカ西端である。
測距の丘という、三角点がある所である。
朕が革命という文である。珍河という川が流れている場所とそ。

*******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1788大原練習1688天の下2088 Italia sentenza文(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou36388
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-77上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/10柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-77
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽