2022年09月29日

出発5180 茅ヶ崎港 :イカスミ柳

出発5180 茅ヶ崎港 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発5180 茅ヶ崎港


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/09/29
    造詞、冴柳小夜・正     2022/09/29
    監修、そうきょう連      2022/09/29
    挿絵、香 淳時正             2022/09/29
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
味間港より少し遠く行く 茅ヶ崎の
港へと 金の船 石炭と重油との
仕組まれのエンジン組船 足早く
沖の島を通って ふらやりすみ 見た時
大き広揺見 蝉来る茅ヶ崎港

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/29
【歌詞解説】
【色相湖、京城、親鸞】
 大和高田、桜井市の中和という地名という。
ここを、京城(けいじょう、きょうじょう)という、親鸞
の地という。康君(やすきみ)という親鸞の幼名と
いう。
 京城を、きょうじょうと言うたひに、凶状という
言葉をとる、凶の意という、これが健康を意味
する、これが康君の名の元という。
【凶】
 古いひに、凶るら、という、これが、京にかかる
親鸞の、ゆいひび、という。仏教が、凶をいう、
健康をいう仏教という、親鸞の凶状という。
凶日という、この凶に健康がある。昔の言葉の
使いという、凶助という自分をいうひぃに、狂助
ともいう、昔の人の名によくあることという。
【親鸞】
 これが、親鸞の狂状という。健康を説く親鸞
という。昔の、健康の意という字という。
 これが、幕末、明治という、時に充てられた
字の意という。狂時維新という、維新が革命
をいう。最適な時を、狂時という、今様、正時
という。これが、京朗の使いという。
現在は、このような使いをしない。昔の人の
使いという。

 革命をとる親鸞という、健康取得を革命と
いう、これを、きょうれり、という。凶を使う人の
狂の名という。これを、いちらまふり、という。

 狂助という、京朗という。昔の人の使いという。
これを、きょうりす、という。大正というひに、
おおやなぎ、という。正を狂にとる、これを、
やなぎ言い、という。これで、大正の読みが、
おおやなぎ、という。
【桜井市、大和高田市、中和】
 これが、中和の桜井という、狂を正という、
親鸞の言いの、古い言いという。中和を京
城という、なかみやみ、という意の中和という。
この『やみ』が、暗い闇の字を充てる、中宮
という、中宮の身という。これを、かなみやみ、
という。中宮正という、姓の字の意という。
中宮姓という、これを中宮正という。
中宮の名前のことという。

 小池姓という、小池正という、名前に付ける
正という、これが、やなぎをいう、小池やなぎ、
という、柳とも表す小池柳という。

 これが、元をいう、小池狂郎という、少し古く
、小池凶老という、意味が、小池正である。
小池正葦刈(こいけやなぎよしかり)という。
名前に出る正という。健康の意である正と
いう。兵庫県芦屋の小池楼のお教えという。

 立山逸(たちやまいつ、たてやまいつ)という、
古く立山居千尋という、若い人の名という。

 凶を強めに使う、正凶、凶正という、正を強める意
に使う凶という、現代的解釈という。親鸞の踏襲と
いう、古仏教の使いという。狂ともいう。
現代は、この使いもしない。単に、正という。
【若い人】
 立山が色相湖をとる、その沖の島という、立山
という。ここに墓がある、立山居千尋という墓という。
隣がブッシュさんの墓という、山麓のバイデン・ブースの
中の墓という、これを、島に移したひという。島を、
ブッシュラズという、ブッシュミス・マウントという、立山
島のことである。
【ムーンレーカー、武運令家】
 ブッシュさんのお爺さん、ムーンレーカーの人という、
原始人もムーンレーカーの人という。
古く、HGウェルズ作『火星年代記』という、色相の
浜辺、山麓を表す箇所という。『星』という場所と
いう、『月園芸場』という所という。
イアン・フレミングという、007作家の、イギリス諜報
部員という。原始人のムーンレーカーという、健康を
探る諜報部員という。薬のことという。小池さんの
お父さんという、『お父お上』とお呼びする、立山
逸身(いつみ)という人という。ムーンレーカーの身と
いう、小池さんのお父さんという。ムーンレーカー立
身のお方という、若い人のお父お上である。
 茅ヶ崎のお住まいという。ここの親鸞語が、
武運令家という。若い人の粋の場である。
【茅ヶ崎】
 小池という、色相湖の中の小池という、そこの崎と
いう、茅ヶ崎という、茅という花草が咲く、薬の花と
いう。百合の花である。

平成22年からの駄作続きという。
2010年からの書きという、若い人という駄作小説です。

 この文の、一語、一字に全部、柳をつけてます。
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽