2019年10月17日

卒業4171Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4171京都船旅3071
古譜2071大原練習1971天の下2371 Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/17、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
空へ飛び行きまた回って
こちらへ来た鳥々の声
むれから離れて一羽の雀
あいらしく小首ふり私に話かけるよう
紅葉の影濃く 幸義光に驚いた


 狐の天気予報。〇r1960/07/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【奈良丹波市(たんばいち)、三輪周り】>>

 平端、郡山、奈良三条、石上(いそのかみ)、丹波市、三輪
奈良の懐かしい所である。若い人が、我が里という町々である。

 『丹波こいしや、ほうやれほ』という、これを、奈良の
ねだおれ、という。
 京のきだおれ、浪華くいそめ、奈良はなにはる、そての
やまふき、るてのそっぺる、という。なら岸によみをいう、
これを、ちょうながやまはら、という、奈良の古い簗木市
という、やなふらのむ、えんりる、という。奈良を柳楢之
(やなぎならゆき)という。奈良、楢、双とも。

 京にねだおる、奈良のそっ国、という。奈良数路(すう
ろう)のゆいはくく、とそす_う_。
 うをくだったという、奈良鵜とっく、うとゆとの宮ふら、
とそず。るるするかんくす、という。その日の山のお書き
という。るっくるらっくの山という。

 奈良鵜べんするかっく、という。古く、そんきのうる
するろみより、という。奈良の都の八重しだる、柳そん国
という。奈良を、柳しだるか、という。簗木しだ、とも。
<<【舞鶴】>>
 奈良三条に、舞い鶴闇という、奈良の舞い子の舞い鶴と
いう。舞妓を舞い鶴という、三条三輪のしみひみ、という。
ここを、てこつ、という。奈良舞妓のるりるり、という、
古く、京都伏見中之島の夕ふみ(ゆうふみ)という。夕楽の
家のおゆたさ、という、伏見遊郭のそとくり、という、
現、千石船という、疎水の船の之きに、しだれるやなの
やみなな、という。柳野ことをやみなな、という。やな、
とも。簗木をめでる遊郭の造りのすいひく、という。すい
ららのおりゆきん、という。おりせる、みんそす、という。
 柳の山のお絵という。おりさんるるの・あおよんそず、
とそる_むむ、という。むむれるろんくく、という。
<<【京都中之島】>>
 ここの、みっさぶ、という。みるれるろれんす、とそず。
奈良のとうひま、という。奈良れるろりおん、という。
ろんそるの闇という、闇奈良のひとくり、という。奈良を
断国という、ひこくを、なくいきという。なくいきのひこく、
という。ひわ山のお書きという。これを、悲歌(ひか)という。
非歌とも。悲歌の奈良という。京都中之島が、南を、きた闇
という。きたの反句という。ここの中之島を観月橋という。
観月の山の、中ふき山という。中れるそんとす、という、
地のことである。なかれた中之島という。

 中之島が二つある京都伏見という、観月橋中之島という、
下の中之島の北という、反対の言いになることをいう。
なかれた中之島という。北の中之島を、こうなま、という。
こうせる山の中之き、という。『の』を『ゆ』という、
この地の言いとぞす_る_馬場のゆかふく、という。
馬が鳴くことをいう、後、ばれくか、という、ばみその
すれふり、という。ここの、ばかせま、という。ばっくす、
という、ばりるれのえんせる、という。これを、エンゼル
楼という、中之島楼閣遊という。篭絡のみも山という。
れれんそのぴっぴく、という。中之島の弓振りという。
弓場ぞのぺるせる、という。ここの、みそ闇という、
みむせむのおきき、という。みやまのみきゆき、という。
この『みやま』を、みせくき、という、この『くき』が、
茎である。木の根元に生える、木の状の草をいう。
これを、『ユ』(じょう)という、しだき文字のじょうで
ある。この文字を、中之遊(なかのゆう)という、中之遊
(なかのゆう)の文字という、中山ユ(なかやまじょう)の
歌という。このユが、後に地図の記号になる。

 ここの中みやまの日々という、これを斐々(ひび)という。
言葉の音は、同じで、字が違うという。この、言いを、
さんむく、みむくという、三村という、場所という。三楽
のあおゆき、という。あおせらのさみそみという。
中之島のお書きという。
略。

 中之島、向島、中書島の辺。京都向こう中ぬなとのそ、という
場所である。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2071大原練習1971天の下2371 Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39218
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@458上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@458
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽