2019年07月18日

卒業3894Italia Strada del castello 城の道(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3894京都船旅2794
古譜1794大原練習1694天の下2094 Italia Strada del castello 城の道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/18、柳晴
    創曲、茨木白須・正(やなぎ) 
    造詞、星 光義・正 
    監修、ステゴノドン・正
    訳、 冴柳小夜木・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
革命家が城曳く ひがしあみれ 城旅道
提灯ぶら下げ旅 富士が手を振る 地が
鳴る程 跳び上がる 富士山 楽しく
こっちを見てる ハーモニカの音を
聴いて顔白の満足 動く城ほめ称え

**ひがりあみれ、東海道以前の鉄道である。
 狐の天気予報。〇r1919/04/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
無病息災願、祇園祭にて
そうきょうの 良き日、きんのの、白足袋の
鉾曳き見たる 足の病なく
きんの、昨日のこと。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 『うちを花ゆり、弓山に弓を倒せ』と、いう。
 
【三角点】
 この三つのま、という、西脇アフレ京、という。三角点の
設置という。京の三角という、御所という金閣という壬生と
いう、この三角と同じ三角という、西アフレ京のことをいう。
これを、三角せ、という、後、三角比のこととそ。
同じ比という。三目の山という。西れるろっくの山という。

 京都の西という、西れる船ゆり、という。船寝の寝という。
西脇を、デッコンショという。オーイルデッカのおいれらや、
という。西アフリカの西端を、デッコ、デッコスとそ。京都の
西をミタレデッカという。三角の点をいう。三角点を、みたゆ、
という。みたゆりの、デッカショという、デッカ所のデッカン
ラク、という。これを秋田べえずる、という。

 遠く秋田の言いとそ。秋田のデッコラという、秋田ほんりきの
言いという。秋田のうゆれまの、まのゆり、という、めるれ
るれっすのおいそ、とそ。お磯の言い、という。測量の言い
である。

 そくてすの山、これを、めゆすず、という。めてる
れこす、という。秋田と樺太と祖という、ウラジオの
俣という。ウラジオの三角という、ここに三角点がある。
正三角の三角である。世は三角の世をいう。三角測量という。

 ウラジオの城という、城山の西という、西々の西ふた、
とそ。西ゆら、とも。西ゆり、とも。

【ウラジオストク】
 ウラジミン革という、ウラジオの織である。革織りという。
ロシア・らんぐれる織とそ。ロシア連の山という、この三と
いう、三角のゆる(三角のゆり)という。遠くフォートワースの
ユーリゆえす、という。ユーリUSという。ここをデベという。

 ユーリUSのデベの三角点という、フォートワース劣点という。
フォーワースと、ニューヨークと、ロサンゼルスという。この
三角の比という、三津比という。古く、三日比という。みっ
かび人という、コロポックルのすうふう(数風、数馮)という。
コロポックル数用である。

 京都金閣、壬生、御所、
 ロザンゼルス、フォートワース、ニューヨーク
 秋田ウラジ、という三角点を、ユミユーラという。
 るみっそくの言いという。
 
 ころれる山のおりろる、という。めめめめという。
四角点のあゆらる、という。四角点と三角点が両用される
使いという。秋田両るく、という。両点という。秋田だな
ゆたの言いとそ。

 だなまなのおなゆな、という。あつれつふりるる、という。
三角の磯のおみすゆ、という。これを三連則という三角測量の
もといという、基とそ。四角を合わせて測量する話である。

 ジェット測量という、じぇらせるおそく、という。地量の
測りてむ、とそ。ジェット機に乗る人という若い人のちみ
(地見)の歌という。ちそれすという。この文を歌という、
測量のはくれ、という。はくれの使いとそ、言葉のことである。

 文を歌という、言葉による測量という。これを、フォート
ワスという、言葉で文を測るせん、という。線である。この
線を線相という。線の話という。測量線相の、ちめふり、
という。そむてすの山という。測量を、そて、という。

 ふりそての振袖という。振袖の測量という、これの機
の山という、ジェット機振袖という。ジェット機が立っ
て左右に振るをいう。振袖揺られという。

 測量のゆり、ともいう。そくせる山のお書きという
京の染めとそ。振袖をいう、復活した、振袖揺らしで
ある。京都ブラブラ、振袖揺らる、そいれく、という。

***
そうきょうの、よい白足袋、履いてぬくたき。
旅は、白足袋、東海道京都駅、かものはしの新幹線、着物姿の
復古男女、旅は歴史とともにやってくる。
 

*******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1794大原練習1694天の下2094 Italia Strada del castello 城の道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou36448
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@509上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/13柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@509
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽