2022年09月28日

出発5170 世成佳楼墓(よなしかろうぼ、Bushmis song) :イカスミ柳

出発5170 世成佳楼墓(よなしかろうぼ、Bushmis song) :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発5170 世成佳楼墓(よなしかろうぼ、Bushmis song)


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/09/28
    造詞、冴柳小夜・正     2022/09/28
    監修、そうきょう連      2022/09/28
    挿絵、香 淳時正             2022/09/28
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
世成す佳い楼 色相湖 晴れの世
見れば薬花が咲く山村 桜井色相湖
作られる ぶっしゅらの木花を薬にする
バイデンの場の薬 ブッシュミスの薬

【今常】

そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/28
【奈良桜井色想湖】
 奈良桜井のブッシュさんのお爺さんの墓という。
このまま英語で、World make good という、日本
名が、世成佳(よなしか)さん、という。お爺さんの
御名という、アメリカのブッシュさんという。奈良桜井
の御在という。よなしかの墓遣ュはかやり)という歌と
いう。
【バイデン楼】
 隣がバイデン楼という。バイデン・ブースのバイデン
さんのお住まいという。ブッシュミスの隣りという。ここ
の前の原始人という、前にいた原始人という。バイ
デンさんのお住まいの向かいという。そのすぐ横に、
三つの小さな墓楼という、50センチ程の高さという、
これが三つあり、その隣がブッシュさんの家という。
ブッシュさんの墓という、ブッシュミスという。奈良
桜井色相湖のバイデン・ブースの中という。
【ブッシュミス・ツーム】
 ブッシュ・シーズの見下ろしの場という、ブッシュ
ミス・ツームという場所という。この上に、クリントン
六国という場所がある、ここを、みのせ、という。
クリントンさんを、みのせさん、という。後に、大
統領という、みのせ場のクリントン・フーミスさん
という。『ミス』という、ブッシュミスの『ミス』という
同じである、意が、墓という。

 そこに、みかず、という、三日月を見る、星地の
上という、そこの、いとれ、という。いとれ巨という。
いとれの宮ふり、という。これが、後の、大神神社
(おおみわじんじゃ)という。巨っぴし、という。今の
大神神社という。倍田という書きをする、おおよらの・
ろいさし、という。『さし』が宮である意とぞそ。
ろいのほっかき、という、かあれら・れいせい、という。

 宮を『さし』という言葉を、カーレラレーセーという。
冷静の宮という、冷静るう、という。宮の古い頃の
言いである。かれって・すうらる、という、かーれさーの
かみくし、という、大神語(おおみわご)という、奈良の
桜井の古い言葉という。かれっされー、という。
【橿原へ続く色相湖】
 この頃の色相湖という、橿原神宮まであった。
これで後、ブッシュさんが、奈良へ行かれる、ここを
、みのせ、という、色相ゆりかわる、という場という、
今の橿原という。

 ブッシュミスに空閣という閣がでる、閣がある、
楼という。これを、くりすま、という場所という。
これを、くりん、という、くりんの宮という、今の
橿原神宮という。ここに、くりんを楼という言い
の、宮をくりんという。橿原くりん、という、かしずり、
という、この言葉が大神語である。桜井色相
湖語という、大神語という。くりんすみ、という、
くりんらっかむの・くりっとり、という、大神語のこと
である。『くり』の掛かりで、色相湖のくりんとす、
という。これが、くり宮のことという。桜井のくり、
という。アメリカのクリントンさんのお住まいという。
【色想湖のゼレンスキーさん】
 ブッシュミスの隣りという、バイデンさんとクリントン
さんという、お方々の住まいという。バイデン楼の
ことという。その隣が、ゼッケスさんという、ゼレン
スキーさんのお住まいという。この楼を、ゼレ閣と
いう、是認閣という、色相湖の湖の住まいという、
この隣りに、チョンという、チョッソンフームの金頓
館という建物があった。この建物に 、まゆせば、
という、アランファー家という、磯野百合という、
磯の百合が咲いていた場という。これが、栗の
ことである。栗木が植わった磯の地の幅という。
色相湖の栗木所という。くりぬなみ、という場所
という。
【フランス、アラン摂家】
 これが、アランファーという、アランモーゼという、
あれられの・きよすり、という。アラン摂家の立ち家
という、日本語で、嵐風摂家という、これが、
嵐が吹いていた時の、色相湖という。
外国人のアランファーさんという、日本名の嵐さん
という、フランスの丘の家という、仏嵐家という。
これを、ふつらんせー、という、ふらんせの丘と
いう、バイデン・ブースのブッシュミス辺りという、
フランセの丘という。ふっしゅる、という。
ここの下が、月演芸場という。

 月演芸場の住まいが、ゴルバチョフさんという。
ゴルバチョフさんと、チェツク王朝の人という。
またむ、お会いする人という。黒人の肌の御方
という。その頃の色相湖という。
【クリントン英語】
 橿原御訪問がなるブッシュさんのお墓という。
この頃にクリントンさんがおられた話という。
クリントンの英語という、日本の基礎の英語と
いう、クリントン英語という。クリントン・ランゲージ
の話という。日本人の使う英語の基礎という。
クリントン・ラウンドという、イギリスのケネディス
王朝の周りの英語を入れるクリントン英語と
いう。

 モーラを使う、クリントン・モーラ・ロールという、
アッセンブリ・ランゲージという、王朝和、モーラ
という、英語以前のアメリカの言葉という、米語の
古い言葉という、モーラという言葉である。
【アメリカ、バイデン・タウン】
 色相湖がアメリカのバイデン・タウンの掛かりという。
バック・ツームがあった町という、そこの近くの
地下室のある建物という、そこにいた原始
人という。『二人の男の人が歩いていた』という、
原始人の話という。ジョーさんが歩いていたと
いう原始人という。

 ジョーさんという、イギリスの人とかや。後、
円盤シャープ・フロントで、お金を作っていた
人達の一人という。円盤貨幣という、原始人
のいうお金という。  桜。
【三代のブッシュさん】
 お爺さん、お父さん、ブッシュさん、三代の
ブッシュさんという、色相湖のお住まいという。
【Backe Tomb in Biden Town】
 橿原神宮の歌にでる、世成佳という言葉で、
ブッシュさんに掛かる話という。バイデンさんの丘が
出る、バイデン・タウンのバック・ツームのある丘という。
バイデン・ヒルの、やまゆまれ、という、バイデンさん
の丘という。『二人の人が歩いていた』荒野の
平原という。バイデン・タウンという。古いアメリカの
話という。
【アメリカよい国、よい人達の国】
 1979年、アメリカへ言った人という、原始人が
成長して、人になったという。その人が行った
アメリカの空港という。その空港で、荷物を置き
便所へ行こうとした時、ソファーに座っておられた
アメリカのカーボーイ・ハットを被ったお爺さんという。
手を挙げて、荷物をみていてやる、というような合図
という。そのお爺さんを今も思う原始人という、
アメリカのお爺さんという。そのお爺さんの健康安全を、
願うことという。お爺さんおられおられアメリカという、
ただ、それだけの一瞬の出会いという、アメリカの
人の良心という。また行くアメリカ、よい人の国という。
American  conscience という。アメリカ議会の
基本という、American citizenship という。
【アメリカ、スポケーン、ウィネマッカ村】
 また行くアメリカという、スポケーンの村という、
1メートル程の大きな蟻がいたという、この蟻が
『ロッキードが移動する』という、『私は小さくなる」と
言うた蟻という。蟻のいるスポケーンという、劇場を
Moon spotという村という、色相きか弓という言葉
という。米語の Spy という、『私、I 』の意という。
『Spy go there』という、『I go there』という意
という。ロシア語が少し掛かるスポケーンの方言
という。Moon spot の村という。

 ジョン・ウエインさんのお爺さんという、足芸を
されたお爺さんという、ジョン・ウエインさんが、
隣りに座っておられた観客席という。ウィニマッカ
とスポケーンの村の劇場という。原始人 Primitive
の私を、Priton と言われたお爺さんという、
Priton が、米語である。ジョン・ウェインさんの
お爺さんのお言葉という。Priton double village
という、プリトン劇場という、スポケーンの劇場
という。ウィネマッカの、プリトン・スー priton soo
という劇場という。soo の劇という、soo という、
dynasty の soo という。assenbly を、 soo
という、スポケーンとウィネマッカの村という。原始人の
いる劇場という、少し日本語がある村という。
 ネバダ州のウィネマッカ、コロンビア盆地のスポ
ケーン村という、どちらも山奥の村という。
 私の故郷という、プリトン・ホームランドという。
【アメリカ、スポケーン】
 スポケーンに、ケンジントンという所がある。そこに、
日本の、鉾という祭がある。祭の『みのせ』という、
日本の祭の鉾という、日本と同じ鉾という。これが
祭に出る、ロイド鉾という。ここが、むり崎という、
シカゴ・ロンレクという、祭の名前としいう。
 これが、シカゴを出す町という、シカゴの町の
製鉄という、製鉄でシカゴをいう、この製鉄の
祭という。日本をヤーバンという、ドイツ語の
言いの、まつらぎ語という、スポケーンの英語という、
ドイツ語が掛かる町という。村の頃の言いという。
製鉄所があるスポケーンという。ウィネマッカにも
製鉄所がある。
 コンザガ大学という、ここを、ケンジントンという、
ウィネマッカが掛かる場所という。原始人がいた
所という。建物に製鉄所の一部が使われている
という。

 スポの襟という、襟が少し違う服という、スポ
ケーンの福という。襟を長く撮る背広という。
これを、スポーローという、スポケーン・ルックという。
これが古いコンザガの町の正装という。スポーの
森浜着という。芸能人がよく使う襟の服という。

 スポケーンの町の成りを着物にする、町という。
町を、してゆら、という、日本語を使う古いスポ
ケーンという。シティという言葉の出の町という。
アメリカの古い町という、シテレルという、日本語の
ことという。これが、製鉄所の頃の言葉である。

 蟻を、きんたり、という、蟻の格好の乗物という、
遊園地にある乗物という。これが、足を動かす
乗物である。蟻を、りせたき、という、これが、
大きな蟻のことという、英語の ant という、
大きなという意味がある。

 ここの蟻の墓という、これを、ツーレルという、
ツーメスという、この言葉を使うスポケーンという、
スポケーンの方言という。

 がじゃの言葉という、蟻を、がじゃ、という。
日本語と英語と同じ言葉という、スポケーン
の方言の一部である。
五条ヶ丘の歌があることという。広めが
ジョージ五世という。ジョージ五世のお歌という。
京都の五条ヶ丘である。

 日本、奈良県色相湖という、スポケーンを、
色相の町という、 color tone lakeという、
color tuneともいう。
 ドイツ語が使われる町という。スホケーンの
外国語がドイツ語という。

 世成佳楼墓という、ブッシュさんのドイツ語が
でることという。バイデン・タウンのドイツ語という、
古いバイデン・タウンという、米語とドイツ語の町
という。  柳。

 この文の、一語、一字に全部、柳をつけてます。
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽