2019年07月23日

卒業3906Italia mollusco江戸立ちの貝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3906京都船旅2806
古譜1806大原練習1706天の下2106 Italia mollusco江戸立ちの貝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/23、柳晴
    創曲、茨木白須・正(やなぎ) 
    造詞、星 光義・正 
    監修、ステゴノドン・正
    訳、 冴柳小夜木・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
笹の葉置いた 大森由良ふら しろこやりに
手にす さざれ石を背負う 花丸城すすみい
篠笹竹山の笛 流れくれば聞き入ると
貝は聞くとぞ思う(とぞもう) ありしらり
船を見ゆ 貝は立ちて聞く 機関中 江戸の立ち

 狐の天気予報。〇r1919/04/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
大お爺さんゆ、ありてありらる、おありおあり、
すするれれすれ。
 そうきょうのよい脳である。柳中脳という。
【健康枢軸】
 革命を唱う御所という、健康枢軸の安全という。安全が
由比井の言葉である。この御所を、由比様という。ゆい御所
という。れれそのゆいひる、せれれ、とそ。こめすよ
らっくの歌ともいう。こめのおりすれそ、とそ。
るるすれれるせてそるんするん、とそ。
この語文の説明は後である、後記という、意味である。
『るるすれれるせてそるんするん』を、後記という。
後の話の意味もある。今は先のことである。いまあとの
今後という、アフリカ・コンゴの国の名の由来という。
今後国という、御所せら原のよみそよ、という。アフリカ
宣託という、アメリカ・シャスタ山のお言いである。
ここの麓がコンゴという原とそ。コンゴ原のお言いとそ。
Con・goという、コンレルの言葉とそ。遠くフォート
ワースという、けねっせのくるける、という。けね
るれのおいれけ、という。むるるる雨降りという。
古いアメリカを、雨の国、雨国という。国をカーリカ
という、コロポックル語である。

【G.de California】
 かりぐる狩衣の世という、アメリカの狩衣という衣装の
ある登呂という、ロサンゼルス近辺、カリフォルニアを含む
所である。カリフォーという、狩り方である。『フォー』
が水に掛かり、方である。カリフォルニヤ、この『にや』が
宮である意とそ。カンレルルッスーのお解というる御所落の
解らるである。これを、解答という、カリフぉ。ニヤを解答
半島という、明治の歌という。漢字と日本語があるカリ
フォルニヤの話という。日本語が通じる場所とも。
フォートワース連絡という、ジェムソンラックの山という。
山鹿地滑りした、陥没様の地という。海である今とそ。

G.de Californiaというワンである。エヒドインスル
ヘンテスお書きとそ。古い灯の、ベジャ・カリフォル
ニヤという、オートフォンテスという、コントスの地とそ。
オルレルレンセーの山という。シェラマドレという、その山と
ほとんど同じ高さであったという伝説のバジャれつ、という。
れってす数風のお書きという。ばっせる山の絵という。
江を、キッスという言いがある場所とそ。英語のKissである。
Kissという言いである。

 古い日の、スぺイン語以前の言葉がある。Kissがそれで
ある。キス言いが、バジャである。少し新しく、ベジャと
そ。蛸の意味でもある。蛸揺れという、地が揺れた場所で
ある。地が滑り湾になった話という伝説とそ。てんのう
しょっく、という、天のはたらき、能とそ。天能という
山という、これが滑ったという、地でいい狩り方のにや、
という(G.de California)とそ。読んで字の如くのローマ字
である。このローマ字を狩り字という、山鹿の鹿という字で
ある。鹿字の町という、G. deの町という。湾の名前である。
サンがつく、きよ三条の邦という。清い町の邦とそ。
 古く、マタレッソ、マロッソという、露国という、古露国
という、革命のある町という、健康長寿のマロ祖という。
マロが、祝いの意味である。マロが、スペイン語より以前の
その地の言葉である。日本語のマレという意とそ。
マロという麿町である。サンという、清いという意味の
マロ、麿である。蛸清町という、サンファーというその
辺一帯の呼びである。サンがつく場所である。

******************************
 この日の、若い人とそ。『大阪合流点へ行く』という。
とある城の一点である。こから、イージスを出した人である。
『わが庵(イホ)は、船浦続き、かいやがる
 こぶよまのほる せれるせんせい』とそ。
 
 若い人の詠んだ句である。ショウグニットという、
そらせるしょうぐれ、という。将軍を作るという人とそ。
後、体制砲艦の世がくると。いば浜の世という。ワットソン
という所である。

 明示の砲艦という若い人の世見の絵である。目の前にある
切腹した堀という、城を切った時の地切りの堀とそ、城の中に
堀がある、クジラが浮かんでいる、将軍である。後ろに、
クジラ様の機械浮きがある船連隊という。ここを、
メユッケソーという、ディマンレーのだいな言いである。
後、幇間くれるけ、という言葉という。城の言葉使いである。
******************************

過去をよくしておきましょう。

1968/9/25 柳です。 1968/10/9 柳です。 1968/10/28 柳です。
1968/9/26 柳です。 1968/10/10 柳です。 1968/10/29 柳です。
1968/9/27 柳です。 1968/10/11 柳です。 1968/10/30 柳です。
1968/9/28 柳です。 1968/10/12 柳です。 1968/10/31 柳です。
1968/9/29 柳です。 1968/10/13 柳です。 1968/11/1 柳です。
1968/9/30 柳です。 1968/10/14 柳です。 1968/11/2 柳です。
1968/10/1 柳です。 1968/10/15 柳です。 1968/11/3 柳です。
1968/10/2 柳です。 1968/10/16 柳です。 1968/11/4 柳です。
1968/10/3 柳です。 1968/10/17 柳です。 1968/11/5 柳です。
1968/10/4 柳です。 1968/10/18 柳です。 1968/11/6 柳です。
1968/10/5 柳です。 1968/10/19 柳です。 1968/11/7 柳です。
1968/10/6 柳です。 1968/10/20 柳です。 1968/11/8 柳です。
1968/10/7 柳です。 1968/10/21 柳です。 1968/11/9 柳です。
1968/10/8 柳です。 1968/10/22 柳です。 1968/11/10 柳です。
1968/10/23 柳です。 1968/11/11 柳です。
1968/10/24 柳です。 1968/11/12 柳です。
1968/10/25 柳です。 1968/11/13 柳です。
1968/10/26 柳です。 1968/11/14 柳です。
1968/10/27 柳です。
******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1806大原練習1706天の下2106 Italia mollusco江戸立ちの貝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou36568
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@484上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@484
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽